最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« たまにはこういうのも...:シンガー・ソングライターとしていけている川村結花 | トップページ | Billy Cobham Glass Menagerie:さすがにこれは暑苦しい »

2012年8月14日 (火)

Andrea Marcelli:お盆休みにフィットしているかは別にして,豪華メンツによるハード・フュージョン

1344846589109.jpg

"Silent Will" Andrea Marcelli (Verve Forecast)

世の中お盆休みということで,私も実家に帰っているのだが,これまでであれば実家に置きっ放しにしてあるLPを聞いて温故知新モードに浸るというのが帰省時のパターンであったが,オーディオ装置のある亡き父の部屋のエアコンが不調のため,とてもではないが猛暑の中レコードを聞こうなんていう気にもならないので,今回は完全にiPodに依存する私である。

昨今はiPodに突っ込んだまま,全然聞いてない音楽も相当数あるので,ちょうどええわという感じで日頃あまり聞くチャンスの少ない音楽とか,忘却の彼方にあった音源とかに耳を傾けたいと思っている。

また,ブログの更新環境もiPad頼みということもあり,記事もいつものようにイメージを貼り付けるのもままならないってのが面倒だが,まぁそれも仕方ない。

それでもって本日取り上げるのがイタリア人ドラマー、Andrea Marcelliによる本作である。昨今は欧州ジャズにも関心を高めた私だが,それでも何でもかんでも手を出すわけではないことは当然である。だが,このもう20年以上前のこお作品の購入動機がメンツによるものであることは言うまでもなかろう。私はBob Berg〜MikeとStern組の参加がポイントなのだが,もう一方はWayne Shorter〜Allan Holdsworth組という濃厚なメンツである。

聞こえてくるのはいかにもという感じのハード・フュージョンだが,これが若干音が軽いとは言え,リスナーが嬉しくなるような音が詰まっている。特にBob Bergの吹きっぷりがハードボイルドでたまらん。Mike Sternもイケイケ・モードでファンは大喜び間違いなしなのである。Shorter〜Holdsworth組で,特にShorterが牧歌的なところも感じさせるのと全然違う(Holdsworthは我関せずって感じで弾きまくっているが,これはオーバーダビングの成せる技だな)。やはりこのBerg〜Sternコンビはこうでなくてはならないのである。これを聞いているだけでも私には買った価値があるというもの。

本作はこの手の音楽好きならば間違いなく気にいるはずだが,新品での入手は無理でも,中古なら結構簡単に手に入るのでご関心のある方は是非。星★★★★☆。

Recorded in February and August, 1989

Personnel: Andrea Marcelli(ds, perc, synth, cl), Mike Stern(g), Allan Holdsworth(g, g-synth), Mitch Forman(p), Bob Berg(ts), Wayne Shorter(ss), John Patitucci(b), Alex Acuna(perc)

« たまにはこういうのも...:シンガー・ソングライターとしていけている川村結花 | トップページ | Billy Cobham Glass Menagerie:さすがにこれは暑苦しい »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55415066

この記事へのトラックバック一覧です: Andrea Marcelli:お盆休みにフィットしているかは別にして,豪華メンツによるハード・フュージョン:

« たまにはこういうのも...:シンガー・ソングライターとしていけている川村結花 | トップページ | Billy Cobham Glass Menagerie:さすがにこれは暑苦しい »

Amazon検索

2017年おすすめ作