最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« また飲み過ぎた私... | トップページ | 豪華なメンツによるLewis NashのCellar Liveレーベルでの新作 »

2012年7月13日 (金)

Cassandra Wilsonの新譜は微妙な出来...

Cassandrawilsonanothercountry "Another Country" Cassandra Wilson(eOne)

どんなに好きなミュージシャンであっても,いくらなんでも...ってことはあるはずだ。今回のCassanda Wilsonの新作は強くそういうことを感じさせる。それは多くのリスナーにとっても同じだったはずだと思うが、やはり彼女が「オーソレミオ」はないだろうってことである。もちろん歌のうまい人であるから、イメージが違うだけという話もある。だが、この曲が作り出した違和感は最後までぬぐえない。

冒頭2曲は、CSN&Yさえ感じさせるアメリカン・ロック、或いはSSW的な響きでこういうのもありかなぁと思った私だったが、それは「オーソレミオ」で一気にさめた。更にどう考えてもCassandraには合いそうにないボサノヴァ調の"Almost Twelve"があって違和感が増幅され,最後のコーラス入りの"Olomuroro"でもうどうしようもなくなってしまうのだ。そもそも彼女の声でボサノヴァを歌って欲しいと思うリスナーはそういないだろうし,更に何なのかあのコーラスはって感じである。これはNeil Youngの近作にもあったことだが,コーラスを入れることがどっちも全然いいと思えなかったのである。

私はCassandra Wilsonの歌手としての実力は高く評価しているので,その実力を発露するために彼女がいろいろトライしたくなる気持ちは理解できる。だが,それはリスナーの心に寄り添って初めて認められるチャレンジであるはずである。私にはこのアルバムを聞いていて,「私のやりたいようにやらせてもらったけど,私って何でもできて凄いでしょう?」という感覚が付きまとってどうしても高く評価できないのである。

私にとって,これはCassandra Wilsonの新機軸ではあっても,本質とは思っていない。共同プロデュースをしたFabrizio Sottiというギタリストの指向も強く反映していると思うが,それでもこれは私としては評価したくない。私が彼女に求めるものはディープに,ルーツをあぶり出すような取り組みである。このアルバムを聞いていても,彼女のいいところを感じられなかったと言っては言い過ぎかもしれないが,それにしてもである。

歌のうまさは認めても,私にはどうしても評価できないアルバムとして星★★。こんな音楽をやるためにBlue Noteを離れたとすれば,それは大きな間違いだと言っておきたい。

演奏も歌も悪くないが,それでもこれはやっぱり認められないし,認めたくないのである。ファンはわがままなのだ。だからこそ点が辛くなる。どうせなら次はJoe Henryのプロデュースでアルバムを作って欲しいものである。

Personnel:追ってアップ予定。

« また飲み過ぎた私... | トップページ | 豪華なメンツによるLewis NashのCellar Liveレーベルでの新作 »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

今晩は!カサンドラの新譜という事でどうなのかなと思っておりましたが、買わなくて良かったです!別のアルバムを購入します!

takeotさん,こんにちは。本来ならばご自身でお聞きになってご判断頂くのがベストですので,少しでも試聴できれば試聴してみて下さい。ただ,私にはこれはダメでした。前作がよかっただけに,ちょっとなぁって感じです。

自分の中では、ノラ・ジョーンズがBlue Noteレーベルであれだけ売れてしまう時代なので、まあ、これはこれでアリかな、とも思います。

ただ、やはり彼女はダークな方が向いているな、と思う部分もあるのですが、今回はちょっと寄り道をしてみました、的に聴いていると、まあいいんじゃないかな、とも思います。次作は原点回帰でしょうか。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

これは私の求めるCassandraではありませんので,辛口になってしまいましたが,いずれにしても微妙です。次作に期待します。

追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/55182372

この記事へのトラックバック一覧です: Cassandra Wilsonの新譜は微妙な出来...:

» Another Country/Cassandra Wilson [ジャズCDの個人ページBlog]
6月に発売されていて手元にあり、まだ聴いてないジャズCDがこれを含めてあと3枚あ [続きを読む]

« また飲み過ぎた私... | トップページ | 豪華なメンツによるLewis NashのCellar Liveレーベルでの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作