最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2012年を回顧する:書籍編 | トップページ | これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 »

2012年12月17日 (月)

2012年を回顧する:ライブ編

Chris_potter_underground 今年は私にしてはライブに足を運んだ方だと思う。Tedeschi Trucks Bandに始まり,Keith Jarrett,Rachael Yamagata,クリポタ×2,Robert Glasper,Brad Mehldau,Wayne Krantz,The Dukes of September Soul Revue,Marcin Wasilewski,そしてRadu Lupuということになるが,今年の白眉は誰が何と言ってもChris Potter Undergroundであった。

私はライブにそれほど熱心なタイプではないから,単一バンドの同一期間来日中に2回足を運ぶというのは実に稀なことである。その稀なことを発生させたのがクリポタであった。誰が何と言おうと今年では彼らのライブがベストである。そのほかにもTedeschi Trucks Band,Wayne Krantz,Rachael Yamagataも楽しかった。Fagen~Scaggs~McDonaldから成るDukes of Septemberも楽しめたが,特にBozがよかったねぇ。Mikeはいけてなかったが...(苦笑)。

一方,痛恨だったのがKeith Jarrettのソロ公演の第1部に間に合わず,ロビーでモニターを見ながら聞かざるをえなかったことである。あれはもったいなかったと思いつつ,第2部,そして"I Loves You, Porgy"で落涙できたのでまぁよしとしよう。

期待が大き過ぎて今イチだったのはBrad Mehldau。演奏そのものは悪くないと思うのだが,やはり会場がよくないと言うべきだろう。Marcin Wasilewskiもできればクラブで聞きたかったところである。そして期待を完全に裏切ったのはRobert Glasper。ドラマーが変わるだけでグルーブが生まれなくなったのではどうしようもない。あれはまじでいかん。

もう一点,非常に残念だったのがCecil Taylorの来日中止。次はいつ見られるかわからないだけに,中止は本当に残念だった。

ということで,いいものもあれば,ダメなものもあったライブ観戦であったが,ライブにはライブなりの楽しさがあるのは事実なので,来年もできる限り足を運びたいと思っている。5月のKeith Jarrett Trio,Unity Bandはマストだとして,Patti Smithとかも行きたいなぁ。さてどうなることやら。

« 2012年を回顧する:書籍編 | トップページ | これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 »

クラシック」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

こんばんは〜
わたしも今年は わりとライブに行けたほうかな!?

閣下さまは あまり国内ミュージシャンのライブは行かれないのですか?

でも海外ミュージシャンの来日は やはり貴重ですよね。

わたしも、来年は ふれあい とかなくても(笑)ホールでの海外ミュージシャンのライブを体験したいです。

Marlinさん,こんばんは。

私は記事にも書いていますが,あまりライブ派ではなく,基本的にCD/LP音源派なんです。それでも好きなミュージシャンのライブは見たいと思いますが,国内のミュージシャンまでなかなかカバーしきれないってのが本音です。

最後に見た国内ミュージシャンは誰だったでしょうかねぇ。おそらく「放し飼い」ですね。プロだと記憶が曖昧ですが,誰だったかなぁ...。それぐらい国内ミュージシャンは見に行ってません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56331595

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年を回顧する:ライブ編:

« 2012年を回顧する:書籍編 | トップページ | これまた痺れたVigleik Storaasのトリオ作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作