2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« DownBeat国際批評家投票5冠! Vijay Iyerを初めて聞く | トップページ | Neneh Cherry & The Thing: ローファイなサウンドから浮かび上がる不思議な感覚 »

2012年8月20日 (月)

休み中に見たDVD:オリジナル版「メカニック」

Photo 「メカニック("The Mechanic")」('72,米,United Artists)

監督:Michael Winner

出演:Charles Bronson, Jean-Michael Vincent, Keenan Wynn, Jill Ireland

このブログで本作のリメイクを取り上げたことがある(記事はこちら)が,そのオリジナルについてもいつかは見てみようと思っていた。ここに来てDVDが国内でも奇跡的に再発され,休み中にレンタルしてきて見たものであるが,リメイク版もB級なら,オリジナルも典型的B級映画であった。

主演がCharles Bronsonであるから,B級映画と心して見るべきであるが,それにしてもであった。これを改めて見ると,リメイク版がストーリーの根幹は比較的忠実にオリジナルを踏襲していることがわかって面白かったが,当時のCharles Bronsonの位置づけに現在のJason Stathamがあるということになるのかなぁなんて思っていた私である。

このオリジナル版,ややシークェンスに冗長な部分もあり,もう少し編集で短く仕立てることもできたのではないかと思わせる。また,エンディングもどう解釈すべきか悩む部分があって,どうもすっきりしない。アクション映画としても派手さには欠けるし,いかにも予算を掛けてませんって感じなのもいかにもである。

まぁそれでも,当時はこういうBronsonに対するニーズがあったんだろうなぁなんて思いつつ,これほど赤いガウンとクラシック音楽が似合わない男はいないぜなんてDVDを見ながら毒づいていた私である(こう思う私の気持ちは見ればわかるはずである)。いずれにしてもB級映画をB級映画として楽しめる向きにはいいだろうと思える映画であって,私にとっては1回見れば十分って感じの映画(苦笑)。星★★★。それにしても,ここでのJill Irelandの役回りは一体何じゃ?と言いたくなるのは私だけではあるまい。これはかなり笑える。

« DownBeat国際批評家投票5冠! Vijay Iyerを初めて聞く | トップページ | Neneh Cherry & The Thing: ローファイなサウンドから浮かび上がる不思議な感覚 »

映画」カテゴリの記事

コメント

この映画は、当時映画館で見た記憶があるのですが、ストーリーは、忘れてしまいました(^^;
当時結構ブロンソンの映画を見に行きましたよ!
マンダムのCMのせいだったかな?

takeotさん,こんばんは。「う~ん,マンダム」ですねぇ。懐かしいです。

Bronsonの映画ってそれこそかなりの本数があるますが,私が劇場で見たことがあるのは「狼よさらば」ぐらいのような気がします。本来は主役を張るより,「荒野の七人」,「大脱走」,「バルジ大作戦」のように脇で光る人だと思うんですけどね。でもやっぱり人気はありましたよね。

でも記事にも書きましたが,赤のガウンは全く似合ってませんでした(爆)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休み中に見たDVD:オリジナル版「メカニック」:

« DownBeat国際批評家投票5冠! Vijay Iyerを初めて聞く | トップページ | Neneh Cherry & The Thing: ローファイなサウンドから浮かび上がる不思議な感覚 »

Amazon検索

2018年おすすめ作