最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 抱腹絶倒とはいかなくてもクスクスできる「テルマエ・ロマエ」 | トップページ | 水戸にて食した凄いボリュームのそば »

2012年5月16日 (水)

辻褄合わせに過ぎない「エス」

Photo 「エス」 鈴木光司(角川書店)

ゲリラ・プロモーション等を通じて「貞子3D」が話題になる中,その原作として出版されたのがこの本である。鈴木光司については「エッジ」をこのブログで酷評したことがある(記事はこちら)が,今回は久々の「リング」シリーズだけにまぁ読んでみるかということで手に取ったがこれがやはり失敗であった。

「野生時代」に掲載された1章,2章はそれなりの不可思議感もあって,結構期待しながら読んでいたのだが,今回この本のために書き下ろされた3章,4章でこの人の悪い癖である「説明的」な展開に堕してしまうのである。これでは何のこっちゃにしかならないし,肝腎の貞子の出番が...って感じなのでは,これを映画の原作としていいのかとも言いたくなる。映画の方は未見だが,あれはどう考えても山村貞子のキャラが前面に打ち出されていることを考えると,映画とは明らかに違う。

ビデオ・テープの時代から,PCにおける画像の世界へと変容するというのはよかったのだが,この辻褄合わせに過ぎないストーリーは,あの超愚作「ループ」と同じような感覚を覚えさせる。これこそデジャブではないか。ということで,この作品で鈴木光司を完全に見限った。「エッジ」でやめておけばよかったのだが,まんまとメディア・ミックスにやられた私である。星★。もう彼の本を買うことは金輪際ないと言い切っておこう。最悪。

« 抱腹絶倒とはいかなくてもクスクスできる「テルマエ・ロマエ」 | トップページ | 水戸にて食した凄いボリュームのそば »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

最近の鈴木さんは打算的・・・。

そんな気がしてます。
いまいち、ちょっと過去の作品を引っ張りすぎかも。

エスの記事を探してたら、どこかのブログのコメントに載ってたんですけど、なるほどなって。

まゆさん,こんにちは。おっしゃるとおりですね。

で,大変申し訳ないですが,コメントに書かれておりましたリンクは勝手ながら削除させて頂きました。内容が実によくわからないサイトだったものですから。ご了承願います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54719174

この記事へのトラックバック一覧です: 辻褄合わせに過ぎない「エス」:

« 抱腹絶倒とはいかなくてもクスクスできる「テルマエ・ロマエ」 | トップページ | 水戸にて食した凄いボリュームのそば »

Amazon検索

2017年おすすめ作