最近のトラックバック

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« いよいよクリポタである。 | トップページ | クリポタ観戦記:完全無欠の鬼ライブ »

2012年5月30日 (水)

なぜクリポタがフルハウスにならないのか。

ライブ観戦記は別の機会に譲るとして、クリポタ、更にはUndergroundのような超絶バンドの素晴らしいライブが、満席にならないってのは一体どういうことか。そうは言っても最終日のセカンド・セットはそれなりに集客できていたが、それを支えていたのは相当数のクリポタ信者(お知り合い多数)たちだろう。いずれにしてもこのようなライブの集客にも困るようでは、日本のジャズ・ファンのレベルを疑いたくなった。

耳心地、聞き心地のよいピアノ・トリオもいいが、こうした時代をリードするバンドのライブにはもっと注目が集まるべきだと言いたい。このライブに足を運べた人は、凄いものを見た、凄いものを聞いたと自慢すべきである。私がこれまで聞いたクラブ・デイトの中でも、最上位に入る演奏であったと思う。まさに聞かずに死ねるかってところである。

恐るべし、Chris Potter Underground。続きは改めてとするが、それにしてもいいものを聞かせてもらった。ありがとう、Chris Potter。

« いよいよクリポタである。 | トップページ | クリポタ観戦記:完全無欠の鬼ライブ »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

同意です。最終日の1stに行きましたが、boxシートは空きが結構有りました。長年待った来日公演なのに…次回はいつになることか。

こんにちは。
わたしも近かったら行きたかったよぉ〜

ライブレポ-ト楽しみにしてます♪

こんにちは、かつぞーと申します。

今回のコットンクラブ、初日と最終日にエントリーしていたのですが、初日の演奏が余りに素晴らしく、結局月曜も行ってしまい、全6セットを見た阿呆野郎です。

ご意見、全面同意します。
これを見に来ないようなヤツは、別にジャズファンでもなんでもない、何か別のモノの愛好家なのでしょう。

ただし、今回のオーディエンスは、かなり若い世代が多く、頼もしく感じました。

あたりさん,こんばんは。はじめましてですかね。コメントありがとうございます。

今回のライブ,多分最終日の2ndが一番客数は多かったんではないかと思います。でも客がいようがいまいが,彼らの音楽の素晴らしさには変わりはなかったと思います。私の人生でも相当に燃えたライブでした。本当にいいものを見せてもらいました。

Marlinさん,こんばんは。ロケーション的に厳しいですから仕方ないですが,とにかくお知り合い参戦率がこれほど高いってのは珍しいと思います。

それだけ多くの人が待ち焦がれ,期待していたライブだったということになりますが,一般人には関係ないというのが誠に残念でした。

しかし,クリポタ以下メンバーは手抜き皆無。プロですわ。

かつぞーさん,はじめまして。お名前はよく存じ上げております。

全6セットってのは凄いですが,逆に羨ましいです。あの演奏を聞かされては1回では満足できないと思うのも理解できます。私は都合2セットだけでしたが,それでも燃えてしまいましたから。

おっしゃる通り,今回のオーディエンスには若者が多かったですね。彼らはまだ見る目があるということにしておきましょう。それに比べて,完全デート・コースにしているカップルにはお生憎さまってところですか(笑)。

いずれにしても,6セット制覇は是非是非自慢して頂き,クリポタ信者を増やして参りましょう。

こんにちは。

おもいがけず、閣下にお会いできてうれしかったです。
覚えててくださって、よかったです。

聴かずに死ねるか、、

って、もんです。
予習にはりつけたYouTube、○○くらえ、て、もんです。

予想をはるかに超えて最強でした。
ハンサムだし。。

いかん。。

クリポタ、クリポタ、いぇーーい!

すずっくさん,こんにちは。TBありがとうございます。こちらもお目にかかれてよかったです。偶然ではなく,予想どおりでしたが...(笑)。そもそも「覚えててくださって、よかったです」って,忘れまへんがな。

ハンサムかどうかは別にしても,ナイスガイですよねぇ。好感度高し。本当に聞けてよかったです。2回目はたまたまですが,連絡を頂いたイタリア・ジャズの女神さまに感謝。

こちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54829540

この記事へのトラックバック一覧です: なぜクリポタがフルハウスにならないのか。:

» 華の都のChris Potter Underground Live! [My Secret Room]
華の都のChris Potter Underground Liveに行って、参り [続きを読む]

« いよいよクリポタである。 | トップページ | クリポタ観戦記:完全無欠の鬼ライブ »

Amazon検索

2017年おすすめ作