最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ed Bickertのアルバムはなかなか入手が難しい中で... | トップページ | やっと(?)揃えたJerry Bergonzi入りDave Brubeck3作 »

2012年8月 6日 (月)

五輪サッカー,男女ベスト4進出という快挙

オリンピックが始まってからというものの,完全に寝不足状態が続いているのは私だけに限った話ではないだろうが,私の場合,その理由の多くがサッカーにあることは明らかである。期待はしていたが,予想以上の活躍ぶりに心踊らされる国民は多いはずだ。にわかサッカー・ファンが多く出てくるのはいつものことだが,国民の心を一つにさせる効果がスポーツにはある。それを含めても,今回のベスト4進出は快挙である。

私はこのブログでもサッカーについていろいろ書いてきたが,今回は予選リーグの戦いについては,Twitterでつぶやくだけに留めていた。いろいろ書きだしたらきりがないからであるが,予選リーグでの思いは自分のつぶやきを振り返ればわかるように,決して不満がなかったわけではない(かなり文句を言っている)。特に3戦目については,男女ともに問題のある試合であったと思っている。引き分けを狙う戦術はさておき,控え選手のプレイのクォリティにはかなり問題があったからである。しかし,それもクォーター・ファイナルに向けて主力を休ませるという効果を考えれば,文句も帳消しというところだろう。事実,男子のエジプト戦を見れば,日本の攻守もよかったとは言え,エジプト・チームが予選リーグ最終戦で疲弊して,切れ味に乏しかった(そして怪我人が多かった)ことは明らかだと思う。

Photo ではクォーター・ファイナルの2試合で何がよかったか。なでしこについては,最も怖いと思われていたブラジルのマルタをほぼ完封したことが大きい。これまで岩清水,熊谷の両センター・バックは本当にいい仕事をしていて,彼女たちの働きは見事である。多少,サイドを破られても(ちょっと今回はサイドを簡単に破られ過ぎだが...),中央が安定しているので,それほど大きな失点はしないだろうと思わせる。更にブラジル戦の収穫はこれまで得点できていなかった大儀見,大野の両フォワードがゴールを決めたことであろう。今回絶好調と言ってよい川澄とこの二人が連動すれば,次も行けると思える。だが,大儀見の一点目を演出したのは澤の素早いリスタートにあったことは間違いない。生中継での国際映像では主審が映っていて,澤のリスタートの瞬間はちらっと目に入っただけだったように思えるが,ボールの出しどころが絶妙で,カナダ戦での一点目を演出した大野への浮かせたパスと同様の最高の球出しだったと言える。今回,澤の動きは目立たないようにも思えるのだが,献身的な守備を含めて,彼女が攻守に果たしている役割は大きい。次戦はテスト・マッチで敗れたフランスだが,テスト・マッチはテスト・マッチ,五輪は五輪である。前回の敗戦を教訓とすれば,十分に決勝進出は可能だと思っているし,きっとやってくれるだろう。

Photo_2 なでしこに比べると,前評判は決して高くなかった男子であるが,英国に入って,そのチーム力がアップしているところには勢いを感じる。特に攻撃では永井,守備では吉田の活躍が光っている。センター・バックが安定していると,守備に安心感があるというのはなでしこ同様であるが,吉田のポジショニングを見ていると,若干危ないシーンはあったが,この4戦無失点という結果につながったのは,彼の守備に負うところが大きいと思える。本当に安定したバックスだ。だが,今回の男子の躍進を支えているのは,誰がどう見ても永井の俊足を活かした攻守への対応である。予選リーグのモロッコ戦にせよ,クォーター・ファイナルのエジプト戦にせよ,清武からのパス一本に高速で抜け出してゴールしているのだから,素晴らしいパフォーマンスである。更に相手がオフェンスに転じようとして押し上げようとする時に,するすると永井がプレスを掛けることによって,相手に心理的にもプレッシャーを与えるのは,相手が永井のスピードを怖がっているからにほかならない。中盤,あるいはバックスが一発ボールを奪われただけで,簡単にゴールまで持っていかれると考えれば,特にバックスからは前線へのロング・フィードに頼らざるをえなくなり,日本としてはインターセプトのチャンスが増えるというわけだ。よって,守備そのものを安定させているのは吉田だとしても,今回の戦いにおける鋭い攻守の切り替えを可能にしているのは永井にほかならない。
もちろん,日本が積極的にプレスをかけていることが攻守の切り替えを可能にしていることはスペイン戦,エジプト戦でも明らかだが,それでもやはり永井が効いていることには間違いない。その永井が,エジプト戦で負傷退場してから日本が押し込まれたのは,そうした心理的な要素がエジプトになくなったこともあったと思えるのだ。幸い,今回の負傷は打撲らしいので,準決勝には途中からでも出てくるはずだが,私としては攻守の切り替えこそがこのチームの最大の武器だと思っているので,何とか先発して欲しいと思っている。いずれにしても,今回の永井の活躍,世界に驚きを与えていることは間違いなく,海外クラブからのオファーを確実にしたと言ってもよいだろう。「ライバルはボルト」と言ってしまうこの男,本当に大したものである。

ついでに言っておくと,エジプト戦は右サイド・バック,怪我の影響もあったかもしれないが,酒井宏樹のオーバーラップが少なかったように思う。メキシコ戦では積極的な攻撃参加と彼の高速センタリングが見たい。

ということで,ここまで来たら,セミ・ファイナルも勝ち上がって,決勝でなでしこはアメリカを,そして男子はブラジルを撃破して欲しいものである。と言いつつ,男子は日韓による決勝を夢見ているところもあるのだが...(韓国のことである。絶対ないとは言い切れない)。いずれにしても,がんばれ,日本!!

