2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 | トップページ | 2012年を回顧する:音楽編(その1) »

2012年12月20日 (木)

危機突破内閣が聞いて呆れる:この男の頭の中には改憲しかない。

年末の忙しい時期にどうかとも思うが,どうしても言っておかなければならないことがある。

先般の衆議院議員総選挙に関しては「民主党の大敗北」という大方の予想通りの結果となったと言ってもよいだろうが,民意の結果が大きな問題も残してしまったことに多くの日本人は気がついているのだろうか?

安倍は開票速報の段階から「次は参議院選」あるいは「参議院選が本当の勝負」と発言していたことからもわかる通り,この男の頭の中には憲法改正を発議するのに必要な3分の2の議席の確保することしかない。憲法改正に対して慎重な立場を取る連立相手の公明党を差し置いても,96条改正のためなら,日本維新の会やみんなの党の協力を得てでもやるというのだから,何を考えているのやらと言わざるをえない。

この男がこれから組閣する内閣は「危機突破内閣」だそうだが,このアホ男の頭の中では日本の危機は景気対策や原発の存続の要否より,「他国から押し付けられた憲法の改正」の方が上のようである。だとすれば,今回民主党を批判し,自民党に票を投じた多くの国民が「景気対策」を重視しているというプライオリティなどどうでもよく,力の論理で憲法を改正すればよいということの方が頭の中を支配していることを吐露したようなものである。本当にそれが「国家の危機」だと言いたいのだろうか?

今回の民意がアンチ民主党で固まったのは仕方がない(というか,無益な離合集散や権力闘争,更には特に鳩山のような器でない人間を代表に据えた民主党の自己責任)としても,自民党を大勝させ,日本維新の会の議席を相応に確保させることで,戦争の結果として生まれた日本国憲法の理念を踏みにじる行為さえ生みかねないということはもう少し意識すべきではないのか。

こうしたタカ派的な発想の隠れ蓑にするために,女性議員を閣僚や党の役職に登用するという人気取り的な対応をしているところがこの男の頭のレベルが推し量れるというものだ。その一方でアホ晋三が,アホウ太郎を副総理/財務省に据えるなんて話がまことしやかに語られるに至り,選挙速報を見て暗澹としていた私の気分は,絶望的なものへと変容しつつある。

この男が日本の政治をどのようにリードするのかは,組閣をしてから多少の猶予期間を与えてもいいだろうが,口先ばかりで政策の即効性等疑問だらけである以上,今後,国民の自民党を見る目は必ずしも「全幅の信頼」に基づくものではなく,短期での「結果」が問われるはずである。その審判が下るのが参議院選だとしても,次回の参議院選はそれだけではないということを認識の上,「良識の府」たる参議院の存在価値こそが問われるているということを,国民はちゃんと考えて投票行動を取るべきである。

また,日本維新の会という一貫性も何もない政党が憲法改正に前向きな輩に支配されていると言うこともよく考えなければならない。「多数決」で何でも決められると思っている大阪市民を愚弄したうつけ者市長の発言や,暴走老人の無責任発言を国民の総意だと思われてはたまったものではない。

最後に書いておくが,自民党の憲法改正の草案からは第18条の「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」という表現が削除され,第21条の「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」との現行規定に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」という条文を追加,更には第97条の「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである」という文章が全文削除されているということをどれだけの国民が認識しているのだろうか?これが何を意味するのかもっとよく考えるべきではないのか。多くの国民が投票した候補者の所属する政党である自民党は,憲法9条の改正だけでなく,本当にこのような草案に基づいた改正を発議するつもりなのだということはちゃんと認識しなければならない。(黒木さん,勝手ながら情報を使わせて頂きました。ご了承下さい。)

« これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 | トップページ | 2012年を回顧する:音楽編(その1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

音楽ネタだけやってくれよ
政治ネタになると妙に感情的になって文章構成力が落ちてつまらん

Gさん,ご意見ありがとうございます。音楽の記事とて文章構成力なんてあるとは思ってませんが...。

私がブログのオーナーである以上,書きたいことは書きます。ビジターの皆さんあってのブログであることは事実ですが,どうしても看過しがたいこともありますからね。そうした場合,オーナーの意見として記事にするのも私の権利です。

尚,感情的になるのは当たり前です。怒ってますからね。

いずれにしてもご意見として受けとめさせて頂きます。

前々から政治ネタの程度の低さは気になっていましたが、どっかの回しモンかと思われても仕方が無い内容ですね。

のりおさん、コメントありがとうございます。

文面から拝察するに、貴殿はせいぜいレベルの高い議論のお出来になる方なんでしょう。貴殿にとっては私の理屈など取るに足りないものかもしれません。ただ、今回頂いたコメントだけではイデオロギー的に相容れない=レベルが低いという理屈だと思われても仕方がないですね。それはそれで貴殿の考え方ですから特に私からのコメントはありません。

Toshiyaさん、こんにちは。

今回の選挙の結果を、気揉んで見守っていました。

国民の民主党への期待が、一挙に軽減してしまったのは仕方がなかったとは言え、惨敗になってしまった結果がとても残念です。すっと民主党に、期待していたので。。

自民党の圧勝は、非常に驚きました。自分の予想として、維新の会と自民党の五分五分で、接戦になるのかなぁ。。。と思っていましたが、「圧勝」の結果には、ビックリです。

特に、バブルの前までを、長きに渡って政権を支えていた自民党に、国民の多くが、今一度の経済復興の期待を込めて、投票したのかもしれないなぁ。。と考えています。

自民党の圧勝結果とは言え、国民の皆さんは、どこの党に投票したら良いのか、かなり迷ったのではないかと思います。

個人的には、自民党に期待はしていませんが、政権を担ったのですから、国民の為に、総勢で頑張ってほしいです。

Laieさん、こんにちは。カナダから返信します。

今回の選挙はまさに国民がどこに投票していいかわからないという最たる事例ですよ。結果、自民党が漁夫の利を得たというのが正直な感覚です。

私は昔から自民党を全く支持していませんので、今回、政権が変わっても全く期待していません。ただ、おっしゃる通り国民の信託を得たわけですから、結果が求められることは言うまでもないですね。さてどうなることやら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 | トップページ | 2012年を回顧する:音楽編(その1) »

Amazon検索

2018年おすすめ作