最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これは素晴らしい:Fred Hersch渾身のライブ盤 | トップページ | Deacon Blue:11年振りの新作は最高にポップで何とも素晴らしい。 »

2012年10月24日 (水)

Breckers Brothers Reunion Bandのブート音源を聞く

Brecker_brothers_reunion

"The Brecker Brothers Band Reunion New York City 2012" (Bootleg)

ネット上を徘徊していると,いろいろな音源に接することができるが,これもそんな音源の一つである。Brecker BrothersがサックスにAda Rovattiを迎えてリユニオンするという話は聞いていたが,そんな彼らがNYCのBlue Noteに出演した時のおそらくはオーディエンス録音だが,結構よく録れている。Ada Rovattiは現在のRandy Breckerの嫁はんであるが,このリユニオンは彼女がどこまで頑張れるかってところが鍵になるだろうなんて思ってしまった。

そして,この音源を聞く限りは,バンド・サウンドとしてはこのリユニオンはかなりいけていると思えた。Ada RovattiはMichael Breckerの代わりになることはそもそも無理だとしても,そこそこ健闘しているって感じだが,バンド全体としてはメンツがメンツだけにかなりタイトで,結構面白いのである。Randyは間もなく67歳になるはずだが,そんな年齢を感じさせない吹きっぷりで,ラップまでやってしまうのには驚いてしまった。そのラップがGo Go的で,Chuck Brownを彷彿とさせるのがへぇ~って感じであったが,いずれにしても若々しいとしか言いようがない。

このリユニオン・バンドはGRPレーベルでの再編Brecker Brothersのメンツを中心にしているが,その中でMike Sternの活躍ぶりが著しいことも私が気に入ってしまう理由かもしれない。全編に渡って弾き倒しているが,ディストーションの踏み込みは抑制したようだ(笑)。

いずれにしてもMCでRandyが言っているように,来年にはこのバンドでCD/DVDがリリースされるらしいから,相応の期待はかけてもよさそうである。まぁ,それでもライブの方が楽しそうには思えるが...(苦笑)。

Recorded Live at the Blue Note, NYC on September 13, 2012

Personnel: Randy Brecker(tp), Mike Stern(g), Rodney Holmes(ds), Ada Rovatti(sax), George Whitty(key), Will Lee(b), Oli Rockberger(key)

« これは素晴らしい:Fred Hersch渾身のライブ盤 | トップページ | Deacon Blue:11年振りの新作は最高にポップで何とも素晴らしい。 »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55933712

この記事へのトラックバック一覧です: Breckers Brothers Reunion Bandのブート音源を聞く:

« これは素晴らしい:Fred Hersch渾身のライブ盤 | トップページ | Deacon Blue:11年振りの新作は最高にポップで何とも素晴らしい。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作