ところで,男子の次戦は8/8早朝(8/7深夜)ということになるが,その日は私は仕事で松山に滞在予定である。松山と言えば,前回のアジア・カップの日韓戦を見ていた場所である。何とも偶然だが,また松山で深夜まで眠れぬ出張の夜を過ごす羽目になること必定である。また,スポーツ・バー行っちゃおうかな(笑)。

« Ed Bickertのアルバムはなかなか入手が難しい中で... | トップページ | やっと(?)揃えたJerry Bergonzi入りDave Brubeck3作 »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

待ってました!本当に毎日眠いですが、どうしても観たくなりますよね。おっしゃる通り、熱くなる試合で、映像とシーンが浮かびます。私も、引き分けの戦術はどうかなぁ、と考えましたが、勝つ、絶対勝つためには、どのチームも考えているのかも?確実に勝つことは、そういうことなのかなぁ、と日頃自分に無かった考えを学び勝負師を学びました。また、あれだけの距離の移動は、ロンドンオリンピックじゃないかも?です。

ひまわりさん,こんばんは。はい,見ずにはいられません。今夜もこれからフランス戦に備えて仮眠です(笑)。

今回の移動はそれでも島国英国だけにまだ楽だと思いますけどねぇ。アトランタ五輪の時は,南部(アトランタ,バーミンガム,DC,オーランド,マイアミ)に会場が寄っていたとは言え,移動距離は今回より長いのではないかと思います。ただ,飛行機の便数が違うので,むしろ英国内の移動の方が厳しいのかもしれませんね。でも私の海外出張もきつさでは今回の比ではないかも...(苦笑)。

いずれにしても,ここまで頑張ってきたんですから,男女ともにもうひと踏ん張りして欲しいものです。女子卓球チームの見せた涙,水泳のメドレー・リレー・チームが与えてくれた感動の再現を期待します。

今晩は!今夜この後なでしこがフランスと対戦ですね!私は、今弘前に来ております。残念ながら明日起きて結果を確認しそうです(^^;
朝から列車に乗りっぱなしでクタクタなんです!
それでも何とか決勝にいってほしいです!頑張れなでしこ!

 今日のセミファイナルのなでしこの所に、コメントを入れようと思いましたが、なぜか、活字が大きくなり、巨大化していたので、こちらに書きます。
感じたことを、本当、上手に文にされますね、、まさに、そうです。後半は、とても見ていられないくらい、こちらも緊張の連続でした。ただ、勝つと言う事はすごいです。バレーボールの女子もそうですが、勝つエネルギーは、本当に大きい。でも、もう、寝不足がピークで、栄養ドリンクを飲んでも、フラフラですが、応援せずにはいられません。サッカー男子も、3位決定戦がありますから、雄姿を観たいです。勝敗には、関係ない、と、日頃考えて暮らしていますが、勝ちをつかむ人達の行動や、運をみていると、こちらまで、動かされるものがあります。運命の女神が本当に存在しているように思えるし、あやかりたい自分もいます。でも、多くは、日頃のたゆまぬ練習なんでしょうね。

takeotさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

私はなでしこのゲームは最後まで見たのですが,U-23は前半終了した段階で寝てしまうという体たらくでした。フランス戦はよく勝ちましたが,アメリカの士気が高まってますからねぇ。苦戦は必至でしょうが,粘り腰で頑張って欲しいと思います。

ひまわりさん,こんばんは。なぜコメントの文字が巨大化したのかは???ですが,お手数をお掛けしまして申し訳ありません。

運も実力のうちとはよく言ったものです。バレーボールがまさにそうで,中国によく勝利したことはほめるべきこととして,次の相手が予選で完敗を喫したロシアではなくブラジルということは,日本にとってはラッキーなことだったのではないかと思います。もう一戦もアメリカ~韓国の戦いとなり,たとえ準決勝で日本が負けても,おそらく3位決定戦は相性のよい韓国が相手になる可能性が高いですから。こういうのを運というんでしょうねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55355727

この記事へのトラックバック一覧です: 五輪サッカー,男女ベスト4進出という快挙:

« Ed Bickertのアルバムはなかなか入手が難しい中で... | トップページ | やっと(?)揃えたJerry Bergonzi入りDave Brubeck3作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作