2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 作家,西川美和の新作 | トップページ | 安倍晋三はアホ晋三と改名すべきである。そして橋下徹はとち狂っている。 »

2012年9月 9日 (日)

「最強のふたり」:まさしく心温まるとはこの映画のこと

Photo_2 「最強のふたり("Intouchables")」('11,仏,Gaumont)

監督:Olivier Nakache,Eric Toledano

出演:François Cluzet, Omar Sy. Anne Le Ny, Audrey Fleurot

フランス映画にしては巷では結構話題になり,評判もいい映画であるが,その理由は見ればわかる。この映画には悪人が出てこない。そして内容が本当に心温まるので,見た後の後味が素晴らしいのである。

この映画はフランスの階級社会を皮肉ったものという見方もあるが,そんな小難しいことを考えること自体無意味である。主役の二人のやり取りを見ていて,くすくす笑わせてくれる映画を素直に楽しめばいいのである。

とにかく主役の二人が好演。私はもっと泣けるのかと思っていたのだが,泣くことによるカタルシスは得られないとしても,心地よい笑いに包まれた別の意味でのカタルシスに満ちた映画であった。そして最後の最後に私はぐっときたが,こういうのを「いい映画」と言うのである。ギミックなし,派手なシーンもほぼ皆無,だが本当に幸せな気分で席を立つことができる映画である。私はこうした映画に対してすら皮肉な見方しかできない人々は不幸だと言い切ってしまおう。日頃天邪鬼な私が天邪鬼でなくなる瞬間もあるのだ(笑)。甘っちょろいと言いたければ言えばよい。そう言われても私は一切気にしない(きっぱり)。

これが実話に基づく話というのが驚き(最後に本人登場)だが,事実は小説よりも奇なり。そして映画は日頃忘れがちなヒューマンな感覚を間違いなくオーディエンスに与えてくれるはずである。この幸せな感覚を評価して星★★★★★としてしまおう。ただ,このタイトルはねぇ...(苦笑)。それでも映画としては本当に優れた作品である。こういうのを見ると映画が好きでよかったと思ってしまう。今年見た中では間違いなく最高の作品。

« 作家,西川美和の新作 | トップページ | 安倍晋三はアホ晋三と改名すべきである。そして橋下徹はとち狂っている。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜
やっと、レンタルで観ました♪

そうか、感動というか感心したというか… なんて言ったらいいのやら と思っていましたが「心温まる」いい映画でしたね。使われている音楽も良かったです♪

ただ、やはり 現実的になってしまうのですが ドリスってすごいです。
なかなか こんな風にできないなぁ。
実話だということで もっとすごい!って思いました。

Marlinさん,こんばんは。

私はこの映画の後味のよさが好きです。というより,この映画を嫌いって言う人はあまりいないのではないでしょうか。「感動」というのとは違うと思いますが,それでもこういう清涼剤のような映画は貴重ですよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最強のふたり」:まさしく心温まるとはこの映画のこと:

« 作家,西川美和の新作 | トップページ | 安倍晋三はアホ晋三と改名すべきである。そして橋下徹はとち狂っている。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作