2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Wayne Krantz観戦記:Keith Carlock物凄過ぎ! | トップページ | これは凄い!超重量級のBrotzmann〜佐藤〜森山トリオ »

2012年9月27日 (木)

呆れて物も言えない自民党総裁選結果

自民党のボス猿争いの結果を見て,絶望的な気分になった私である。一体自民党の国会議員はあの無責任男を再度総裁に据えるとはどういう神経をしているのか?石破茂が嫌いだから,無責任男の方に投票するというのでは,地方の党友の意思は全く無視し,かつ,あの無責任男が再び職を投げ出さないという確信があるのだろうし,これからもついていきまっせという意思表明をしたということだ。それは自分たちも無責任であることを吐露したようなものであり,勝手にすればいいのだ。

むしろ無責任男が総裁になったことにより,国民の反発は増し,次回の国政選挙では敗色濃厚だった民主党にはフォローの風が吹くかもしれない。あの無責任男の発言,立ち居振る舞いにアレルギーのようなものさえ感じているのは私だけではないはずだ。だからと言って「日本維新の会」のような日和見国会議員を集める政党が漁夫の利を得るようなことにはなって欲しくないが。

いずれにしても,改めて違う記事でつぶやいた次のフレーズを自民党国会議員の諸君には叩きつけておくわ。

「嗚呼,已矣乎」

だから政治不信はやまないのだ。恥知らずもいい加減にしてもらいたい。

« Wayne Krantz観戦記:Keith Carlock物凄過ぎ! | トップページ | これは凄い!超重量級のBrotzmann〜佐藤〜森山トリオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

EVAです、おはようございます。

何も付け足すことはない位全く同感でございます。

口先三寸だけの政治では日本に明日はない!!

旧態依然の派閥論理でトップを決める自民党は国民の信を得られないでしょう、と思いたいです。

非常に情けなく寂しい気持ちで一杯です。

EVAさん,こんばんは。口だけの男を頭目に据えるって恥ずかしくないんですかね。私は元来アンチ自民党ですし,これからも変わることはないとは思いますが,その中でも安倍晋三と麻生太郎は下の下としか思っていません。あんな男が首相候補と思うだけで虫酸が走ります。本人もアホですが,自民党国会議員も同等にアホだということを白日の元にさらしただけです。だからこそ恥知らずってことになりますが,それにしてもひどいもんです。

政治を政治家の個人の資質の問題として論じることに違和感を感じます。
どうせろくでもないやつらなんだから、政策の内容とその結果から判断したほうがいいんじゃないかな。
小泉さんを最も熱く支持した人たちは、小泉さんに最も痛めつけられた対象だったことに、いい加減に気付よと思いますけど。
年収でみて、中の中が中の下に転落し、中の下に届かなかった人はさらに転落していったのが、近年の日本のトレンドになったわけですね。
橋下さんに過度の期待をかけて、また裏切られるんでしょうね。
見た目とか、威勢の良さとか、ブレがないかっこよさとか。受け狙いのわかりやすさとか。捨て台詞とか。けんか論争で勝ったとか、負けたとか。

政権を投げ捨てた件では、潰瘍性大腸炎という難病を克服した人間に再起は許されないのかと言い始めるとどう答えます?

まったく関係ない観点ですが、
ボス猿というのは生物行動学的には死語となりました。αオス といいます。
ボス猿という言葉は人間専用の言葉となりました。

mmmさん,こんばんは。そうですかねぇ。個人の資質こそが重要なんじゃないですか。安倍も橋下もそもそも個人として認められないというのが私の根本にありますから。信じられないと思った人に一票を投じるほど私はお人よしではありません。

