2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« クリポタ参加のClarence Penn盤:ハードボイルドだど(古っ!) | トップページ | Lee Ritenourの新譜:質の高い演奏集であることは間違いないが... »

2012年10月14日 (日)

誰がどう見たって胡散臭い男

Photo 虚言癖の人間というのはどこにでもいるが,虚言なら虚言でもう少しまともな嘘をつけないものか?

この森口尚史という男の顔,発言,更には所作(インタビューでのあのうつろな目
を見て,まともな人間と思えるかを見れば,誰がどう見たって胡散臭いのは明らかであって,この程度の輩に騙される読売新聞の記者も底の浅さが露見したようなものである。

こんな男にも養う家族がいるとすれば,それは全くの不幸であるが,どうも独身だったらしいからあとは全て自己責任として対処すればよい。いずれにしても,これだけの虚言癖,あるいはこの顔,発言では女性を口説けるとも思えんが。もともとの頭はよかったんだろうが,人間としての間抜けさ加減はいかんともしがたい。

いずれにしても,追求そのものは必要であろうが,毎日,毎日この男の映像がニュースに出てくるだけで不愉快になる。事実関係が明らかになった段階(もはや明らか)で,完全にメディアも無視すればいいだけの話である。これ以上は,メディアがカヴァーすればするほどまたこいつの虚言が出てくるという悪循環だろう。

今更「研究者としてはもうやっていくのは無理だと思う」(当たり前だ!!
と語るこんな男に研究費の名のもとに血税が使われていたのかと思うだけで腹が立つわ。社会から消えてもらって当然の人間である。こういう男のために"Shame on You!!"という表現があるのだと言っておこう。

« クリポタ参加のClarence Penn盤:ハードボイルドだど(古っ!) | トップページ | Lee Ritenourの新譜:質の高い演奏集であることは間違いないが... »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

森口氏のニュースは、先日、動画で見ていたのですが、かなり
はぎれが悪くて、会見では、どんな釈明をするのだろうか、と思っていました。山中教授と比べてしまったら、足元にも及ばない人物。。。という結果になってしまいましたね。野口氏の言動を垣間見ていて、かなり恥ずかしい気持ちになってしまいました。もうちょっと気の利いた?言い訳ができなかったのかなぁ。。、と同情もしてしまいました。ニュースは、全部見た分けでないのですが、彼は、医師ではなかった?のでしょうか。。だとしたら、
良くここまでやってこられたなぁ。。と感心です。それにしても、
ビックリしたニュースでした。

"Shame on You!!"久々に聞きました。このフレーズは、実際には使ったことがないのですが、もう少し下品さと怒りを加えたフレーズを、一度だけ、公で使ったことがあります(苦笑)。それも、主人が居る前で。。(汗)完全に、理性を失っていましたね(笑)。

マスコミがこういう話題を飯の種にしているのって、国民がマスコミになめられてるってことですよね。
こんなやつはいつの時代にもいたはずだけど、
こんなにマスコミがはしゃぎ回るのは、為政者が目くらましで、何か隠したいことがあるからじゃないでしょうか。
なでしこの国民栄誉賞みたいなものですね。
うがちすぎと言えないほど、マスコミを使った国民コントロールは普通になっていると考えておいた方がよろしいかと思ってます。

Laieさん,こんばんは。返信が遅くなりました。Laieさんがおっしゃっている表現は"F*@? You!"ですかね。私の場合,よく飲み会で"F*@? Me!"とか言ってますが...。

それはさておき,こういう人間の存在を許してきた学会や役所って本当に審美眼がないと思いました。永久追放だけでは気が済まないって感じですね。

mmmさん,こんばんは。返信が遅くなりました。

「こんなにマスコミがはしゃぎ回るのは、為政者が目くらましで、何か隠したいことがあるからじゃないでしょうか。」というのは今の政権にだけ当てはまることではないですね。しかも国民栄誉賞云々とおっしゃるならば,自民党政権の常套手段だったのではありませんか。

大変申し訳ありませんが,私はmmmさんの論点を今ひとつはかりかねております。批判の対象は民主党政権ですか,これまでの政権を含めた一般的な政治ですか,それとも...。いかようにでも解釈できるので,私としてはどうお答えしてよいのかわかっていません。私の頭が悪いせいだと思いますが,もう少しわかりやすくご説明頂けませんか。

Toshiyaさん、こんにちは。

そうです!「F-word」です(笑)。それも、ジェスチャー付きで。。
ただ、後方からの悪態でしたので、当のご本人達は、気づかなかったかもしれませんが、彼らのご主人達は、私の後ろに居たはずなので、丸見え状態だったと思います。ビールでもあれば、高級品の皮コートの上から、ぶっかけてやろうと思いましたが、手元になかったので、行為には至りませんでした。

気の知れている仲間の間、飲み会、などでは、「F-word」も良いですが、素面での使用は、これまでのところ、上記一回のみです(苦笑)。映画の世界だけかと思っていましたが、自分で使用してしまうとは。。

今後、使わないように。。。また、そういう場面に出くわさないように、願いたいです(笑)。

Laieさん,こんばんは。Laieさんのような芸術家がFour Letter Wordsはいけません(笑)。

まぁ,でも言いたくなる時ってありますよね。特に勘違いが激しい輩たちには私はすぐ中指が突き立ってしまいます(爆)。私も歳なんでもう少し丸くならんといかんですね。でも無理...(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55887750

この記事へのトラックバック一覧です: 誰がどう見たって胡散臭い男:

« クリポタ参加のClarence Penn盤:ハードボイルドだど(古っ!) | トップページ | Lee Ritenourの新譜:質の高い演奏集であることは間違いないが... »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作