2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「追想」:ようやくDVDで見た | トップページ | バドカン! »

2012年9月19日 (水)

Fred Hersch:まだ新譜もアップしていないが,中古でゲットしたソロ作があまりに素晴らしく,先にアップしてしまおう。

Fred_hersch_i_never_told_you "I Never Told You: Fred Hersch Plays Johnny Mandel" Fred Hersch(Varese Sarabande)

Fred HerschのVanguardでのライブの新作に関する記事もアップしていないのだが,非常に力強さを示していて驚かされた私である。新作に関する記事はまた別の機会に譲るとして,本日は私が全く認識していなかったFred Herschのソロ作品である。Herschのディスコグラフィを見ればちゃんと載っているし,私が不勉強なだけだが,中古盤屋でジャケを見つけて,何やこれは?と思わず一人ごちた私であった。そして,この作品,値段はちょっと高かったが,買ってよかったと思わせる素晴らしい作品であった。

私はカザルス・ホールでのHerschのソロを見て以来,彼のソロ作品には一方ならぬ思い入れを持っていると思うのだが,全部が全部最高だとは思っていない。例えば"Plays Rodgers & Hammerstein"等はあまりピンときていない代表である。なぜってことは久しく聞いていないので明確には言えないのだが,聞いても痺れる感覚を得られないと感じたのだ。だが,この作品はそれとは違って知らなかったことを反省したくなるような出来である。

何がよいかと言えば,Johnny Mandelの美しい曲とHerschの相性のよさってことになるのだが,全編に渡ってHerschの美しいタッチによって紡がれていくMandelの曲が楽しめて,私は本当にうっとりする思いをしてしまった。私が気に入るHerschのソロ作品というのは,ほぼ同じような印象を与えてくれることが多いのだが,まさに本作もそうであった。こんな作品について知らなかったこと自体に自分の不明を恥じた。これはまじで最高である。

しかし,言い訳がましくなるが私がこの作品を認識していなかったのには理由もあるように思える。このアルバムについて取り上げられている記事そのものの数がかなり少ないのは事実であり,実際にググってみても,もちろんヒットしないわけではないとしても,国内ブロガーの皆さんのカバレッジも決して高くないのである。だからと言って,ちゃんとAmazonとかを見ていれば,本作にも気付いていたわけで,ここまで全くノーマークだったのは自己責任だ。

本作においてはMandelの超有名曲と言ってよい"The Shadow of Your Smile"と"Theme from M*A*S*H"が除かれている。Hersch曰く,ほかの人も取り上げるからということだが,Herschの演奏も聞いてみたかったと思いつつも,それらがなくても十分このアルバムは楽しめるし,実に素晴らしいソロ・ピアノである。星★★★★★。

しかし,よくよく調べてみれば,中古で結構ころがっていたのねぇ。正直なところ,そっちで買った方が安かったかも...なんて思ってしまうが,それでも私はこのアルバムを買ったことに一点の後悔もない。Herschファン必聴の非常に美しいアルバム。たまらん。

Recorded on September 20 & 21, 1994

Personnel: Fred Hersch(p)

« 「追想」:ようやくDVDで見た | トップページ | バドカン! »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55682512

この記事へのトラックバック一覧です: Fred Hersch:まだ新譜もアップしていないが,中古でゲットしたソロ作があまりに素晴らしく,先にアップしてしまおう。:

« 「追想」:ようやくDVDで見た | トップページ | バドカン! »

Amazon検索

2017年おすすめ作