2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 普遍的な魅力を持つSchiffの「平均律」 | トップページ | John Taylorが美しくしっとりと歌い上げたCarlo Rustichelliの世界 »

2012年12月10日 (月)

50周年って感じが如実に出ていた「スカイフォール」

Skyfall 「スカイフォール("Skyfall")」('12,英/米,MGM/Columbia)

監督:Sam Mendes

出演:Daniel Craig, Judi Dench, Javier Bardem, Ralph Fiennes, Naomie Harris, Albert Finney

私はもともと007シリーズがかなり好きな方だが,中でもDaniel Craigの007シリーズは相当評価していると言ってもよい。荒唐無稽ささえ持つようになっていた007シリーズを,リアルなスパイ映画へ転換させるのに成功したことがその要因である。そうした考えを持つ私のような人間もいれば,CraigのBondをBondらしくないとして全く評価しない人もいるのも事実だが,いずれにしても,私は今回の新作を首を長くして待っていた。ロンドン五輪の開会式の演出としてCraigが出てきたのには笑ったが,まぁこの映画の予告編だと思えばいいやなんて考えていた。

それでもって,ようやく日本でも公開になったこの映画を見に行ったわけだが,本シリーズ50周年ということもあって,シリアス度が結構強い中にも,シリーズへのオマージュが様々なかたちで組み込まれていてなかなか面白かった。悪役のJavier Bardemがかなり気色悪いが,相当の憎々しさである。そして,ハイテク対ローテクみたいな部分もあって,そうした対比も面白いのだが,ちょっと上映時間が長いのは気になる。また,シナリオも,用意周到に立てられた計画とは言え,想定外のインシデントが発生しないわけないだろうと思わせる部分があるのもどうも気に入らない。そして,007シリーズらしいスカッとする感じはなくて,むしろ画像も含めてダークな印象が強いところも好みがわかれるはずである。

だが,そうした穴もある一方で,次作につなぐ仕掛けはちゃんと仕込んであるし,ある程度納得もいくようになっているので,まぁいいだろうって気にはなるのである。結局好きなものは好きで仕方がないのだが,この映画はやはりこれまで以上にトーンが暗い。だから007シリーズだと言われればその通りであるが,007シリーズじゃなくたっていいじゃんという気になるのも事実である。そうしたアンビバレントな気持ちもありながら,この映画,娯楽映画としては十分楽しめてよかったと思う。特に冒頭のイスタンブールのシークェンスがよく,上海のシーンもよかった。マカオのシーンは「千と千尋の神隠し」みたいだと思いつつ,その後の廃墟の島のシーンが長崎の軍艦島で撮られていたとエンドロールで知り,へぇ~っとなっていた私である。そしてロンドン市内からスコットランドへとなだれ込みということで,やっぱり面白いや。ということで,大甘承知で星★★★★☆。

それにしても皆さん,エンドロール見ずに帰り過ぎである。軍艦島のことも認識できないのはあまりに残念。最後まで見た人は席を立つときにはその話で結構盛り上がっていたのだから,なんだかもったいないよねぇ。

« 普遍的な魅力を持つSchiffの「平均律」 | トップページ | John Taylorが美しくしっとりと歌い上げたCarlo Rustichelliの世界 »

映画」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

映画、御覧になられたのですね。今回は、暗くて(いつも?!)、長いバージョンだったのですね。。。クレーグの第2作目も、ちょっと長いバージョンでしたね。それにしても、50周年ですか。。それだけ、ファンに愛されてきた結果ですね。

エンドロールは、「見る派」と「見ない派」に分かれますよね。映画にもよるかな?ちなみに私達は、「見る派」です。映画の余韻もあったりなので、そんなに席をサッサと立てないのも理由です(笑)。

DVDが発売になったら、早速見てみたいと思います!

Laieさん,こんばんは。返事が遅くなりました。申し訳ありません。

エンド・ロールにはいろいろな思いが込められている場合もありますし,劇中音楽のクレジットを見るのも楽しみだったりするので,私は席を立ちません。それが制作者に対する礼儀だということもあると思います。

いずれにしても,相変わらず面白い映画であることは事実なんですが,Sam Mendesという監督のキャラが立っているところに,嫌いな人は嫌いという感覚が生まれるかもしれません。是非DVDでも何でも結構ですのでご覧になってみて下さい。ちなみにCraig版では私は結局「カジノ・ロワイヤル」が一番好きかも知れませんねぇ。

今年もいろいろ楽しませて頂きました。ありがとうございます。大晦日は、このブログを見ていたこともあり、スカイホールを暴風雪警報の中見てきました!面白しろかったです。そして軍艦島は最後の最後に漢字で出ました!英語だったら判らないかもと思いつつ最後まで見ていたら、最後に出て来ました!思わずニヤッとしてしまいました(^^;
そしてマニーぺニーが美人の黒人さん?になったのにビックリ!でした!

takeotさん,あけましておめでとうございます。返事が越年してしまい申し訳ありません。

この映画は次作への前振りをちゃんとしておきながら,古くからのファンもにやっとさせる演出が施されていたと思います。Craigはもう一作契約が残っているはずですので,今から楽しみです。気が早過ぎますね(笑)。

ともあれ,本年もよろしくお願いします。

音楽狂さん、明けましておめでとうございます。
アルゴといい、スカイフォールといい、音楽狂さんの審美眼流石です。(ちなみに家人の映画評への信用は僕より音楽狂さんです。)

元旦の映画の日に見てきたのですが、ちょっと長いかなって思いましたが、それぞれキャラがたってるしシナリオも映像もシリアスな感じが充満してて満足しました。あと主題歌はAdeleなんですね。大御所然とした歌唱には驚きましたが。

今年も音楽、映画ともレビュー楽しみにしてます。
よろしくお願いいたします。

とっつぁんさん,あけましておめでとうございます。

この映画,ご指摘の通り,ちょっと長いです。Craigのシリーズになってから,どれも尺が長いんですよねぇ。私はせめて2時間以内に収めて欲しいと思っているんですが,そのあたりはちょっと微妙です。

主題歌については触れませんでしたが,Adele,まさに堂々たる歌唱ですよ。これも60年代シリーズへのオマージュって気がします。

ともあれ,今年もよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50周年って感じが如実に出ていた「スカイフォール」:

« 普遍的な魅力を持つSchiffの「平均律」 | トップページ | John Taylorが美しくしっとりと歌い上げたCarlo Rustichelliの世界 »

Amazon検索

2018年おすすめ作