2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 歌い手としての矜持を感じさせるArt Garfunkelのベスト盤 | トップページ | すみません。今日も休みです。 »

2012年10月10日 (水)

Fourplayの新作:スムーズ・ジャズの王道だろうなぁ...

Fourplay_esprit_de_four "Esprit de Four" Fourplay(Heads Up)

Fourplayの新作がリリースされたのだが,デリバリーのタイミングもあって,聞くまで結構時間が掛かってしまった。前作の"Let's Touch the Sky"からほぼ2年,ファンにとっては待望と言ってもよいだろう。前作がリリースされた時,Chuck Loebへのメンバー・チェンジは成功だとこのブログにも書いた(記事はこちら)し,次作にも期待と書いた私であるから,相応に期待は寄せていた。だが,ゲスト・ヴォーカルが松田聖子だと知って,おいおいと思っていたのも事実である。私はFourplayがヴォーカルを入れることには異論はない。しかし,松田聖子はないだろうと思ったのだ。昔,松田聖子のファンだった身としては微妙だが,それでもやっぱりって感じなのである。

松田聖子が登場するのは最後の1曲だけだから,それはまずは棚上げしよう。冒頭のChuck Loeb作"December Dream"からして既にスムーズ・ジャズの王道と言っていいサウンドである。安心感100%,懸念ゼロみたいな感じである。前作の記事でも書いた「スリルとかそういったものとは全く無縁の世界である。どこまでも心地よく,そして非常に落ち着ける」という印象はここでも全く変わりない。テンポが遅くても,やや速くてもそんなものは関係ないのである。本当に心地よい。私はLarry Carlton在籍時のFourplayを評価していないが,Chuck Loebに代わって印象はずっとよくなったと本作でも感じている私である。

まぁ,ワン・パターンと言ってしまえばその通りである。だが,人間には予定調和を求めることもあるわけで,その予定調和こそがこのFourplayの音楽の本質である。バカボンのパパではないが,それでいいのだ(笑)。こういう音楽が気に入らないと言うのであれば聞かなければいいだけの話であるが,私はこういう音楽を求めたくなる時があるということで,私には欠かすことができない音楽の一種だと言っておこう。

そうした中で松田聖子だが,なぜ彼女がここに参加したかの経緯についてはライナーにある通りである。そこにもある通り,本作は"A Special Dedication"として3.11後の復興に向けて生きる日本の被災者に捧げられているのだが,その中でも"Put Our Hearts Together"が逸早くBob Jamesが日本のために作曲したもの。これはこれで美しいメロディだと思うが,そこに詞をつけたのがBob Jamesの娘のHillaryである。この親子の連携プレイが何とも麗しい。それを考えれば,Hillary本人が歌えばいいのであって,私は敢えて松田聖子が歌わなくてもよかったのではないかと思うし,彼女の歌いっぷり(英語の発音含む)には,健闘しているのはわかっていても,正直なところ違和感がある。だが,日本復興がテーマである以上,そういう選択もないわけではないということで,ここは文句を言うのはやめておこう。9曲目には"Sugoi"なんて曲も入っていて,Bob Jamesの思いは徹底しているのである。ただ,この曲は何が「凄い」のかはよくわからんが...(苦笑)。

いずれにしても,全体としてはFourplayのアルバムとしては十分楽しめるものだったので,ちょっと甘いとおもいつつ星★★★★とする。非常にハート・ウォーミングな感覚に溢れた作品として,非常に後味もよいのは評価したい。

Personnel: Bob James(p, key), Chuck Loeb(g, synth), Nathan East(b, vo), Harvey Mason(sa, perc, vib, synth), 松田聖子(vo), Lizzy Loeb(vo)

« 歌い手としての矜持を感じさせるArt Garfunkelのベスト盤 | トップページ | すみません。今日も休みです。 »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

個人的には、チャック・ローブが地味な感じ(今回はアコースティック・ギターを多用しているからかも)ですが、かえってそれがグループの雰囲気に合っていて、3人のギタリストの中では、今現在では一番好きです。流して聴けてしまうけど、けっこう緻密に計算されていて、スゴいと思えるところもありますね。

松田聖子は国内盤のみのボーナストラックと思ったら、しっかり輸入盤にも入っていましたね(笑)。ただ、これも、そんなに違和感はないので、通して聴けてしまいました。

TBさせていただきます。

910さん,続けてこんばんは。こちらもTBありがとうございます。

確かに今回はアコースティック・ギターを多用していますね。多少地味に聞こえるというのも同感です。しかし,それはある意味で「落ち着き」を感じさせるものであり,喧騒に満ちた現代にはこういう音が必要なんじゃないかと思わせるものだったと思います。

松田聖子は私には微妙でしたが,善戦しましたね。ただ,これだけスローな歌は日本人が歌いこなすのは相当厳しいかなぁって気がしました。先日Bob Jamesが来日した時には,国際フォーラムに松田聖子が登場して「上を向いて歩こう」で共演していましたが。私は本来はその程度に留めた方がよかったように感じています。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55855417

この記事へのトラックバック一覧です: Fourplayの新作:スムーズ・ジャズの王道だろうなぁ...:

» Esprit De Four/Fourplay [ジャズCDの個人ページBlog]
フォープレイも12作目。最初のアルバムの発売が’91年だったので、ギタリストが交 [続きを読む]

« 歌い手としての矜持を感じさせるArt Garfunkelのベスト盤 | トップページ | すみません。今日も休みです。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作