2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2012年を回顧する:ライブ編 | トップページ | 危機突破内閣が聞いて呆れる:この男の頭の中には改憲しかない。 »

2012年12月18日 (火)

これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作

Vigleik_storaas "Epistel #5" Vigleik Storaas (Inner Ear)

2012年の回顧シリーズをちょっとお休みして,年末に現れたナイスなアルバムを紹介したい。本作のリーダー,Vigleik StoraasについてはJohn Surmanの"Nordic Quartet"が初聞きであったが,その存在を強く意識したのはInner Earレーベルにおける"Now"だった。それは非常に美しいピアノ・トリオであり,このブログでも相応の評価をし(記事はこちら),Inner EarレーベルはECMライクな部分とも相俟って,俄然私の中では注目のレーベルとなった。その後は,リリースされても日本になかなか入ってこないことや,??なアルバムもあり,今イチ注目度が上がってこなかったのだが,久々のStoraasトリオといことで購入したものだが,これがまたこの手のピアノ好きにはたまらない出来である。

最後の1曲を除いてRainbow Studioにおける録音で,エンジニアリングもJan Erik KongshaugというところがECM的であるが,ノルウェイのピアニストなのだから,オスロで録音するのは当たり前と言えば当たり前なのだ。だが,本作から聞こえてくるサウンドはECM的だと言っても十分通じるものであるのは"Now"と同様である。メンツも"Now"と同じであるから,それもまたむべなるかなというところだ。だが,そうしたサウンドの同質性など忘れてしまうぐらい,ここには美しいピアノ・サウンドが収められていて,寒い冬も少し暖かさを取り戻すような気がしてくるのだ。

冒頭のKenny Wheeler作"Aspire"からして静謐な出だしで,まずはこれで心をつかまれ,時に美しく,時に哀愁さえ感じさせるメロディに時間の経つのも忘れると言っては大袈裟か。イントロは不思議な感じで始まる曲もあるが,途中からはメロディにやられてしまうのである。やはりこれはいいねぇ。そして8曲目にはSam Riversの"Beatrice"が控え,最後はMichel Legrandの「シェルブールの雨傘("I Will Wait for You")」で締められてはまいったというしかない。「シェルブール」はライブ音源というのも凄いねぇ。

今月になってアップする新作ピアノ・トリオ盤はこれで3枚目で,そのどれもがいい出来だが,本作も勝るとも劣らぬものとして推薦できる。今年来日も果たし,お知り合いのブロガーの皆さんも話題にされていたMats Eilertsenも素晴らしい助演ぶりである。星★★★★☆。欧州ジャズ・ファンは必聴。いやいや,これはええですわぁ。

Recorded May 31, 2011 except Track 9 Recorded Live on May 4th, 2010 at Festiviteten, Eidsvoll

Personnel: Vigleik Storaas(p), Mats Eilertsen(b), Per Oddvar Johansen(ds)

« 2012年を回顧する:ライブ編 | トップページ | 危機突破内閣が聞いて呆れる:この男の頭の中には改憲しかない。 »

Inner Ear」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメント&TBありがとうございます。きっと確信犯なんでしょうが、アートワークを含め非常にECMっぽいレーベルですね。元々ECM好きなので、Vigleik Storaasのピアノも気に入っていたのですが、新作が出ているのはToshiyaさんのBlogで知りました。ありがとうございます。本作を聴いた勢いでTore Jahansenと組んだドラムレスのやつも聴いてみましたが、そちらも良かったです。当方からもTBさせて下さい。

1irvingplaceさん,こんばんは。TBありがとうございます。返事が遅くなって,申し訳ありませんでした。「確信犯」...。多分そうでしょうけれども,ノルウェーという国がこういうレーベルを作らせるんでしょうかねぇ。いずれにしても,このアルバムは美しさにも溢れており,いいですよねぇ。

但し,このレーベルの作品には???って感じの作品もあるので,注意が必要ですが,Vigleik Storaas参加作に限ってはまぁ問題ないと思いますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56339160

この記事へのトラックバック一覧です: これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作:

» Epistel #5 / Vigleik Storaas Trio [あ/た/ま]
 4年ほど前に偶々ジャケ買いして気に入っていたVigleik Storaas Trioが新譜をリリースしていたのを、いつも拝見しているBlogで知り、早速聴いてみた。Blogに紹介していた方も絶賛していたので期待はしていたのだが、それを裏切らない出来。ECM的な静謐さと抒情的なメロデ...... [続きを読む]

« 2012年を回顧する:ライブ編 | トップページ | 危機突破内閣が聞いて呆れる:この男の頭の中には改憲しかない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作