最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« あまりにJon Andersonそっくりで笑えるBenoit David入りYes | トップページ | Peter Serkinの現代音楽集:うだるような暑さの中で聞くにはいいねぇ。 »

2012年7月31日 (火)

Richie Beirach:こんな猛暑にはこんな音楽でも

Richard_beirach_hubris "Hubris" Richard Beirach(ECM)

世の中はとんでもない猛暑である。こんなに暑いと通勤時間も堪えるし,外に出掛けるのも億劫になってしまうが,そういう時には暑苦しい音楽を掛けて,それよりはましだ!と考えることも一つの手(実は私はよく使う手である)だが,それがどちらかというとマゾヒスティックな部分もあるとすれば,正攻法は涼やかな音楽を聞くことに決まっている。では涼やかな音楽って何だ?と聞かれると答に窮するわけだが,このアルバムなどは聞いていて暑苦しさを感じさせないという点では丁度いいのではないかと思う。

本作はRichie Beirachが1977年にECMに吹き込んだ初のソロ・アルバムであるが,最初の国内盤が出た頃の邦題は確か「パール」だったはずだ。"Hubris"という原題を直訳すれば「傲慢」となってしまうわけだが,こんなアルバムに「傲慢」とつけるBeirachの気が知れない(笑)。彼はECMのプロデューサー,Manfred Eicherと仲違いした結果,彼の参加しているアルバムはECMのカタログから姿を消すという憂き目にあったわけだが,何が本当の原因かはよくわからない。しかし,Beirachのアルバムは結構いいものが多かっただけに,Eicherも大人げないなぁなんて思いつつ,Beirachは何をやらかしたのかと思いたくなってしまった。

それはさておきである。このアルバムを初めて聞いたとき,私はこれのどこがジャズなんだと思ってしまったのだが,今聞いてもジャズ的な感覚は極めて希薄。しかし,透明感があって,美しいピアノ・ソロが展開されていて,気持ちよくなってしまうのである。ジャケを見ていても涼しげな感覚はあるが,この暑苦しさが皆無の音楽ってのは今のような猛暑を忘れさせるには丁度いいねぇと思ってしまう。本来ならばLPのジャケを眺めつつ聞くのが正しいと思いたくなる作品である。

いずれにしても,本作がCDとしてリイシューされたのは日本だけで,本国のカタログではダウンロードのみ入手可能となっている。それでも,以前に比べればダウンロードだけでも入手できるようになっただけましという話もあるが,John Abercrombieとやった一部の作品なんてダウンロードもないぐらいの冷遇ぶりはいまだに変わっていない。そういう意味では本作がCDとして入手できる日本のリスナーはまだ恵まれていると考えるべきだろう。

それにしても美しい音楽である。ある意味,私の得意分野,膝を抱えて聞きたくなるような音楽だと言ってもよい。しかし,この猛暑の中では膝を抱えるというオプションは回避したくなるが,膝を抱えなくても,美しいものは美しいのである。こういう音楽を聞いて,素直にこの美しさに没入できなければ,それはある意味不幸なことである。ジャズであろうがなかろうが,この音楽に身を任せていれば十分に気持ち良いのだ。Keithのソロ・ピアノとも,Chick Coreaのソロ・ピアノとも違う美しさを持ったアルバムとして多くの人に推薦したいと思いたくなる好作品である。彼らのうちの誰を取るかはもはや個人の趣味の問題。私は「全部」と言いたくなる反則を繰り出すことにしたいが,やはりこの夏の猛暑を乗り切るために,何度か世話になること必定の音楽だと思う。星★★★★★。

ラストの"Invisible Corridor/Sunday Song - Monday"なんて最初の方は完全に現代音楽な響きだが,大概の現代音楽って熱くならないからいいんだよねぇ。現代音楽的響きの中から冒頭に演奏された"Sunday Song"のフレーズが聞こえてきた時の美的感覚は聞いてみなければ理解できないのだ。この曲だけちょっと浮いているが,それでもいいねぇ。

ということで,本作のおかげでちょっと涼しげになったところで,この次はPeter Serkinが弾いた現代音楽集でも聞くことにしよう(好きなんだよねぇ...,Peter Serkin)。

Recorded in June 1977

Personnel: Richard Beirach(p)

