2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 亡きGary MooreによるJimi Hendrix集 | トップページ | Gato Barbieriはムード歌謡よりフリー・ジャズの方がまだいい »

2012年10月 6日 (土)

濃い~メンツのDonny McCaslinの新作だが...

Donnymccaslincastingforgravity"Casting for Gravity" Donny McCaslin (Greenleaf)

Donny McCaslinと言えば,昨年NYCに出張した時にSmallsでAlex Sipiaginのグループでライブに接し,その実力に驚かされたのだが,この人のアルバムとなると悪くはないが若干印象が薄い気がする。だから,この人の前作"Perpetual Motion"も悪くないと思いつつ,このブログに記事もアップしなかった私である。

そのMcCaslinの新譜がDave DouglasのGreenleafレーベルからリリースされたのだが,今回の購入動機はメンツである。これを見ればエレクトリック・ファンク系の音がすることは間違いないという見立てである。それでもって出てきた音は予想通りのものだったが,ドラムスがMark Guilianaということだけで,かなり騒々しくなりそうなことは想像がつく。Mark Guilianaと言えば,Brad MehldauとMehlianaというデュオ・ユニットを組んだり,Wayne Krantzともデュオで演奏したことがある。つまり,デュオで彼らに負けないだけの手数,テクニックを繰り出す人だと考えられるからである。そして,それも全く予想通りなのである。

ある意味,全編に渡って同じように演奏されるとも言えるため,騒々しくても時として平板な印象を与えるのは惜しい気もする。特にそうした印象を与えるのが叩き過ぎのMark Guilianaであることには苦笑を禁じ得ないが,こうした音楽としては相応の水準を保っているので,この手の音楽好きには気に入るものとなるだろう。このうるささはJohn McLaughlinの"Floating Point"に近いものを感じるが,あれよりはこっちの方が好きとは言え,私みたいなリスナーには胸焼けしそうな音楽とも言える。よって,時折挿入されるスローな曲で一息ついている感じなのである。

もう一つの問題を挙げておけば,McCaslinの書くオリジナルが今一つ魅力に欠けるという点である。どれも似通った印象なのは演奏,アレンジメントによる部分もあるだろうが,それにしてもなぁって感じである。本作のプロデューサーはDavid Binneyなのだ,彼のアルバムが今ひとつ面白みにかけるのと似たところを感じてしまう。

だが,彼らの名誉のために言っておけば,演奏は人の耳をそばだたせる要素はあると思う。だからこそ惜しいと言えるような作品なのである。もう少しプロダクションを工夫すればもっといい作品になったのではないかと思える。私としてはMcCaslinはリーダーとしてよりも,ソロイストとしていい仕事をするのかなってところである。星★★★。ちなみに本作で最もカッコいいのはリーダーには悪いがJason Lindnerである(笑)。

Recorded in May 2012

Personnel: Donny McCaslin(ts), Jason Lindner(p, el-p, synth), Tim Lefebvre(b), Mark Guiliana(ds), David Binney(vo, synth)

« 亡きGary MooreによるJimi Hendrix集 | トップページ | Gato Barbieriはムード歌謡よりフリー・ジャズの方がまだいい »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂様、こんばんは。
NYCでMcCaslinを!!!いいなー
年末、マリア・シュナイダーで来るんでそれは死んでも(死んだら行けないのだが・・・)聴きにいこうと思ってます。
ちょっと、ハッタリくさいフレーズを繰り返すような、そこがいいんですが、どうでしょう?
それと、デイブ・ダグラスのこのレーベル、格安で良いです!
CDメディア殲滅が噂される中、生き残りをかけるにはやはり価格なんでしょうね。

HamaVenturiniさん,こんばんは。

Donny McCaslinをライブで見られたのはたまたまだったんですが,私の目当てはSipiaginである中,McCaslinの実力は予想以上でした。まぁ,メンツもよかったんですけど。

ハッタリくさいフレーズというのは面白いですねぇ。確かにそういうところはあるかもしれませんね。それにしてもMaria Schneiderのバンドって集客大丈夫なんでしょうかね。そっちを心配しちゃいます。

Greanleafは確かに安いですね。それをネットの倍以上で売るDUというショップもありますが。Dave Douglasの意向を無視しているとしか言いようがありませんね。未だ記事にしていませんが,Douglasの新譜も安かったですし。私たちにとっては大変ありがたいですね。かつ,Greanleafはダウンロード音源も充実しているので,見逃せません。Keystoneのライブ音源なんてカッコいいですしね。全8セットを聞き通すのは大変ですが,いい買い物でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55813586

この記事へのトラックバック一覧です: 濃い~メンツのDonny McCaslinの新作だが...:

« 亡きGary MooreによるJimi Hendrix集 | トップページ | Gato Barbieriはムード歌謡よりフリー・ジャズの方がまだいい »

Amazon検索

2017年おすすめ作