2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々にAndy Summers & Robert Frippを聞く | トップページ | 辻褄合わせに過ぎない「エス」 »

2012年5月15日 (火)

抱腹絶倒とはいかなくてもクスクスできる「テルマエ・ロマエ」

Photo 「テルマエ・ロマエ」('12,東宝)

監督:武内英樹

出演:阿部寛,上戸彩,北村一輝,市村正親,宍戸開,竹内力,笹野高史

ヤマザキマリの原作は読んだことはないが,何となく笑いたいという感覚もあって見に行ったのがこの映画である。主題にも書いたとおり,抱腹絶倒まではいかないが,全編に渡ってクスクスしながら見られる映画である。

まぁ,ケチをつけようと思えばいくらでもつけられる(少なくとも話や時間軸は相当に無茶苦茶)が,こういう映画はバカバカしさを楽しめばいいのだという感じである。CMとのタイアップなど,メディア・ミックスも功を奏して,私が見た時は満席というヒットぶりであるから,こうしたバカバカしい笑いを求めている人が結構多いということだろうか。メディア・ミックスあるいはプロモーションという観点では「貞子3D」もなかなか強烈だが,今年を振り返るとき,この2本の映画の宣伝ぶりが思い出されるかもしれないと思えてしまった。

それにしても,ローマ人に扮する役者陣の顔の濃さには実際に笑えるが,「平たい顔族」との落差がでか過ぎである。それを見ているだけでも可笑しいのである。世の中の憂さを暫く忘れて笑っていられる映画って貴重だなぁとも思う。ということで,点数も甘くなり半星オマケで星★★★☆。これだけヒットすると,続編もありかねぇ...。

« 久々にAndy Summers & Robert Frippを聞く | トップページ | 辻褄合わせに過ぎない「エス」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
わたしも この映画 観たくてパンフレットを前にもらってきました。

パンフレット読んでいるだけでも笑えます。
イケメン阿部さんが 演じるので なおさら笑えます。
きっとわたしは 抱腹絶倒だと思います。
ケロリンの洗面器もウケる〜
ダンナサンと行けば安くなるので誘っているのですが 彼は この手のコメディは あまり好きでないようです…
おもしろそーなのに。

マーリンさん,こんばんは。

抱腹絶倒かどうかは別にしても,暗い世の中にはこういうのも必要だと思いますねぇ。ダンナさんはどういう映画がお好みなのかわかりませんが,ものは試しだと思いますが。

ちなみに「ケロリン」,「フルーツ牛乳」,「マッサージ機」とか銭湯が懐かしくなるんですよねぇ...。

こんにちは
あまり映画を観ない私が久しぶりに映画館へ行った
のがこれでした
面白かったです
ハリウッドでアメリカ人役者が多国籍役柄なのだから
これもOKですね:)
映画館へ行ったのは「ママ・ミア」以来です

HamaVenさん,続けてこんにちは。

私は月に1本は映画を見に行きたいと思っているのですが,なかなか難しいですね。結局今年はまだ3本しか見ていないですかねぇ。次に何を見に行こうか悩むところですが,6月以降で挽回したいです。しかし5月から6月に掛けて気になるライブ目白押しで映画は無理かなぁって感じです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54705247

この記事へのトラックバック一覧です: 抱腹絶倒とはいかなくてもクスクスできる「テルマエ・ロマエ」:

« 久々にAndy Summers & Robert Frippを聞く | トップページ | 辻褄合わせに過ぎない「エス」 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作