2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 新たに発見されたRichard Teeのライブ音源 | トップページ | 追悼:尾崎紀世彦 »

2012年6月 4日 (月)

W杯アジア最終予選第1戦について思う

_ アジア最終予選初戦ということで実はどうなることかと思っていたのだが,3-0というスコアからも明らかな通り,まずは完勝と言っていいだろう。オマーン相手のアジア最終予選第1戦は,相手にほとんどオフェンスの機会を与えなかった日本代表のディフェンス力をほめる必要もあるだろうが,それよりも何よりもオマーンが攻めてこなさ過ぎのように感じたのも事実である。

得点シーンを振り返れば,まずは1点目は完全にフリーの本田にピンポイントのクロスを入れた長友もえらいが,ちゃんとそれをインサイドのボレーで入れる本田は評価しなければならないだろう(サイド・ネットを揺らしていれば更に評価は高かったが...)。前半は先制後,どうも締りのないゲーム運びでいらいらしたが,後半10分経たないうちに2点を追加したのは,ハーフタイムでの修正が効いたということだろうか。前田の2点目はオフサイドぎりぎりに思えたが,よくキーパーをかわして入れたし,3点目の岡崎のゴールも粘り勝ちって感じの得点であった。日本代表=決定力の欠如と言われたのが嘘のようなゴール・ラッシュである。もちろん,前半の岡崎のヘッドみたいにあんだけフリーではずすなよ!みたいなシーンもあるから,完璧とは言えない。まぁ,しかしオフェンス,ディフェンスともにまぁよく頑張ったということにはなるだろう。

しかしである。このオマーン戦を見る限り,確かに日本代表は悪くはないが,オマーンが悪過ぎたという方が正確だろう。オマーンはオフェンスの意識も低く,スピードもないのでは,これが本当に最終予選に出てくるチームなのかと言いたくなってしまった。中東のチームらしさが全然感じられないのだ。逆に言えば,こんなチームが相手なら勝って当たり前(というか,なんでこんなチームにオーストラリアは負けたのか?)だが,第2戦のヨルダン戦が同じような調子で行くとは到底思えないのである。

私はオマーン戦を見ていて,「勝って兜の緒を締めよ」という当たり前のフレーズが頭をよぎってしまった。正直言って,日本代表にはつまらないパス・ミスもあったし,完勝と言えども,それは完璧ということではない。次戦のヨルダン,更には来週はアウェイでのオーストラリア戦を考えれば,オマーン戦の勝利はある程度横に置いておいて,ヨルダン戦こそが初戦だという意識を持った方がいいように思えるのだ。多分,ザッケローニも長谷部キャプテンはそれを理解しているはずなので,きっちり修正してくることを期待したい。

ホームでいい形で勝ち点3を取ったことは,大変喜ばしいことである。しかし,以前にも書いたとおり,W杯は国と国の威信を賭けた戦争なのだ。是非,気を緩めずヨルダン戦も勝利して欲しい。もちろん,勝利を確信して私は応援する。

« 新たに発見されたRichard Teeのライブ音源 | トップページ | 追悼:尾崎紀世彦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。良い試合でした!次のヨルダンは手ごわいですよね!正念場の戦いですね!

takeotさん,こんばんは。ヨルダンは手ごわいのは間違いないでしょうが,今の日本のオフェンスは結構破壊力がありますから,きっとやってくれると信じます。

オマーン戦は香川が効いていた(ゴール前の動きはやはり鋭かったです)ので,ディフェンスが引きつけられた結果,本田,岡崎あたりの自由度がかなり高まっているって感じもありましたね。2戦目は戦術を変えてくるかもしれないなぁなんて思いつつ。楽しみに待ちましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54869858

この記事へのトラックバック一覧です: W杯アジア最終予選第1戦について思う:

« 新たに発見されたRichard Teeのライブ音源 | トップページ | 追悼:尾崎紀世彦 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作