最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,Jon Lord | トップページ | マンガだと思って見れば面白い「アメイジング・スパイダーマン」 »

2012年7月18日 (水)

懐かしのStones初来日の模様がアーカイブ・シリーズで登場!

Stones_tokyo_dome_2 "The Rolling Stones Live at the Tokyo Dome" The Rolling Stones (Rolling Stones Archive)

全6作のリリースが予定されているStonesのオフィシャル・ブートレッグ・シリーズであるが,何と第4弾は1990年の彼らの初来日時の東京ドームにおけるライブであった。正直言って,私はそれまでずっとBeatles派であり,Stonesについてはまぁ聞かないことはないけど...程度の聞き方しかしていなかった。だから,彼らの初来日が決まった時もチケットを取っていたわけではなかったのだが,当時の会社の同僚からチケットを譲ってもらって東京ドームに行って,完全に私は自分の認識の甘さを痛感した。まさにプロフェッショナル,素晴らしいライブであった。インダストリアル化しているって批判もあるかもしれないが,この音源を聞けば,そんなことはどうでもええわということがわかるだろう。

初来日時の模様が何らかのかたちで放送されていたかどうかは定かではないが,"Ruby Tuesday"は後にライブ盤"Flashpoint"に東京の音源が採用されていた(その他にも東京の音源はあるかもしれないが,この曲はMickの日本語のMCがかぶっているから間違いない)から,何らかのかたちで録音はされていたはずである。それはさておき,あれから22年の時が経ち,オフィシャル・ブートレッグという形態でも何でもこうして正式にリリースされたことは誠にめでたい。

この音源を聞いていて私は90年2月の東京ドームの模様を思い出していたのだが,あぁそうだったよなぁなんて思いつつ回顧的な気分でこの音源を聞いていた。90年2月と言えば,私は渡米後の行き先も最終的に決まっておらず,落ち着かない気分でいた頃であるが,この頃には私にも本当にいろいろなことがあった。人生において,後悔しても後悔しきれないことがあったのが渡米後のタイミングであったりして(人さまに言うようなことではないが...),90年前後(89年~91年と言ってもよい)はまさに激動期であった。そうしたタイミングにこのStonesの初来日もあったのだと思うと,ある意味象徴的にも思えてしまう。正直言って,私は渡米前後で性格に変化が生じたことを自覚しているのだが,そうした激動期,あるいはStonesをまじめに聞き始めた頃ともそれはかぶるのである。

Stones_tshirt まぁ,それはさておきである。90年2月,東京ドーム10回公演と言う空前の規模で開催されたStonesのライブは,私の記憶でもここに収められた勢いのままであった。そんな懐かしい音源を今,ネットからのダウンロードで聞けると言うところにも時代の流れを感じてしまうが,それでもあの時の自分を忘れたかのように乗らされてしまった私が何とも懐かしく感じられる音源である。全24曲,2時間を越える音源が,毎度のことながらFLACで9ドルってありえないよなぁ。MP3なら7ドルだし...。今回もお馴染みマーチャンダイジングもありなので,東京ライブってこともあり,ついついベロ・マークのTシャツ(結構シンプルなデザインだが,だからこそいいのだ)も発注してしまった私である(我ながらアホや~)。いずれにしても,この音源を聞きながらあの時を思い出しながら歌ってしまった。家族には決して見せられない姿だが,いやぁ,やっぱりええですわ,Stones。

レコード・コレクターズ誌最新号は本作のリリースを知ってか知らずか,Stonesのベスト・ソングス100特集だが,アーカイブ・シリーズの紹介も掲載されていながら,本作には全く触れられていないから,いつものことながら,何の前触れもなしにリリースされたってことだろう。いずれにしても日本のStonesファンなら必聴の音源。楽しくも懐かしい。

Recorded on Live at 東京ドーム on February 26, 1990

Personnel: Mick Jagger(vo, g), Keith Richards(g, vo), Charlie Watts(ds), Ronnie Wood(g, vo) and Bill Wyman(b) with Bobby Keys(sax), Chuck Leavell(p, key), Lisa Fische(vo), Cindy Mizelle(vo), Bernard Fowler(vo), Matt Clifford(key, fr-h) and the Uptown Horns

« 追悼,Jon Lord | トップページ | マンガだと思って見れば面白い「アメイジング・スパイダーマン」 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さんこんにちは。
音響環境が最悪なドームでどうかなと思いましたが視聴してノープロブレムで早速購入しました。が、ダウンロードエラー続出で結局聴けずじまい(涙) ビルワイマン最後のツアーなんですよね。早く聞きたいもんです

こんにちは。
つい この間 新聞に(読売)ストーンズの記事があって さらっと読んだだけなのですが゙ ずっとメンバー変わらず続けてきた ゙とのことすごいなぁと思っていたところです。

ベロマークのハイボールもスーパーのお酒コーナーでみかけました(笑)
きちんと聴いたことはなく 全米トップ40で 「アンダーカバー…」がヒットした時に わぁ〜〜(いろんな意味で 笑)と思って聴いてました。

幅広いファンがいる ビートルズに並ぶバンドですね。

こんばんは。

なつかしくてコメントしてしまいました。

ストーンズの初来日、大阪から見に行きました。東京のツレが前から10列目くらいのチケットを取ってくれたので(^^

大阪城ホールのミックのコンサートも見に行きましたが、東京のドームの圧勝でした。

記憶も定かではありませんが、デビュー直後に出たLIVEアルバムの「サティスファクション」がスタジオバージョンとテンポが全く違いました。一発で参りました。

ビートルズは唯一無二ですが、ストーンズはミックとキースがいる限り転がり続けるストーンズです。

とっつぁんさん,こんにちは。返事が遅くなりました。もう音源は聞かれましたか?結構いい出来ですよね。あと2作は何が出るのか楽しみです。

Marlinさん,こんにちは。返事が遅くなりました。

今年はStones50周年ということでかなり盛り上がっていますが,そうした中でこういう音源が出てくるのは日本のファンとしてはかなり嬉しいです。サントリーは完全便乗モードですが,それだけ彼らの人気が根強いってことですね。それにしてもMickは若いです。どんな鍛え方をしているのやら。見習いたいですね(笑)。

ブラウンさん,こんにちは。返事が遅くなりました。

私はMickのソロは行っていませんが,ツトム・ヤマシタが出てたやつですかね。TVでちらっと見たような気がしますが,やはりKeithがいないと…って感じでうよね。いずれにしても,この時のライブはいいイメージが残ってましたが,自分の記憶以上に楽しめました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55215557

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのStones初来日の模様がアーカイブ・シリーズで登場!:

« 追悼,Jon Lord | トップページ | マンガだと思って見れば面白い「アメイジング・スパイダーマン」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作