2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 辻褄合わせに過ぎない「エス」 | トップページ | 出来のいいピアノ・トリオだが,ECM色は希薄なSteve Kuhnの新譜。でもこれはよい。 »

2012年5月17日 (木)

水戸にて食した凄いボリュームのそば

Photo 最近,仕事で水戸に出張する機会が多い私である。私は会社に入って最初の2年間,勝田市(現ひたちなか市)で仕事をしていたので,水戸は懐かしい街である。たった2年間ではあったが,完璧な茨城弁の使い手となって東京に戻ったことからしても,愛着がある証拠であろう。私は関西人ではあるが,今なら関西弁よりも間違いなく茨城弁の方がうまいはずだ(爆)。ついつい,水戸に行くとアクセントが変わってしまうのである。

それはさておきだが,水戸は日帰り圏なので,なかなか夜に現地の食を楽しむことは少ないのだが,今回は昼食でいただいた超弩級ボリュームのけんちんそばである。水戸と言えば「水戸黄門」だが,実はこのそばをいただいたのが「黄門そば」というお店である。営業は11時から14時までの3時間しかやっていないというのが潔いが,今回お邪魔した際には12:30過ぎにはそばが売り切れるという「人気店」である。なぜか?

写真のそばのボリュームを見て頂ければおわかりになるであろう。このボリューム(大盛だが...)で800円である。見ただけでお腹がいっぱいになってしまうような量だが,実際に食していてもなかなかそばが減らない。量という観点でのコスト・パフォーマンスを考えれば,ここを訪れる人が結構いることも納得いくだろう。それにしても凄い量であった。これでけんちんのお代り自由って,そんな奴がいるのだろうか?と一人ごちた私であった。もう暫くそばはいいかなぁみたいな感じである(嘘)。それにしてもびっくりした。だが,我ながらよく食うなぁ。だからメタボなのだ(爆)

また,甚だ余談ながら,出張中から左足に痛みが出てきて,東京に戻った頃には鈍痛に...。これは間違いなく痛風発作だろう。憂鬱になってきた。こんな大盛食ってる場合ではないのだ(反省)。

« 辻褄合わせに過ぎない「エス」 | トップページ | 出来のいいピアノ・トリオだが,ECM色は希薄なSteve Kuhnの新譜。でもこれはよい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。それにしても凄い大盛りですね!
通風気をつけてください。発作は大変ですから!私も昨夜怪しかったので慌てて薬を飲みましたよ!

私も20年ほど前北関東で行商していたころ
「黄門そば」行きました!
今もあるんですね

痛風はビール、チーズ類と
ストレスがよくないと聞いています
あと、家系・・・
わたしの父親が患ってました
お大事になさってください

こんにちは。
すごい量ですね〜

でも おいしそう(^-^)

わたしも たまたま 今日 うどんの記事になったのですが
うどんより お蕎麦のほうが カロリ-低いから大丈夫ですよ。

とはいえ 痛風 お大事に…

takeotさん,こんにちは。返事が遅くなりました。

いやいやこれはかなり強烈な量でしたが,食べられないことはなかったです。しかし,これはマジで質より量ですね(笑)。

Hama Venturiniさん,こんにちは。返事が遅くなりました。黄門そばに行かれたとはなかなかの通ですねぇ。水戸にもいろいろな店がありますが,定食屋とかも量が多いんですよねぇ。そういう土地柄なんですかね。

痛風は私はどうも体質的に尿酸値が高くなりやすいみたいなので,投薬治療しかないんですが,今回はいかにも発作を招きやすそうなものを食し過ぎたというのが実態でしょう。自業自得です。でも結構軽いんで反省しないんですよね。

Marlinさん,こんにちは。返事が遅くなりまして申し訳ありません。

まぁ,おいしいかどうかは別にしてコスト・パフォーマンスは高いですね。

痛風はだいぶましになりましたが,まだ痛みがあるので,薬でごまかしています。いかんですねぇ(苦笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸にて食した凄いボリュームのそば:

« 辻褄合わせに過ぎない「エス」 | トップページ | 出来のいいピアノ・トリオだが,ECM色は希薄なSteve Kuhnの新譜。でもこれはよい。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作