最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 | トップページ | 本日はお休みです。 »

2012年5月24日 (木)

入手には手間取ったが,待った甲斐もあったMarc Coplandの新作

Some_more_love_songs "Some More Love Songs" Marc Copland(Pirouet)

紆余曲折を経てようやくデリバリーされたMarc Coplandの新作である。本作もリリースしているPirouetレーベルだが,作品によって入手に時間が掛かることがあるのはどういうことなのだろう。同じCoplandの作品では"Alone"も結構苦労したが,今回も日本で発注,度重なる入荷遅れ,ついにはキャンセルを経て,結局英国から飛ばした私である。値段も安かったから文句はないが,それにしてもである。まぁいいや。

本作はタイトルからもわかる通り,2005年にリリースされた"Some Love Songs"の続編と言ってよいが,これぞCoplandに期待する美学が横溢したナイスなアルバムである。私はこのブログを始めてすぐぐらいにその"Some Love Songs"を取り上げている(記事はこちら)が,その頃は星のつけ方もややシビアで星★★★★としている。今だったら間違いなくもう半星ついているはずだが,それを考えればブログ開始当初に比べると私も甘くなったものだ。それはさておき,前作も美しいアルバムであったが,リスナーとしては同じ感覚の世界を期待するのは当然の話である。そして結果は期待通り。これぞCoplandって感じである。

"My Funny Valentine"のようにCoplandにしては意表を突いたスリリングな展開のアレンジメントもあることはあるが,基本的にはいつものCoplandの世界が炸裂している。冒頭を飾る"I Don't Know Where I Stand"はソロ・アルバム"Alone"でも演奏していたJoni Mitchellのオリジナルである。Joni Mitchell好きな私はCoplandが彼女のオリジナルを演奏してくれるだけでも嬉しくなってしまうが,この一曲だけでつかみはOKである。ここからしてたまらん世界である。"Alone"においてこの曲を聞いた時はちょっとイメージが違うかなと思ったのだが,今回,このアルバムがデリバリーされたのを契機に"Alone"も聞き直してみたらあっちもよかった(私の耳は節穴か!)。

更に意外にも思えるがCoplandはMiles絡みの曲を演奏することが多いが,ここでは"Eighty One"をやっている。Coplandの今の音楽を考えれば,Milesとの接点ってのはあまり感じられないのだが,それでもやはり影響は受けてるってことなんだろうねぇ。ある意味さすがMilesってところもあるように思ってしまうが,ここでもCopland流に咀嚼したいい感じの演奏になっている。

いずれにしても,全編を通じて,やはりこれは満足度が高い。今でも私にとってのCoplandの最高傑作は"Haunted Heart and Other Ballads"であることには変わりはないが,いつでもポイントの高いアルバムを出してくれる人だと思う。まさに信用できるミュージシャンである(但し編成はトリオ以下に限るが...)。星★★★★☆。

Recorded on October 12 & 13, 2010

Personnel: Marc Copland(p), Drew Gress(b), Jochen Rueckert(ds)

« Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 | トップページ | 本日はお休みです。 »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

私も思いましたが、マーク・コープランドはやっぱりこうでなくっちゃ、と思うような内容が詰まった演奏でした。

耽美的な淡い感じの演奏はもちろん好きですが、個々での「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」の演奏もけっこう良く、人前でこの曲をかけてしまったほどです。

TBさせていただきます。

こんにちは。
これ 聴きたいかも!
前作とどちらが良いですか?

今も入手困難なのでしょうか。
見てみます♪

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

やはりCoplandはこうでなくてはいかんですよね。やはり彼にはこういうのが似合います。"My Funny Valentine"にはちょっと驚きましたが。でもこれも悪くないですね。

追ってこちらからもTBさせて頂きます。

Marlinさん,こんにちは。

これは相変わらず流通がよくないようではありますが,ちょっと時間は掛かっても入手はできると思いますよ。価格は同じサイトでも複数ありますので,注意して下さいね。

前作とどちらがよいか,というのは難しい質問ですが,両方いいです。

こんばんは。
なんだ、かんだと、、一月遅れ。
遅くなってしまいましたが、、ユニティバンドのあとに聴けるアルバムって、少ないですから。

柔らかな真綿で包まれてるような幸せ感あります。
確かに、今回は、スリリングなものもありますが。

私も、ソロ、デュオ、ピアノトリオまでがいいかなぁ。
はやく、アローンもあげなさい。(笑)

で、、なぜか、、トラバがはいらないのです。
時間をあけて、トライしてみますね。。

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。

これもCopland節爆発って感じでよかったですよねぇ。相変わらず好きです。尚,"Alone"ですが,もう記事はアップしていますし,すずっくさんからもコメント頂いていますが...。信用できないなら下記のURLを見て下さいね(笑)。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2010/03/marc-copland-16.html

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54766079

この記事へのトラックバック一覧です: 入手には手間取ったが,待った甲斐もあったMarc Coplandの新作:

» Some More Love Songs/Marc Copland [ジャズCDの個人ページBlog]
同じようなジャケットでの2枚目だったので、前回の残りテイクの発売かと思っていたら [続きを読む]

» Some More Love Songs / Marc Copland [My Secret Room]
庭に薔薇が咲いている間に、、ブログに、と思っていたのに。。 夏至も過ぎ、日差しは [続きを読む]

« Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 | トップページ | 本日はお休みです。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作