2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« タイミングよく音楽の記事が書けない私... | トップページ | 新譜は一休みで懐かしのDoobiesで息抜きする私 »

2012年6月24日 (日)

70年代音楽「は」楽しい「ダーク・シャドウ」

Dark_shadows 「ダーク・シャドウ("Dark Shadows")」('12,米,Warner Brothers)

監督:Tim Burton

出演:Johnny Depp,Michell Pfeiffer,Eva Green,Helena Bonham Carter,Bella Heathcote

この映画,結構評判がよろしくない。シナリオに無理があるのはよくわかるので,映画的にはそうかもしれないし,ファンタジーとしても今イチの中途半端感があるのは事実である。いろいろな方の意見を拝見していると,TVでのCMではコメディ的な部分を打ち出していたこととのギャップについて触れている方もいらっしゃるが,"Adam's Family"じゃないからねぇなんて思ってしまう私である。その辺はまぁさておきってことである。

そんな私がこの映画を見ていて楽しんでしまったのが,舞台となった1972年当時の音楽を散りばめてあることであった。それが懐かしくも楽しく,映画の筋と関係ないところで楽しんでしまったのである。こうした楽しみ方ができるのはある程度の年齢層以上ということになってしまうので,若い人にはちょっと厳しいかもしれないが,私の年代にはストレートに訴求してしまう部分がある。しかし,Christopher Leeのカメオ的出演はさておき,現在のAlice Cooperを72年当時のCooperとして引っ張り出すことにはかなり無理はあって,そこは苦笑せざるをえなかったが...。

だが,冷静に映画としての本作を評価すれば,そこそこ楽しめるとしても,シナリオの弱さはどうしようもない。エンディングやその他の件においても半ば辻褄合わせのようなストーリー展開なので,かなり無理があると思わせるのはいかんともしがたい。まぁ,エンタテインメントの一環として見てればいいので,どうこう難しいことを言う必要もないような映画だが,一番楽しめてしまうのが音楽ってのはやはり問題ありだろう。

いずれにしても,1972年の時代感を楽しめるかどうかによって,だいぶ感覚に違いは出ると思うが,映画としては星★★☆ってところだろう。いずれにしても,巷では大人気のJohnny Deppだが,私は相性よくないねぇ。

ところで,クレジットを見ていて,懐かしやJackie Earle Haleyの名前を発見である。私にとってはHaleyと言えば「がんばれ!ベアーズ」だが,Tatum O'Nealは何やってんだろうなぁ...(遠い目)。

« タイミングよく音楽の記事が書けない私... | トップページ | 新譜は一休みで懐かしのDoobiesで息抜きする私 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ティム・バートンとジョニー・ディップの作品は 小林幸子さんが紅白でどんな衣裳を着るか みたいな感覚で 注目してしまいます(笑)

今回も ジョニー・ディップ 変身しましたねぇ。
素顔は素敵なのになぁ。

ストーリーは どちらかといえば 前の記事の「幸せへのキセキ」のほうが観たいかもです。

Marlinさん,こんばんは。小林幸子のたとえ,笑いました。なるほどねぇって感じです。

いずれにしても,メイクをしていようがいまいが,Deppは本当にいいと思ったことがあまりないんです。見てないだけなのかもしれませんが。これはこれでいいんでしょうが,私は映画としては「幸せへのキセキ」の方がはるかに好きでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 70年代音楽「は」楽しい「ダーク・シャドウ」:

« タイミングよく音楽の記事が書けない私... | トップページ | 新譜は一休みで懐かしのDoobiesで息抜きする私 »

Amazon検索

2018年おすすめ作