最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 森高千里のシングル集成版のリリース | トップページ | なでしこ:本当に惜しかった。でもおめでとう! »

2012年8月10日 (金)

U-23:日韓戦に勝利して銅メダルを獲得せよ!

セミ・ファイナルにおけるU-23の戦いぶりはちゃんと記事にしなければならないが,実は出張先での深酒の影響もあって,後半を見逃してしまった私である。よって,偉そうなことは言えないが,後から確認した限り,決勝点となったメキシコのゴールは,あまりにつまらないミスから自陣でボールを奪われた末に,見事なミドル・シュートを決められたものであることは明らかだ。連戦の疲れもあろうが,それは相手も同じ条件の中で,一瞬でも気を抜くと大怪我をするという典型的なパターンである。

そもそも,永井を先発させたものの,怪我の影響か,それまでの彼らしいキレやスピードに乏しかったことは否めない。もちろん,永井がいることによる相手に与える心理的プレッシャーを考えた上での強行出場だったように思えるが,一旦動きが鈍いことを察知されれば,恐怖心を与えられないばかりか、相手に付け入る隙を与えることになることはわかりきったことであり,今回の選手起用には疑問が残る。

最終戦となる3位決定戦が,宿命のライバルである韓国との対戦となったことには運命のようなものすら感じるが,この試合で韓国が強烈なアタックをかけてくることは明らかだろう。間違いなく韓国は目の色が違うはずだが,U-23側のモチベーションが韓国を凌駕できるかが次戦の大きなポイントとなるだろう。金メダルでなければ意味がないなどとうそぶくプレイヤーがチーム内に一人でもいればその段階で負けである。韓国はメダルに限らず、打倒日本に対する意識が高いことを考えれば,中途半端な試合への取り組みは許されない。U-23には是が非でもメダルを日本に持ち帰るつもりで戦ってもらいたい。

そのためには永井の復調が欠かせないが,永井がダメな場合のセカンド・ベストの布陣も考える必要がある。杉本がまだ活躍を示していない中,杉本の使い方もポイントになってくるように思えるが,私は大津のワン・トップでもいいと思っている。いずれにしても先制点が大きな意味を持つのは当然だが,体力的な厳しさをカバーするためには,守備に忙殺される時間を極力短くする必要があるはずだ。そのためにはオフェンスへの意識を強く持ち,スペイン戦を思い出し,中盤までに,そしてできるだけ高い位置でのプレスを徹底的に仕掛けるべきだ。

また,メキシコ戦でのようなミスは二度と犯してはならないのは当然だが,そのためには集中力を切らさないことが重要であろう。ゲーム展開にもよるが,リードして後半を迎えたならば,酒井高徳の投入タイミングが重要になるように思える。リードされていた時のシナリオはあまり考えたくないが,私なら清武のラインを上げることを優先させるだろう。チャンスの多くが清武を起点としていることを考えれば,彼を交代させるというオプションは私にはない。

いずれにしても,しびれる試合になることは必定であり,今度こそ万全の体制で臨むと言いたいところだが,前夜にクライアントとの飲み会があるんだよなぁ。大丈夫か,中年音楽狂?

でも眠かろうが,酔っ払っていようが絶対応援するもんね。皆さんもご一緒に!

« 森高千里のシングル集成版のリリース | トップページ | なでしこ:本当に惜しかった。でもおめでとう! »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!3時に起きてなでしこ見ましたが惜しかったです!でも良くがんばりました!次は男子に頑張ってもらいましょう!では仕事に行ってきます!

takeotさん,おはようございます。U-23については改めて書きますが,完敗でした。永井の怪我は,様々な意味でチームに影響を与えてしまったかなって気がします。残念ではありますが,将来には確実につながる五輪だったと思います。それにしても眠いですねぇ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55386212

この記事へのトラックバック一覧です: U-23:日韓戦に勝利して銅メダルを獲得せよ!:

« 森高千里のシングル集成版のリリース | トップページ | なでしこ:本当に惜しかった。でもおめでとう! »

Amazon検索

2017年おすすめ作