最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Adriana Calcanhottoのライブ盤は素晴らしい出来 | トップページ | メンツ買いのCarsten Dahlの新作 »

2012年7月16日 (月)

「未解決事件」:縦割りの弊害とろくでなし元警察幹部の発言

Photo 「未解決事件 グリコ・森永事件~捜査員300人の証言」 NHKスペシャル取材班(文藝春秋)

私の世代でグリコ・森永事件をおぼえていない人間はいないだろうが,結局未解決のままで終わってしまったこの事件を改めて振り返ろうというTV番組にシンクロした書籍である(ちなみに私はTV版は見ていない)。グリコ・森永事件はそれこそ所謂劇場型犯罪として非常に大きなインパクトを持っていたし,その後の書籍にもプロットにこの事件の影がちらつくなど,何らかの影響を与えたと言ってよいように思える。高村薫の「レディ・ジョーカー」然り,宮部みゆきの「模倣犯」然りである。私はTV番組は見ていないが,一体どういうことだったんだろうという関心もあり,この書物を手に取ったのだが,明らかになるのは警察という組織に縦割りの弊害が露骨に存在するということばかりである。

アメリカの映画を見ていても連邦捜査局(FBI)と地元警察の確執というのはよく描かれるわけだが,ここに描かれるのはもっと狭い府県警(大阪,兵庫,滋賀)間の壁の高さということになってしまうのではないかと思う。まぁ,アメリカでも州境を犯人がまたげば,追跡は不能になるなんてシーンは何度も見たから,どこの国でも同じようなものなのかもしれない。いずれにしても,この事件の顛末を踏まえて,現在は状況は改善していると信じたいが,警察の横の連携が取られてさえいれば,この事件は未解決に終わらなかったのではないかと今は思えるのである。

本書に書かれた内容は,警察関係者へのインタビューが中心になっているので,そこからだけではわかりえない事実もあろうし,全編を通じて同じような表現(警察に対する疑問)が繰り返し現れてくるのも仕方のない部分はあるだろうが,やはり表現の冗長性に関してはぬぐいがたい部分がある。本質的な大スクープもないのでは,ありがちな仮説ばかりが目立つ「徳川埋蔵金」やら「矢追純一のUFOシリーズ」みたいになってしまっても仕方がない(と言っても,この比喩をどれだけの人に理解してもらえるか...)としても,もう少し大胆な推論を加えるとかがあってもよかったのではないか。

もちろん,天下のNHKのやることだから,世間から簡単に突っ込みが入るような仮説を提示できるほど冒険心(度胸)があるとも思えないが,この程度ではそれ相応に時代を振り返るという意識は与えられたとしても,読み物としてはそれほど面白いとはやはり言えないだろう。そうは言いながら,私は回顧的な気分だけでページをめくっていたのも事実だが...。星★★☆。

尚,私がこの本を読んでいて最も虫酸が走る思いで読んでいたのが,『捜査幹部はこう語る - 四方修・元大阪府警本部長の「反論」』の部分(P.288~298)である。ここに書かれていること(四方の反論)はほとんど屁理屈に過ぎず,捜査の失敗すら認めず,強引に正当化しようというこの男の姿勢は不愉快極まりない。このお方,その後,見事に警察から私企業に天下ってのうのうと暮らしていながらこの発言とは恐れ入るしかないのだが,さすがキャリア組の発想は一般人(あるいは庶民)と違うわ。特に次の件はよくもまぁこんなことが言えるもんだと思ってしまった。

『「警察の捜査に失敗があった」と結ばれているが,警察としては失敗がなかったと考えている。むしろ,失敗したのは財物を取得できなかった犯人グループである。』

だとすれば,グリコの江崎社長の誘拐事件や,風評被害により,グリコや森永等の企業が被ったダメージ,更には犯人から暴行を受けた(カップルの)男性の被害はどうでもいいってことか?そういった全体の中でのプロセスを無視し,犯人グループが「財物を取得できなかった」から失敗だと平然と言ってのけるこんな男が警察の幹部をやっていては,「かい人21面相」におちょくられても仕方(四方?)がないわと思ってしまった。それこそ厚顔無恥と言われても仕方(四方?)あるまい。

いまだに忸怩たる思いを抱える当時の捜査員の心情など,この男には決して理解できないだろう。あぁ,いやだ,いやだ。

« Adriana Calcanhottoのライブ盤は素晴らしい出来 | トップページ | メンツ買いのCarsten Dahlの新作 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55200378

この記事へのトラックバック一覧です: 「未解決事件」:縦割りの弊害とろくでなし元警察幹部の発言:

« Adriana Calcanhottoのライブ盤は素晴らしい出来 | トップページ | メンツ買いのCarsten Dahlの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作