最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« またしても... | トップページ | 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 »

2012年3月10日 (土)

こいつは凄いぞ,Robert Glasperの新作!

Robert_glasper "Black Radio" Robert Glasper Experiment(Blue Note)

ここのところ,飲み会続きで記事を書く余裕がなかったのだが,通勤途上ではこのアルバムばかり聞いていたような気がする。それぐらい気に入ってしまったし,これは素晴らしい作品である。

Robert Glasperが"In My Element"でデビューした当時からジャズとヒップホップの融合のように言われていたが,演奏としては別にヒップホップ色が強いわけではなく,純粋なジャズ・ピアノ・トリオのアルバムのように感じていた私である。Glasperその人はいろいろなジャンルのアルバムに顔を出しているし,越境型のミュージシャンであることは間違いないが,彼のアルバムではそこまでの融合度を感じなかったというのが正直なところである。しかし,Gretchen Parlatoのアルバムをプロデュースしたり,本当にいろいろなところに顔を出す人だと感じていたのであった。

この作品はそんなGlasperが黒人音楽の様々な要素を融合させた作品だと言ってよいと思うが,その融合度合いがまさしく半端ではない。現代のソウル,ヒップホップ,ジャズの要素を全て取り込んで,そして素晴らしい作品に仕上げたところが凄いのである。Glasperのピアノ自体は一貫したトーンとタッチを持っていて,強面な見た目とは違ってかなり繊細である。だが,そのピアノが乗るのがまさに強烈なソウル/ヒップホップのフレイバーでありながら,全く違和感をもたらさないのである。だが,単にビートを強調するものではなく,どちらかと言えば,落ち着きさえ感じさせるものだからこそ,50歳を過ぎた私にも心地よささえ感じさせる音楽となっている。これがビートばかりが目立つものだったらおそらくは辟易としてしまったはずだが,そうはならない。昨日の記事にも書いた通り,いい意味で「ゆるいグルーブ」なのでだ。

アルバム全体を通して,そうしたトーンの一貫性は維持されていて,曲ごとにゲストが変わっても,全く悪影響を及ぼしていないのである。これはGlasper自身のプロデュースの勝利と言ってもよいが,それにしてもこれは凄い。曲よし,演奏よし,歌よしの三拍子揃ったアルバムとして強く推薦できる。もちろん,純粋ジャズではないから,ジャズ原理主義者には受け入れがたいものだろうが,この音楽のよさは誰にでも理解できるものであるはずである。Glasperのオリジナル(共作)に加えて,David BowieやNirbanaの曲が入っていても全然違和感なしである。最後のNirbanaの"Smells Like Teen Spirit"なんて思わず「おぉっ!」と唸ってしまった私である。

これは間違いなく,私にとってはちょっと気が早いが,本年最高作の候補と言ってもよい優れた作品である。Robert Glasperは黒人音楽の全てを取り込み,全てを越境したと言い切ってしまおう。星★★★★★。まじで最高である。久々にぶっ飛んだ私だった。

Personnel: Robert Glasper(p, el-p, synth), Casey Benjamin(vocoder, fl, sax, synth), Derrick Hodge(b), Chris Dave(ds, perc), Jahi Sundance(turntable), Shafiq Husayn(vo), Erykah Badu(vo), Lalah Hathaaway(vo), Lupe Fresco(vo), Bilai(vo), Ledisi(vo), Amber Stroher(vo), Anita Bias(vo), Paris Stroher(key), Musiq Soulchild(vo, snapping), Chrisette Michele(vo), MeShell Ndegeocello(vo), Stokley(vo, perc), yaslin bey(vo)

« またしても... | トップページ | 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 »

Hip Hop」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

実は、最初は興味をそそらず、(別に原理主義者じゃないけどさ)でも、、あちこちで話題になってるので、買ってみたのですが、、
構えて聴いたら、なんて事なく、かっこいいサウンドでびっくりしました。
清く正しいジャズファンで(爆)ヒップホップとか聴いてもほとんど心が動かないわたしなのですが、これは楽しく聴けました。
頭が悪いので、このサウンドをうまく説明できないけど、まぁ、かっこいいもんはかっこいいですので、、・・。

グラスパーのピアノが繊細である、って、わたしも思いました。
ここで、ピアノトリオで聴きたい!とか、空気の読めないジャズファン的発言は決していたしません。(笑)

すずっくさん,こんにちは。TBありがとうございます。

すずっくさんのことは原理主義者だとは思っていませんよ(笑)。どちらかというとすずっくさんはヒップホップとかよりは,ロックですもんねぇ。まぁ,それはさておきとして,このアルバムの醸し出すグルーブは非常に気持ちよいです。すずっくさんが「BGMになる」とおっしゃるのもうなずける話ですね。

いずれにしても,この作品の素晴らしさは声を大にして喧伝したいと思っている私です。ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

