2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Gloriaちゃ~ん(笑) | トップページ | コレクターはつらいよ(13):Daniel Lanoisのダウンロード音源に2曲だけ参加のBrad Mehldau »

2012年8月31日 (金)

嗚呼,已矣乎...

ネットを見ていて驚いてしまった。そして呆れてしまった。IT業界をリードしたきた大企業の元社長による盗撮容疑,書類送検へという話である。一大企業の社長,会長を歴任し,最高顧問まで務めたこの御仁の乱心は何ゆえか?

社会的な地位を持つ人間がこうしたくだらない犯罪でその地位を失うというのは,以前にも経済評論家にして大学教授だったU草君という前例があるが,今回の一件はU草君の一件よりも経済界,企業活動にとってははるかにショッキングだと言ってよいだろう。

今回の一件に限って言えば,この御仁が務めていた企業には責任はないかもしれない。だが,こういう人を最高顧問として担いでいたことによって,クライアントからの皮肉や冷笑に耐えざるをえない,この御仁が社長を務めた企業の営業,SE,研究者たちは誠にあわれと言わざるをえない。

主題に書いた「已矣乎」は「やんぬるかな」と読むが,その意味は『慨嘆・絶望の辞,今となっては、どうしようもない。』ということである。多くの企業人が今回の一件を知って「已矣乎」といいう気持ちになったであろうことは想像に難くない。一個人がほんの出来心でも起こしてしまった一件が,ほかの人間にどれだけ影響を与えるかもこの当年63歳の御仁がわからなかったとは思えないのだが...。

世の中,何が起こるかわからないが,これぞこの会社の広報にとってはまさしく青天の霹靂("A Bolt Out of the Blue") だったろうねぇ。この会社が"Big Blue"というニックネームを持つことからすると,"A Bolt Out of the Big Blue"ってことになって全くしゃれにもならん。しかも日経電子版に「栄枯盛衰のIT なぜ名門●●●は廃れないか」なんて記事が出たその日(8/30)にこの事件では全くギャグではないか。そもそも63歳にして「盗撮に興味があった」って,あなた中学生や高校生じゃあるまいしって感じである。

これぞまさしく嗚呼,已矣乎...。

« Gloriaちゃ~ん(笑) | トップページ | コレクターはつらいよ(13):Daniel Lanoisのダウンロード音源に2曲だけ参加のBrad Mehldau »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

スカートの中を撮影して何が楽しいのか理解できないのですが。
スリルを味わいたいなら、他にいくらでもあるだろうし。
それはともかく、植草氏については、はめられたんじゃないでしょうか。
証拠をもってる訳じゃないんですが。
殺人は、それが最も利益となる人間があやしいというのと同じような意味で、
当時の政治状況で、政府に都合の悪い経済学者だったというのは事実と思います。
当時、テレビで誰が一番うれしそうな顔をしたか覚えてます。
証拠のない妄想ですけど。
ハルシオンをもられたとしか思えないような、謎のヘロヘロ会見した大臣の事件といい、変な事件が時々起こる日本ですもの。

mmmさん,こんにちは。「スカートの中を撮影して何が楽しいのか理解できない」というのはまさしくおっしゃる通りです。

U草くんの一件に関しては「手鏡事件」が謀略説っていうのがあると認識していますが,2回目の痴漢事件がありましたからねぇ。U草くんが泥酔したタイミングを狙って謀略を仕掛けるってのは相当無理があるようにも思えます。過去のことは過去のことで藪の中ってこともありますが,件の元社長は認めちゃってますからねぇ。どうしようもないですね。

だめ押しの謀略だと思ってますけど。(笑)
酔っ払っている所を追っかけて仕掛けるなんて、割と簡単。
謀略事件なんて、割とよくあることじゃないかと思ってますけど。
大きな所では、戦争開始、小さな所では痴漢冤罪まで。
あまり素直な人間じゃないものですから。

写真なら、女子大生を撮るのが趣味ですけど。
皆さん、異口同音に盗撮とか通報とか逮捕とか犯罪のようにいいます。
正面向いて、にっこりピースサインしているのを盗撮で撮れるものなら撮ってみろと言い返してます。そんなにうらやましいのかって。
名前も知らない女子大生の笑顔を撮る方が、スカートの中撮るよりも楽しいんじゃないかと思いますけど。
スカートの中ほどのスリルはありませんので、スリルを求める人にはお勧めできません。

mmmさん、こんにちは。謀略であろうがなかろうが、それは藪の中でしかなく、それについて皆さんがどう思われても私にはどうこう申し上げることはできません。見解の相違はどこにでもある話です。

また、写真は真っ当に撮影するのであれば素晴らしい趣味であり、それについて私は異論はありません。ただ女子大生に声掛けをして、撮影をすることは私にはできないでしょうね。私の見た目で彼女たちに引かれるのがオチだと考えれば、敢えて声掛けをする勇気はありません。ということで、写真は私はほぼ風景専門です(笑)。心理的バリアは人それぞれですが、私にはそうした障壁があるってことだと思います。

これにも正しいとか間違っているという概念はあてはまらないですね。各人の価値観や見解次第ということでしょう。

こんにちは。宜しくお願いします。
一般からの評価を得て、ある意味、閉鎖された業界の上層に近付くほど、「ああ、いいよ、いいよ」という「お咎め無し」の甘えの感覚が他でも通用すると勘違いしてしまったのではないかと思います。
取り調べを受けている最中でも、「これ位いいじゃないか…」と、まだ思っているかも知れませんが。

Logさん,続けてこんばんは。

件の元社長には罪の意識がなかったのかもしれません。また,企業の中で順風満帆の生活を送ってきたに違いないこの方には,おっしゃる通り「お咎め」という概念すらなかったのかもしれませんね。

まぁ,それにしても挫折するには遅すぎるって気もします。結局,痛い目に遭うのは彼の元部下たちなわけですからねぇ。覆水盆に返らずです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55543448

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼,已矣乎...:

« Gloriaちゃ~ん(笑) | トップページ | コレクターはつらいよ(13):Daniel Lanoisのダウンロード音源に2曲だけ参加のBrad Mehldau »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作