« あまりにJon Andersonそっくりで笑えるBenoit David入りYes | トップページ | Peter Serkinの現代音楽集:うだるような暑さの中で聞くにはいいねぇ。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

確かに低温というより氷温に近いゼルキンは、夏向きかも。ボクは高瀬アキで武満集を聴いていましたが。

ご無沙汰しております。
素敵なアルバムご紹介していただきありがとうございます。
今音楽が聞けるサイトで聴いてきました。涼しい~です。
サマーリスニングの為のアルバムと勝手に呼ぶことにしました。

再び・・・
なんかこのジェケット・・・と思い、持っているCDをごそごそしていると、出てきました・・・。こういう事が最近多いです。加齢って悲しい。でも、持っている事分からせていただき感謝いたします!

kenさん,こんばんは。「低温というより氷温に近い」とはうまい!座布団3枚。

というわけで,現在,Serkinを聞きながら涼んでおります(笑)。

メルセデスさん,こんばんは。お久しぶりです。「サマーリスニングの為のアルバム」というのはその通りだと思います。まぁ,このアルバム,冬に聞いてもそれはそれでいいですけどね。夏には夏のよさ,冬には冬のよさを感じさせる音楽ですね。

私も保有しているCDがどこにあるかがわからないことはしょっちゅうありますし,最近はダブリ買いがそんなにないとは言え,昔に比べれば絶対増えました。歳は取りたくないですねぇ...(苦笑)。

私もECM時代のBeirach好きです。特にHubrisは、Releaseされた頃はJazzを聞いていなかったので、Beirachを知る由もなかったのですが、偶然Sunday Songだけは或る映画のSoundtrackとして聞いてずっと気になっていた曲でした。それが、BeirachのSunday Songだと知ったのはHubris発表後10年も経った時でした。しかし、Sunday Songという曲だと分かった時の感激は今でも忘れません。Sunday Songの内省的で感傷的なMelodyを聞くと、自分の若かりし頃を思い出します。私にとっては、Summer Songという印象はないのですが(私の場合Summer Songというと、Bossa Novaを聞いてしまいますし、今年はずっとDominic Millerにはまっています)私の人生においてもとても大切な一曲だと思います。

こんばんは〜
ほんと つい暑い 暑いと言ってしまう毎日ですね。

膝を抱えてシリーズですね(^-^)
ボラーニとコリアのデュオみたいな感じですか?
あのアルバムも意外とクールダウン向きな気がします。

しかも 日本ではCDが手に入るのですね!

うぅ...いくらお金があっても足りない(><)

一応 メモしておきますφ(.. )

カビゴンさん,こんにちは。今日は早めの夏休み第一弾です。映画音楽ですか。わかるような気がしますねぇ。あの静謐なメロディっていろいろな映画のシーンに合いそうですから。

今回,このアルバムを取り上げたのは,暑苦しさを忘れるためというテーマですが,そうした効果はあると思いますよ。カビゴンさんがおっしゃるような意味で言えば,私の夏の音楽はレゲエですね。もちろん,ブラジル音楽もOKです。

Marlinさん,こんにちは。Corea~Bollani盤では私は膝は抱えませんよ(笑)。あれよりもっとリリカルで耽美的な感じが強いです。

Corea~Bollani盤は前半こそ現代音楽的な響きが強いですが,途中からはやはりラテンの血が感じられる演奏でしたが,Beirachにはそういう響きは希薄ですからちょっと雰囲気は違うと思います。

まぁ,それでもいいアルバムであることには間違いありません。

暑さを忘れる現代音楽(風)という意味では、5月ごろに出たHilary HahnとHauschkaの「Silfra]は素晴らしい作品でした。アイスランドのレイキャビクで録音したものです。

カビゴンさん,こんばんは。Hillary Hahnですか。彼女もいろいろやるんですねぇ。チャイコのヴァイオリン・コンチェルトも買ったまままだ聞いてませんので,まずはそちらをさっさと聞かねば(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55315579

この記事へのトラックバック一覧です: Richie Beirach:こんな猛暑にはこんな音楽でも:

« あまりにJon Andersonそっくりで笑えるBenoit David入りYes | トップページ | Peter Serkinの現代音楽集:うだるような暑さの中で聞くにはいいねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作