2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Caetano Veloso & David Byrne:録音から時間は経過してもこれはなかなかいい。 | トップページ | Chuck Leavellのブルーズ・アルバムなんだけど... »

2012年3月26日 (月)

中古で拾ったスウェーデン人歌手によるDionne Warwickトリビュート

Close_to_you "Close to You" Rigmor Gustafsson & the Jacky Terrasson Trio(ACT)

世の中にはBurt Bacharach曲集というのは結構あるように思うが,そのBacharachと切っても切れない歌手であるDionne Warwickにトリビュートしたアルバムってのは少ないのではないかと思う。もちろん,Burt Bacharach~Hal Davidチームの名曲なくしてDionneの名声はありえなかったとしても,歌手としての実力を踏まえれば,そうした企画があってもよいように思えないこともない。

このアルバムは中古で拾ってきたものだが,スウェーデン出身の歌手,Rigmor GustafssonがDionne Warwickにトリビュートしたアルバムである。買った時はどういう人だかわからないでピックアップしたが,伴奏がJacky Terrassonのトリオ,そして全14曲のうちBacharach~Davidチームの曲が11曲を占めるとなれば,まぁダメでもいいやって感じの購入である。そもそも私は熱心なジャズ・ヴォーカルの聞き手ではないので,完全に今回は曲買いである。だが,歌い手がスウェーデン出身であれば,おそらくはそんなに大きく外した歌唱にはならないだろうとは思っていたが,非常に素直な歌いっぷりで好感度が高い。こういういい曲が揃っているのであれば,無駄なフェイクなどは必要ないのだと思わされる(その中で一番フェイクしているのは「雨にぬれても」だな...。でも問題なしのレベル)。

一方,Bacharachの曲以外でもDiane Warrenが書いた"Much Too Much"等はコンテンポラリーなサウンドでびっくりしてしまうが,こういう幅広さをDionne Warwickその人が体現していたことの裏返しだと思うと,やはり彼女は名歌手なのだなぁなんて思いを強くしてしまう。

そして,このRigmor Gustaffsonという人は,なかなか魅力的な声の持ち主である。さすが,ACTに何枚もアルバムを吹き込んでいるだけのことはある(Ulf WakeniusやLars Danielsson同様に"Signature Edition"もリリースされている)が,それを支えるTerrassonトリオも魅力的。TerrassonのRhodesが結構いけているのも意外な感じと言えば意外だが,大したもんだ。また,ゲストのNils Landgren(プロデューサーも兼務。いい仕事である)もいいソロを取っていてこれはポイントが高い。典型的なジャズ・ヴォーカルでないところも私にとっては丁度いい塩梅であった。ことある毎に「いい意味で」気楽に聞きたくなるようなアルバムと言えばいいだろうか。

でもやっぱり曲の勝利なんだろうなぁと思いつつ,繰り返しになるがこれはかなり好感度の高いアルバムであった。これで800円ならもうけものである。ラッキー,ラッキー。いい買い物であった。ということで星★★★★。

Recorded in July 25 - 27, 2004

Personnel: Rigmor Gustafsson(vo), Jacky Terrasson(p, rhodes), Sean Smith(b), Eric Harland(ds), Nils Landgren(tb)

« Caetano Veloso & David Byrne:録音から時間は経過してもこれはなかなかいい。 | トップページ | Chuck Leavellのブルーズ・アルバムなんだけど... »

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
中古で800円ですか?私は当時発売当時2000円くらいで買ったように思います。今でもお気に入りの1枚です!

takeotさん,こんばんは。このアルバムお持ちだったんですねぇ。

まぁ中古ですし,欧州ジャズは値崩れするものは激しいですから...。でもこれはなかなかの佳作でした。私も気に入っています。

Toshiyaさん、こんにちは。

一昨日、町場に行く用事があったので、帰りがけにCD屋さんに寄ってみたのですが、ジャズコーナーでこちらのCDを偶然、発見しました。

ただ、ジャケットに移っている二人の人物は丸っきり一緒でしたが、全体的に赤色で網目ががっていたジャケットになっていました。お値段は、9,99ユーロです。

以前、crissさんが、この女性歌手が好きだ、と話していたので、覚えています。テレビでも、2,3度歌声を聴きましたが、くせのない綺麗な声で、好感を持ちました。ニールス・ランドグレンと一緒の映像でした。

Laieさん,こんばんは。返事が遅くなりました。

そうなんですよねぇ。この人,癖のない声,歌唱なので結構好きになる人が多いかもしれません。それにしてもcrissさん,さすがです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中古で拾ったスウェーデン人歌手によるDionne Warwickトリビュート:

« Caetano Veloso & David Byrne:録音から時間は経過してもこれはなかなかいい。 | トップページ | Chuck Leavellのブルーズ・アルバムなんだけど... »

Amazon検索

2018年おすすめ作