最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 何だかなぁ~のSantanaの新作 | トップページ | Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 »

2012年5月22日 (火)

いくらGeorgeが好きでもさすがにこれだけでは...

George_harrison "Early Takes Volume 1" George Harrison (Hip-O)

私はかねてからこのブログでも書いているが,The BeatlesではJohn LennonとGeorge Harrsion派である。特にGeorgeが一番好きだと言ってもいいぐらいだから,こういう音源が出れば,それは基本的に買ってしまう。だが待てよ,この音源はバカ高いDVDのプレミアム・ボックスに付帯していたものではなかったか?さすがに16,800円という値段がネックとなって,私はそちらには手を出していないが,手を出さずに正解であった。だって,私の本作の買い値は1,000円ちょっとである。ボックスをお買い上げの皆さんにはお生憎さまと言わざるをえないが,確かにひどい便乗商法ではないか。だからそんな商法を取る角川書店というのはひどい会社だと思われるのだ。

それはさておき,これはGeorge Harrisonのデモ・バージョンや別テイクを集めたものであり,結構生々しいかたちのテイクが収められていて,ファンにとってはそれなりに楽しめるものとなっているとは思う。だが,所詮はデモ音源であるから,アレンジメントも極めてラフであるし,完成系に近い別テイクと言っていいのは"I'd Have You Any Time"ぐらいであり,これはやはり素人が手を出すべきものではないだろう。このレベルの音源をオマケとしてつけるだけで,16,800円という値付けをする角川は極悪商人と言わざるをえない。

もちろん,こんな感じでGeorgeのレコーディングは進められ,徐々に完成に近づいて行ったのだろうと想像をめぐらす楽しみはあるかもしれないが,別に何度も聞きたくなるような音源ではない。これを聞いている暇があるのであれば,ちゃんとしたアルバム・ヴァージョンを聞けばいいのである。よって,これは記録としての評価はできても,音楽としての評価はしたくない。まぁVolume 1となっているので,続編が出ればきっと買ってしまうとは思いつつ,一般のオーディエンスにはこれに金を掛けるなら,ちゃんとした正式バージョンのアルバムを買いなさいと言っておこう。

こういうのを出すのもいいが,それだったらSplinterとかAttuitudesやらをCD化して欲しいもんだ。

« 何だかなぁ~のSantanaの新作 | トップページ | Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 »

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。これも気になっていた1枚なのですが、BOXセットの中の1枚を別売したものというのが気になっていたのですが、これもわざわざ買わなくて良さそうですね!やっぱりヴァンヘイレンにします!happy01

takeotさん,こんばんは。これはですねぇ,ファンには嬉しいものだとは思いますが,相当熱烈なファン以外にはちょっとお勧めしにくいです。まぁ,それは音源の性格上仕方がないって気もします。

でもこれはやはり必携の音源とは決して言えないのが厳しいです。Van Halenの方がいいですね(笑)。

商売の仕方はともかく
音源そのものは結構好きなんですよ。
アマチュアに毛の生えたような素朴な未完成な演奏が、曲自体の良さを引き出して、ひ弱なボーカルが何ともほほえましい。
豪華絢爛にバックをつけてやっと何とか聞ける曲より、ギターだけでもさまになるのが名曲なんですよなんてね。
まあ、常識ある社会人としては、ディープなファン以外には勧めたりしませんけど。
ジャズを聴いてみたい若いOLに対しては、ビル・エバンスのワルツ・フォー・デビーを勧めるのが正しい在り方と思っていますから。

mmmさん,続けてこんにちは。

そうですね。私たちは楽しめるかもしれませんが,素人さんには「やめときなはれ」と言うべきものでしょうね。

確かに「微笑ましい」というのはその通りだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54749517

この記事へのトラックバック一覧です: いくらGeorgeが好きでもさすがにこれだけでは...:

« 何だかなぁ~のSantanaの新作 | トップページ | Jimmy Herringってのはよくわからんギタリストだが,かっこいい。でもアルバムとしては課題もありだな。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作