最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ライブも素晴らしいNik Bärtsch's Ronin | トップページ | また飲み過ぎた... »

2012年11月29日 (木)

結局買ってしまったYumingベスト盤

Photo 「日本の恋と、ユーミンと。」 松任谷由実(EMI)

それにしても凄いタイトルである。前回,Yumingのベスト盤が出た時のタイトルが"Neue Musik"だったのも凄いと思ったが,それをはるかに凌駕するタイトルだろう。それはさておきである。私はバブルがはじける前ぐらいまでは間違いなくYuming教の信者だったとカミングアウトしてもいいと思っている。新作が出ると聞けばすぐに買ったし,ライブがあると聞けばチケットを買うため並んだ。振り返ってみれば,それは全然恥ずかしいことではないし,その頃は普通のことであったと思う。しかし,そんな私でも,90年代の前半を過ぎた頃から,全然彼女の作る音楽が楽しめなくなってしまったと言うのも事実だし,それ以降はっきり言って距離を置いてきたと言っていいだろう。正直,その頃は彼女の才能はもう枯渇したと思っていたぐらいである。

だが,今回,こうして彼女のキャリアを俯瞰するアルバムを出すということになると,どうしようかなぁと思いつつ,結局買ってしまった私である。山下達郎の同趣旨のベスト盤は買わなかったのに,Yumingは買ってしまうというところが我ながら「う~む」って感じもするが,年を経てもやっぱり好きなのだ。

私の年代の人はYumingの音楽を聞けば,その曲は違えども,何らかの「甘酸っぱい」感覚をおぼえるはずだが,今回このベスト盤を聞いていても私は「甘酸っぱい」とは言わずとも,どうしてもあの頃を思い出してしまったのであった。完全な回顧モードだと言われればその通りだが,彼女のどれそれのアルバムが流行っている頃,私はどうのこうの...という感覚を覚えさせるだけの力が今でもあったと言ってしまおう。それは甘い思い出もあれば,苦い思い出もある。それをまとめて面倒見てくれるだろうと思わせるような感覚がYumingの曲にはあると言い切っておこう。

この音楽が今となっては同時代の音楽として認められるというものではないと思う。しかし,一定の年齢層以上のリスナーにとっては,彼女の作る(作っていた)音楽はどうしても意識から取り除くことができないものなのである。生活のみならず,自我の目覚めとシンクロしていると言っては言い過ぎかもしれないが,それぐらいの同時代感が強いのだ。ということで,出張の道すがら,CD3枚を聞き通した私だが,ほとんどの曲を今でもちゃんと覚えていて,口ずさめてしまうと言う事実に驚かされたのであった。

正直言って,言語の違いはあれども,ここまで歌えるのは私にとってはBeatlesか60年代歌謡曲ぐらいしかないのではないかと思えるが,そう思わせるだけの魅力的な曲が揃っていると思わされたアルバムであった。更にもう少しほめておけば,アルバムとしての曲の並びがよく考えてあるなぁって感じである。これならば,何度でもリピートができると思った私であった。懐かしさだけでなく,間違いなく彼女は「天才を発揮していた」と思わせるに足るナイスなベスト盤である。自分の記憶への貢献も含めて星★★★★★。

« ライブも素晴らしいNik Bärtsch's Ronin | トップページ | また飲み過ぎた... »

ポップス」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。先日WOWOWで青い影をユーミンが、アビーロードスタジオに行って、プロコルハルムと録音したと言うドキュメントをやっていました。面白かったです!

われわれ世代にとって、彼女は巨人かアンチ巨人か。
ともかく好きにせよそうでないにせよ無視できない存在でしたね。(私はある時期以降はアンチでしたが。)
大学に入って、友達が1枚目を大推薦で貸してくれて、
日本にもこんな音楽が‥‥と思った記憶があります。
Toshiyaさんいわれるように、まさにビートルズのようなものでしょう。
ちなみに、一番好きなアルバムは「悲しいほどお天気」でした。

こんにちは〜
ユーミンは ほんと、今の若い人でも好きっていうくらい いろんな世代の人に人気なミュージシャンですよね。

ベスト盤 いろんな形で出ていて 買うと 次のベスト盤が出た時に あ〜 こっちのがよかったぁ〜 と重なる曲も多く キリがないから買わなくなっちゃいました(笑)

わたしは「守ってあげたい」が一番好きです♪
あと「シンデレラ・エキスプレス」とか(*^_^*)

