2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 映画「アルゴ」はこれまでのところ,今年一番の傑作である。 | トップページ | Rolling Stonesアーカイブ・シリーズ第5弾は一気に2005年に飛ぶ »

2012年11月12日 (月)

また出た!ECMアーカイブ・シリーズのMagico音源:これぞECMである。これが嫌いならECMはやめときなはれ(笑)。

Carta_de_amor "Carta de Amor" Jan Garbarek, Egberto Gismonti, Charlie Haden(ECM)

今年発売されたジャズ・アルバムの中でもKeith Jarrettの"Sleeper"は屈指の作品だったと思っているが,なぜあのような作品が33年間もリリースされなかったかということには疑問もあった私である(記事はこちら)。しかし,ああした音源を今までリリースしてこなかったECMの総帥,Manfred Eicherに何らかの変化が生じたであろうと思わせたことは決してECMレーベルのファンにとっては悪いことではなかったはずである。その時も「おい,Eicher,出し惜しみせずもっと出せ!」と思っていた私だが,やっぱりまだまだあったってことを実証するような音源の登場である。

往時のECMレーベルのユニークさは考えられないようなミュージシャンの組合せを行いながら,レーベル・カラーにフィットした音楽を生み出していた(というより,あまりにユニークだったので当時からOne & Onlyだったというのが正しかろう)ことにあるが,その中で本作の3人が生み出した"Magico"と"Folk Song"という2枚のアルバムはECMレーベルのファンの中でも間違いなく評価が高い作品であるに違いない。このような3人が集まれば,それこそケミストリーとも言うべき特殊なアウトプットが出てきて然るべきだと思わせるわけだが,この3人がライブをやったらどうなってしまうのかというのは,そりゃあECMファンだったら関心があるわけである。だからこそ,この3人による演奏のブートがあれば気になるのは当然だったのだが,本作のリリース予告を知って,ブートには手を出さず,じっと我慢した私であった。

そして出てきた音楽は私たちの予想をはるかに越えるレベルの高い演奏である。この3人であるからおかしな演奏になるはずはないとしても,これはレベル高過ぎだろう。Hadenはどちらかというと自己主張を控えて伴奏に徹しているという感覚もあるが,その分,GarbarekとGismontiが自由度高く演奏しているって感じである。特に私がしびれてしまったのがGismontiである。ギターもよいが,それにも増してピアノが最高である。もうこんな演奏をされてしまえば,文句をつけることが不可能な状態である。あの頃のECMはこうだったという思いを馳せながら,今聞いてもこれは強烈である。これだけのスタイリストを3人集めて,破綻なく演奏させるManfred Eicherというプロデューサーはやはり凄い男だと言わざるをえない。"Sleeper"も最高だったが,本作もそれに勝るとも劣らない超弩級の音源である。

一体,こうしたお宝音源がどれだけ隠されているというのか。新作を出すのもいいが,こうした音源も25%ぐらい出して欲しいと思うのはきっと私だけではないはずである。とにかく,文句のつけようのない傑作ライブである。ということで繰り返す。「おい,Eicher,出し惜しみせずもっと出せ!」

こんな演奏にはどうこう文句をつけること自体野暮である。全てのECMレーベル・ファンにとっては星★に決まっている(笑)。こんなアルバムに"Carta de Amor"即ちラブレターなんてタイトルをつけるEicherという男は罪作りである。やっぱりもっと出せ!こういう音楽を愛している人間は世界にたくさんいるぞ!!

Recorded Live in April 1981 at Amerikahaus, München

Personnel: Jan Garbarek(ts, ss), Egberto Gismonti(g, p), Charlie Haden(b)

« 映画「アルゴ」はこれまでのところ,今年一番の傑作である。 | トップページ | Rolling Stonesアーカイブ・シリーズ第5弾は一気に2005年に飛ぶ »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

録音の時期からするとLPの時期だったと思うので、曲の長さが媒体に合わず、見送りだったのかなあ、と勘繰ってしまいますが、それにしても今になってこういう音源が出てくるとうれしいですね。しかもライヴなので、スタジオ録音とはまた違った感触も楽しめますし。この3人が集まると、やっぱり独自なサウンドになりますね。

今後もこういう音源をバンバン出してほしいものです。

TBさせていただきます。

910さん,おはようございます。TBありがとうございます。

これって本当に素晴らしい音源だと思います。"Sleeper"といい,本作といい,どれだけお宝が眠っているのかと思いたくなります。それにしてもGismontiのピアノが最高でした。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

「出し惜しみせずもっと出せ!」、同感です。素晴らしい蔵出し音源がこうも続くと、どうしても思ってしまいますね。TBさせて下さい。

1irvingplaceさん,こんばんは。そうですよねぇ。けちけちせずにもっと出せとEicherにメールでも送りますか(笑)。

TBについては記事をお書きになってからということですよね。ということでお待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/56093347

この記事へのトラックバック一覧です: また出た!ECMアーカイブ・シリーズのMagico音源:これぞECMである。これが嫌いならECMはやめときなはれ(笑)。:

» Carta De Amor/Magico/Jan Garbarek, Egberto Gismonti, Charlie Haden [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜聴き4日目。今回の6枚のうち、このアルバムがハイライトじゃない [続きを読む]

« 映画「アルゴ」はこれまでのところ,今年一番の傑作である。 | トップページ | Rolling Stonesアーカイブ・シリーズ第5弾は一気に2005年に飛ぶ »

Amazon検索

2017年おすすめ作