2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2015年おすすめ作

2015年おすすめ作(本)

無料ブログはココログ

« 今でも結構好きなChroma:Music On the Edge | トップページ | 中年音楽狂,発狂す... »

2012年4月 2日 (月)

Jerry Bergonzi参加作としては近年で一番燃えた!

Sonic_shapes "Sonic Shapes" Carl Winther(Stunt)

リリースからはちょっと時間が経っているが,録音からは1年も経っていないので,新譜扱いとさせてもらおう。このアルバムは毎度おなじみ新橋のテナー・サックスの聖地,Bar D2で聞かせてもらって,一発でまいってしまったアルバムである。ポイントはもちろん主題の通り,Jerry Bergonziである。

近年,Jerry BergonziはSavantレーベルからコンスタントにリーダー・アルバムをリリースしているし,ゲスト参加作も相変わらず結構な数があって,私も全部聞いているわけではない。実のところ,私がBergonziに求めるのはJoey CalderazzoとのBlue Note/Somethin' Elseレーベルでの共演盤,Daniel Humairの"Edges"のようなハード・ドライビングな演奏であるため,最近の演奏には好きなんだけれども,今ひとつ没入できない部分があったのも事実である。

そうした思いを一気に払拭してくれたのが本作冒頭に収められた"The Out Society"である。「これよ,これよ,これなのよ」って感じのBergonziのテナーが炸裂しており,私はこれだけで「買い」を決断したのであった。それだけでなく,全編を通じてここまで吹いたBergonziは久しぶりっていう気がする。そもそもCarl Wintherのアルバムながら,Bergonzi作が4曲,メンバー全員の合作が1曲と,作曲面でも大きく貢献しているのだから気合が入るのも当たり前と言えば当たり前であるが,Bergonziオリジナルもいつもよりも激しいのに加え,面白いのはBergonziがCarl Wintherが書いた方の曲で,テナーを更に炸裂させているように思えることである。Carl Wintherその人も,こうしたBergonziの吹きっぷりを想定して書いたのではないかと思わせるような感じなのである。"The Falcon"なんてのがそういう感じの代表的なところ。わかってるねぇって思ってしまうのはきっと私だけではあるまい。

曲が全部が全部面白いかと言えば,やや微妙なところもあるものの,本作はBergonziのテナーを聞くためにあると断言してしまおう。そもそも存在そのものに陽の目が当たっていないようにも思えるので,皆さんの注目度を高めるためにも星★★★★☆としてしまおう。まじでこのBergonziには久しぶりに燃えさせてもらった。まぎれもなく,私にとっては近年Bergonziの最高作。いつも素晴らしいアルバムをご紹介頂くBar D2のマスターに改めて感謝である。

尚,リーダーのために書いておくが,本作はCarl Wintherの亡くなった父,Jens Wintherに捧げたものであるが,演奏の質はそうした気合を感じさせるが,しんみりするようなところは何もない。とにかく気合の一作である。

Recorded on May 28, 29, July 8 & 9, 2011

Personnel: Carl Winther(p), Jerry Bergonzi(ts), Joel Illerhag(b), Anders Mogensen(ds)

« 今でも結構好きなChroma:Music On the Edge | トップページ | 中年音楽狂,発狂す... »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

この記事を垣間見て、あっ、ジェリーさんにメールしなきゃ!と思い、直ぐにメールしました。ただ、メールの内容は、全くの別件です。復活祭前ということもあって、可愛いうさぎのクリームパンの写真も添付しちゃいました(笑)。写真のコメントはありませんでしたが(期待もしていませんでしたが)、相変わらずの即効返答!はジェリーさんらしいですね。

ジェリーさんに求める音楽、音、フレーズなどがたくさんおありになるというのは、ジャズファンならびに、ジェリーファンでなければ、中々記事のような内容は書けないはず、と思いました。

お題がジェリーさんと言うこともあって、別経由で手に入ったジェリーさんの最近のビデオインタビューの一部を、添付したかったのですが、中々、上手く貼り付けられず、残念です。。。

Laieさん,こんにちは。返事が遅くなりました。

いいですよねぇ,Jerry Bergonziとメル友ですもんね。羨ましいです。是非日本に来てくれと言っている日本人がたくさんいると何かの機会に伝えて下さい。

Toshiyaさん、こんにちは。

インビュービデオの添付が、出来ないので、別のユーテューブビデオをのお裾分けです。本当に、ジェリーさんなのか、ちょっと疑わしいのですが。。後で、本人に、確認してみたいと思います(笑)。http://www.youtube.com/watch?v=zY20zgG_hQ8

ジェリーさんに来日の件、間違えなく伝えます!

Laieさん,こんばんは。情報ありがとうございます。後で見てみます。

また,Jerry Bergonziへの伝言よろしくどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54362118

この記事へのトラックバック一覧です: Jerry Bergonzi参加作としては近年で一番燃えた!:

« 今でも結構好きなChroma:Music On the Edge | トップページ | 中年音楽狂,発狂す... »

Amazon検索

2017年おすすめ作

2016年おすすめ作

2016年おすすめ作(本)