2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Bob Welchを偲んで彼の在籍中のFleetwood Macを聞く | トップページ | グルーブを生み出すのに失敗したRobert Glasper@ビルボード・ライブ東京 »

2012年6月13日 (水)

負けなくてよかったオーストラリア戦

Photo それにしても厳しい試合であった。オマーン,ヨルダンとの2戦が,ほとんど楽勝ムードだったのとは大違いである。見てる方としてはハラハラしながらというのが本音であるが,とにもかくにも負けなくてよかった。

前半の立ち上がりから,オーストラリアの攻撃は,ハイ・ボールのロング・フィードでディフェンスの頭を越そうというものばかりだったと思うが,あのワンパターンの攻撃をどうして止められないのかと思いつつ,オーストラリア・オフェンスのスピード,特に清水でプレーするアレックスの加速,球出しには何度も頭を抱えさせられたのも事実である。ケイヒルを止められないのも,そのスピードについていけていないからと思える。だから,パターンはわかっていても,多分止められないというのが実態だろう。

日本も攻められるばかりではなく,それなりにオフェンス的な見せ場もなかったわけではないが,前半はオーストラリア優位に試合が進んだと言ってもよい。日本はピッチが悪いのにボール回しが多過ぎてイライラする展開があったのも事実であるが,あのピッチ状態であれば,オーストラリアのスタイルに分があっても仕方あるまい。

だが,後半の10分過ぎに相手ディフェンスが2枚目のイエロー・カードで退場になった段階で,日本代表が数的優位を築いてからは,完全に日本のペースとなったのは明らかだ。更に先制した時,更にはその前後のボール回しを見る限りにおいてはこれで勝負あったかと思いきや,その後の怒涛のオーストラリアの攻撃には何度も肝を冷やす思いであった。内田がイエロー・カードをもらった反則(PK)はどこが反則なのか,プレイバックを見ていてもわからなかったのだが,それはそれで仕方がないとしても,最後の最後まで気が抜けない状態だったのにはさすがに疲れた私である。そんな状態であったから,今回の戦いでは長友がオフェンシブな観点で目立つチャンスがほとんどなかったし,香川も厳しいマークでフィニッシュまで持っていけないシーンも見受けられた。

いずれにしても,今回勝ち点1を取ったのは結果的には悪くないとしても,オーストラリアの攻撃への対処についてはまだまだ改善の余地があることがわかったのだから,オーストラリアとの次戦は来年(約1年後)とは言え,同じような術中にはまらないようにきっちり作戦を練って行って欲しいものである。その一方で先制点をアシストした本田は絶対に褒めなければならない。ディフェンスを引きつけておいて,最後にゴールを決めた栗原は流し込むだけの完全なごっつぁんゴールである。今回の3連戦における本田は,本当に調子がよかったと言えると思うが,それにしても見事なドリブルからのラスト・パスであった。

だが,勝ち点1は取ったものの,累積警告で次戦のホームでのイラク戦に今野,内田,栗原が出場できないというのはかなりきつい。先日怪我をした吉田は幸い全治3週間だったらしいので,イラク戦には出場できるとしても,センター・バックにもう1枚駒が欲しいというところだろう。内田の代役は酒井がきっちり果たすはずだ。激しくオーバーラップして,高速クロスを放り込む酒井が見たい!いずれにせよ,ザックがディフェンスの追加メンバーとして誰を招集するかが見ものである。伊野波を先発で出してもいいが,今野と栗原の分の駒(バックアップ・メンバー)が足りないところをどう埋めるかである。ここは闘莉王も面白いんだけどなぁ。それでは言ってることが川平慈英と同じか(苦笑)。

最後に,今回の主審のジャッジには「う~む」とか,「なんじゃそりゃ?」となってしまうことが結構あったのだが,最後は普通,ラスト・プレーとして日本に直接フリー・キックは蹴らすだろう。あれはない。あそこでの笛は絶対にない。場所がよかっただけに,何とも不可解な感覚だけが残ってしまった。それが「アウェイ」ですと言われればその通りだが,それでもあのジャッジはない。

それでも,3戦終わって断トツでのトップは非常に嬉しい。このままトップを譲らず,あっという間に本選出場を決めてしまえ!日本代表!!

« Bob Welchを偲んで彼の在籍中のFleetwood Macを聞く | トップページ | グルーブを生み出すのに失敗したRobert Glasper@ビルボード・ライブ東京 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!昨夜は試合終了後にすぐコメント入れて疲れて寝てしまい、今朝1番にこのブログを拝見しました!昨夜の振り返りが出ていると思ったので!今朝少し冷静になって思ったのは、本当に負けなくて良かったと言うことと最期のフリーキックは蹴らせろよ!でした!次回は9月のイラク戦で相手の監督はジーコなんですね!
これまた面白いことになっておりますが、仰る通りディフェンスが心配ですね!頑張れ!日本!

takeotさん,こんばんは。

オーストラリア戦は数的優位を築いても,ロング・ボールに弱い日本の守備が露骨に出ていました。あれを修正しないと本当に次はホームとは言え,またもオーストラリアに苦戦を強いられるはずです。まぁでも,今回は敵地で引き分けですから,最低限のポイントはゲットしたわけで,これはこれでよかったんでしょうね。

しかし,あのレフェリーはいかんですよ。内田のファウルは,あれをファウルにしていたら,コーナー・キックでは必ず警告が出てしまうことになります。また,ラスト・プレイについても,終了直前ならファウルを取られても時間切れになるから大丈夫だという理屈が成り立ってしまいます。あれは絶対ダメですよ。どうも納得がいきませんねぇ。

今日仕事中、
営業車で都心部を流していたら、
川島選手を見かけました。
さすが、一流選手は体格がいいですね。

HamaVenturiniさん,こんばんは。川島ですか。昨日は彼に随分と助けられましたよねぇ。

私は先日,新横浜の駅で西部ライオンズ御一行様を見掛けましたが,彼らもでかかったですね。特におかわり君(笑)。監督もでかかったなぁ。でも彼らがスーツ姿で喫煙所にたむろしている姿はあまりかっこよくなかったですけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けなくてよかったオーストラリア戦:

« Bob Welchを偲んで彼の在籍中のFleetwood Macを聞く | トップページ | グルーブを生み出すのに失敗したRobert Glasper@ビルボード・ライブ東京 »

Amazon検索

2018年おすすめ作