こんにちは。

ユーミンをレコードで聴いたのは、86年に結婚した連れ合いが持っていたからです。ノー・サイドが入っているレコードでした。

その後、ミスリムを入手して驚きました。才能には才能が集まるんですね(^^ 50年経ってますが、エバーグリーンですね。

私の青春は二十歳代でしたが、エブリー・ピクチュー・テル・ザ・ストーリー、レイト・フォー・ザ・スカイの2枚がヘビー・ローテーションでした。

 音楽狂さんが、ユーミンを聴いていた時代があったことに、驚きです。私の学生時代の仲間は、ユーミン大好き男子、今はミドルですが(笑)結構いますよ。このメンバーは、当時、ファッションにもお食事の場所への、おしゃれなこだわりがあり、そうです!バブルがはじける前の、あの時代でした。懐かしーーーーい。当時の仲間は、今も、みんな仲良しで、それどれ立場が変わっても、時々、バンドの練習をしていて、私も、たまに、参加しています。きっと言える、晩夏、中央フリーウェイは必ず演奏曲に入っています。山手のドルフィンに行き、ソーダ水を注文したこともありました。大学で、作曲の先生が、ムーミンの音楽の中には意表をつくコードがある、ムーミンは良いね、、生徒みんな、、、頭の中で、ムーミンのテレビ番組を想像して、スナフキンのギターくらいしか、、浮かばない、、なんて考えていたら、先生が突然、ユーミンと間違えてました!で、大爆笑でした。ユーミンの歌詞のセンスは、誰もが心で感じることを、少ない言葉で、言い当てている。音楽狂さんの記事も、そうですよ。私、大ファンですから。

こんばんは!
このアルバムには「晩夏」は入ってないんですよね?
さっき国営放送TVで「ひこうき雲」を往年のメンバーでやってました。

takeotさん、こんにちは。返事が遅くなりました。

このアルバムの最後に「青い影」が入っていますが、まぁ、オマケって感じですかねぇ。彼女がProcol Harum好きだったというのはやや意外でしたが、そういう時代だったんだろうなと思います。いずれにしても「青い影」は名曲でしたね。

Akiさん、こんにちは。返事が遅くなりました。

私は"Pearl Pierce"あたりで目覚めたので後追いですが、遡って聞いていくと、「Misslim」、「流線型'80」、「悲しいほどお天気」あたりが好きでしたねぇ。バブルが弾けて以降は彼女の歌は聞いてませんでしたが、今回のアルバムを聞いてカラオケに行きたくなってしまいました(爆)。

Marlinさん、こんにちは。返事が遅くなりました。

ベスト盤は確かに難しいですが、私は今回のセレクションは結構いいと思いますよ。まぁ、これを聞いとけば一通りは彼女のキャリアは俯瞰できますから。もちろん、何であれは入ってないんだという指摘もできますが、そうなると、全部揃えて下さいってことになりますし。

彼女の音楽のピークは既に過ぎていると言ってしまうと怒られるかもしれませんが、手持ちの音源に加えて、これからはこれで楽しむかなぁって感じです。

ブラウンさん、こんにちは。返事が遅くなりました。

こうして音源を聞いていると時代のアイコンとしての彼女を強く感じます。"No Side"も結構好きでした。私は"MISSLIM"こそが彼女の最高傑作だとも思っていますが、各々のアルバムにそれなりの個人的時代背景があって、どれも捨てがたいですねぇ。

私の最大のヘビロテ・アルバムは何だったんでしょうね。難しいですが、Deep PurpleかYesかなぁ。これも歳とともに変わりますね。

ひまわりさん,こんにちは。返事が遅くなりました。

私とYumingって結びつきませんかねぇ...(苦笑)。私にもそういう時代があったってことですね。神奈川県民ホールや,武道館のライブにも結構行ってたんですよ。

今回,改めて聞いてみて,歌詞を再び吟味するといいのかなぁなんて思っていたところです。ムーミンのネタには受けてしまいましたが,確かに彼女の歌詞にはそういうところがあるような気がします。

「音楽狂さんの記事も、そうですよ。私、大ファンですから。」というのは面映ゆい限りですが,ありがとうございます。

HamaVenturiniさん,こんにちは。はい,「晩夏」は入っておりません。何を採用して何を落とすかって難しいですよねぇ。個人的に好きな曲もありますしね。

まぁ,でもこれはこれでよくできているコンピレーションだとは思います。音も改善しているみたいですし。当分はこれでいけそうな気がしてます。

今晩は!結局カミサンがユーミンが好きなので、クリスマスプレゼントで買いましたが、結局自分が聞いています(^^;

takeotさん,こんばんは。なるほど~。気持ちはよくわかります。でも開封しちゃってよかったんですか?

我が家なら家人の逆鱗に触れること必定ですが...(苦笑)。

アマゾンでユーミンのCDが届く話をしていたので、家に帰ったら、もう開封しておりました(^^;

takeotさん,こんにちは。返事が遅くなって申し訳ありません。

「家に帰ったら、もう開封しておりました」ということであれば,問題なしですが,私の場合は貸してくれと言って貸してもらえるやら...(苦笑)。ともあれ,仲よきことは美しきことなり,ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56211389

この記事へのトラックバック一覧です: 結局買ってしまったYumingベスト盤:

« ライブも素晴らしいNik Bärtsch's Ronin | トップページ | また飲み過ぎた... »

Amazon検索

2017年おすすめ作