2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« さすがプロ・ショットは違う。ロシアの隕石写真。 | トップページ | ほぼ下馬評通りだったオスカー:でも「アルゴ」の受賞は嬉しい。 »

2013年2月25日 (月)

B級映画くささ炸裂:「アウトロー」

Jack_reacher 「アウトロー("Jack Reacher")」('12,米,Paramount)

監督:Christopher McQuarrie

出演:Tom Cruise,Rosamund Pike,Jai Courtney,Richard Jenkins,Werner Herzog,Robert Duvall

主題の通りである。Tom Cruise主演ということで,「ミッション・インポシブル」的な,もう少し派手な演出のある映画かと思ったら,思ったより地味,むしろB級映画的な感覚に満ちた映画である。

話は単純なものだが,あくまでもTom Cruiseをカッコよく見せればいいようになっているところが笑えるが,Cruiseがプロデューサーなんだからそれも当然か。とにかく,Tom Cruise演じるJack Reacherであるが,そんなに何でもわかって,かつ不死身な訳ないだろうと言ってしまえばその通りである。まぁそういう映画だと思えば腹も立たないが...。

逆に言えば,「その程度」の映画であるが,CruiseとJai Courtneyの格闘シーンを見ていると,カンフー映画の影響か?とも思えてしまうぐらい,ある意味ステレオタイプな表現を用いている。だが,映画としては小ぶりな感じがするので,多少の破綻があっても「B級」だと思えばまぁいいやと思えてしまうところが,この映画の得なところと言ってもよいかもしれない。

いつも言っていることだが,この程度の映画に130分という尺は過剰だと思う。B級映画なのだから95分ぐらいで終わらせればよいものを,冗長な感覚があることは否めない。脚本も相当怪しい。しかし,Werner Herzogの怪演もあって,まぁそれなりには楽しめたかなぁって感じである。まぁ,気楽に映画を見に行こうって場合にはいいだろうが,「映画を見に行くぞ~」と張り切って見るような映画では私にとってはなかったと言っておこう。星★★★。まぁ,そうした気持ちを満たすには「ゼロ・ダーク・サーティ」でも見に行く必要があるだろうなぁ。

ちなみに,Tom Cruiseは本作をシリーズ化する気もあるようだが,このB級路線を行くならば,徹底的にB級に徹してもらいたい。そうすれば,Charles Bronsonのような愛され方をすることもあるのではないか(笑)。

尚,私にとっての「アウトロー」と言えば,Clint Eastwoodの「アウトロー」の方になってしまうのだが,この邦題はそっちとごっちゃになってややこしいなぁ...。

« さすがプロ・ショットは違う。ロシアの隕石写真。 | トップページ | ほぼ下馬評通りだったオスカー:でも「アルゴ」の受賞は嬉しい。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

これはわざわざ映画館まで観に行きましたが、B級もいいところでしたね。Herzogが何故に出演しているのかが謎です。もう少し冷徹な性格の主人公の方がしまると思うのですが、警察権力でもなければ追われる身でもないので、どうしても黒澤明の用心棒のパターンになりお節介屋になりますね。

カビゴンさん,続けてこんばんは。「黒澤明の用心棒のパターンになりお節介屋」というのは面白かったです。いずれにしても,大した作品ではないということでしょう。おっしゃる通りなぜHerzogなのかは謎ですねぇ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B級映画くささ炸裂:「アウトロー」:

« さすがプロ・ショットは違う。ロシアの隕石写真。 | トップページ | ほぼ下馬評通りだったオスカー:でも「アルゴ」の受賞は嬉しい。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作