Toshiya さん ご無沙汰しております。aikです。
これは良いですねぇ。アルバム全体が醸し出すグルーブが最高です。
Erykah Badu, Lalah Hathaaway, MeShell NdegeocelloにMint ConditionのStokleyと
好きなアーティストが目白押しで食指が動かぬ筈もなく、即買いしました。
Jazz meets hiphop and vice versa. 
どちらが主体となるかなど、どうでも良いと感じさせる作品ですねぇ。
まさにThis rocks! 哉。

aikさん,こんにちは。おっしゃる通りです。私は決してメンツ買いではありませんでしたが,逆にメンツを見てびっくりってところでした。

それにしても,このサウンド,痺れますよねぇ。おっしゃる通り,ジャズが主体でも,ヒップホップが主体でもそんなことはどうでもいいという感じの傑作だと思います。

やはりこれは最高でしょう。

音楽狂さん、こんにちは,monakaです
このピアニスト最初からちょっと線のシャープさが私と会わずとおもっていました。結構人様の評判がよいのでと、今回いきましたが、これはこの世界を作る人なのかもしれませんね。
ずっと長い時間をかけてみていくことにします。
絶対音楽志向が変わると思います。

monakaさん,続けてこんばんは。

このアルバムは「ブラック・ミュージック」ですからジャズだと思って聞くと面喰う部分もあると思います。私はソウル・ミュージックも好きなので,こういうのは全く問題ないんですが,それにしても私にとっては本当に内角直球のような鋭さで迫ってきたって感じです。

こんにちは。
わたしは きちんと読んでいるようで読んでいないところがあるなぁ と思いながら書いています。

monakaさんのトラバから来ましたが その前は別の方のレビューを読んで わぁ こんなのあるんだぁ と読んでここまで来ました(恥)
みなさま このアルバムをとりあげていたのですね。

でも さかのぼって もう一度読んで 良さそうだなと改めて思いました。

ブラコン 好きなので ぜひ聴いてみたいです。
わたしが聴くころには もう次の話題のアルバムになっていますね…
(^_^;)

ゆっくり ついていきます。

マーリンさん,こんばんは。返信が遅くなりました。申し訳ありません。

ブラコンとはちょっと違うかもしれませんが,これは現代のブラック・ミュージックを体現しているという点でも私は評価しています。機会があったら聞いてみて下さいね。

TBありがとうございました。
あっちでも書きましたが、亡きハザウェイのアルバムが好きなので、アノ感じを今に移すとコンナ感じではないかなあ、と思ったりしています。ボクの好きなブラック・ミュージックってこんな感じかなあ。ジョージ・クリントンで悪酔いするのも、いいのですけど。

ただスズックさんの仰せのように、グラスパーのジャズ・アルバムとしては、うーん、ですけど。それに増しても、素晴らしいプロデュース力ですね。

kenさん,こんばんは。このアルバムを聞いてジャズだと思う人はいないでしょうし,ジャズだと思って聞いてはいけないですよねぇ。

しかし,黒人音楽として聞けば,これほどよくできているアルバムにはなかなか出会えないと思いますし,私はこのアルバムを支持したいと思います。Donny Hathaway的というのは当たりかもしれませんね。

com-postの影響だと思いますが、ジャズかジャズじゃないかみたいな言及が(私を含め)頻出している感じで。。(汗)

過去盤もひと通り聴いているつもりですが、この作品は彼独自のサウンドというものがしっかり作られたうえで、完成度をしっかり上げてきている作品だと感じています。
なので
> Glasperは黒人音楽の全てを取り込み,全てを越境したと言い切って
と言いたいのはよく判ります。

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さん,こんばんは。TBありがとうございます。

この音楽にカテゴリーは必要ないでしょう。"Black Radio"というタイトルが物語る通り,様々な黒人音楽の要素を見事に吸収していますからねぇ。私にとっては最高の音楽でした。ジャズか否かは重要な問題ではないと思います。

こんにちは。
TBありがとうございました。

今 改めて記事やコメントを読んでみると なんと 3月にみなさま聴いて話題になっていたのですね。(自分もコメントしてた 笑)

某ショップの試聴コ-ナ-に入ったのは 4月で輸入盤でお得シ-ルが貼ってありました。
エスペランサも同じ。

話題になって売れてきたら 輸入盤も置いてくれるんです。
(メルド-の時もそうだった)

ほんと 試聴機のヘッドフォンで聴いたとたん これ買う! と思ったくらいかっこいいアルバムです。

みなさん評価のとおりです。

マーリンさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

このアルバムは私の中での評価は無茶苦茶高いです。こんないけている音楽は滅多にないですから。これは本当に嬉しい驚きでした。ライブ行きたいです~。多分行くと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54179302

この記事へのトラックバック一覧です: こいつは凄いぞ,Robert Glasperの新作!:

» 新潟deジャズ [My Secret Room]
年度末でもある3月、、まるで逃げるように過ぎ去っていく。 気がつけば、すでに目前 [続きを読む]

» NYのヘッド・ホンで流れるのは BLACK RADIO / ROBERT GLASPER [JAZZ最中]
ロバート・グラスパーのアルバムが評判がよくて、それを買おう思っているうちに新しいアルバムが出たのでそちらにしました。 グラスパーのアルバムは記事にはしていましたが、もう一人のすごいピアニストとかぶってどうも忘れがちです。 1曲目、これが今のアメリカ音楽...... [続きを読む]

» Robert Glasper: Black Radio(2012) 気持ち良い期待はずれ [Kanazawa Jazz days]
グラスパーは気がついたら入手するようにしていたのだけど、まあCanvasの印象が強くて、あとはまあまあ。今回、久々に新譜のBlack Radioを手にした。人気があるようだ。 [続きを読む]

» Robert Glasper Black Radio [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
com-postでのクロスレビューから一部で話題沸騰したRobert Glasperの新作となります。 発注時の抱き合わせの関係でだいぶ遅れての入手となりました。 Robert Glasperのリーダー作はこれまでに3枚聴いてまして以下の通りとなります。   Canvas (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59135915.html)   In My Element http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/5901777..... [続きを読む]

« またしても... | トップページ | 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 »

Amazon検索

2017年おすすめ作