「政権を投げ捨てた件では、潰瘍性大腸炎という難病を克服した人間に再起は許されないのかと言い始めるとどう答えます?」ってそれは論理のすり替えですよ。一般に病魔を克服された方に対しては私は相応のリスペクトを払ってもいいと思います。しかし,安倍は何の説明もなく,一国の首相という重責を投げ出したんですよ。それを無視して復活と職場放棄を同じ土俵で論じること自体に無理がありませんか。無責任は無責任なんです。そのことを無視して安倍を擁護すること自体が私の感覚では誤謬に満ちていると思います。個人の解釈は人それぞれですが,私は私としてmmmさんのご意見に与することは絶対にありません(議論の余地はありませんので,これ以上議論を吹っ掛けれても対応致しかねます)。

いずれにしても,最低最悪の人間に一国の宰相の座を任せるつもりはありません。日本政治史において,安倍晋三と麻生太郎は「人格的」にも最も恥ずべき宰相だったと思っていますから,mmmさんが何と言われようと無理です。しかも安倍に言わせれば,次回の選挙の争点は「改憲」って,国民の一般的な考えとは乖離が大き過ぎるんじゃないですか。どれだけの日本国民が次回の衆議院選挙で改憲が争点だと思っているというのでしょうか。「改憲」という自分のやりたいことを言っているだけじゃないですか。ここまで来るともはや生理的な問題を通り越して「バカにつける薬はない」としか言いようがありません。政治家として日本という国をよくしようというのならば,短期,中期,長期でヴィジョンを示すべきでしょう。それもなしに,「改憲」が争点って,どういう神経をしているのか疑います。

安倍という輩は,自分の主義主張を権力者として横車を押してでも通したいと思っていること自体,橋下と同じレベル,あるいはそれ以下だと言っておきますわ。

イデオロギーは人それぞれですし,mmmさんのお考えはそれはそれで私は尊重しますが,安倍や橋下が政権の座についても,ろくなことは何もないと申し上げておきます。これは私の信条であり,mmmさんとて,私の信条は相応にご認識頂くべきものと思います。

Toshiyaさん、ご無沙汰をして折ります。お元気にお過ごしのことと思います。色々な出来事があり、暗いトンネルの中で停滞していました(苦笑)。しばらく、コメントさせてもらっていないと、中々コメントしづらいですが、また、ジャズ以外の記事で、お邪魔させて頂こうと思います。いつもながら、ズレまくりのコメントになりますが、宜しくお願い致します。

安部さんの再選には、かなりびっくりしてしまいました。谷垣さんか、石原さんのどちらかかなぁ。。と思っていました(笑)橋本さんも何だかなぁ。。ですし、政界は闇に包まれていますね。

何れにしろ、外交政策が重要視されそうですね。遠方より、ただ祈りたいと思います。

laieさん,お久しぶりでございます。どうなさったのかなぁなんて思っておりました。いつでもコメントは歓迎ですよ。

おっしゃる通り「政界は闇に包まれています」よねぇ。今の状況では政治不信だけが強まるだけだと思います。こんな国の政治を見ているより,よっぽど米国の大統領選挙の方が楽しめますね。大金持ちのMitt君が勝つ可能性は少ないでしょうが,Presidential Debateで情勢が変わることもありますから,注目しちゃいますよね。あのディベートは絶対見ていて面白いですから。仕事さえなければ,ライブで見るんですけどね。

いずれにしても,大変なご無沙汰でしたが,引き続きよろしくお願いします。

安倍や橋下が嫌いなのは同じようなものなので、苦々しい思いなのは、同感です。
ただ、個人の資質にスポットが当たっちゃって、政権の内容のいやらしさが霞んでしまってるのがなんだかイヤだなと言いたかっただけです。
政権を放り投げたことより、もっと本質的にひどいことしてるように思ってます。

mmmさん,こんにちは。

政権の内容のいやらしさというのも含めて,私は安倍晋三という人は評価できません。私にとっては全てが受け容れ難い人なのです。見ているだけで虫酸が走るのですから,どうしようもありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55753929

この記事へのトラックバック一覧です: 呆れて物も言えない自民党総裁選結果:

« Wayne Krantz観戦記:Keith Carlock物凄過ぎ! | トップページ | これは凄い!超重量級のBrotzmann〜佐藤〜森山トリオ »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作