最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた | トップページ | 中古で拾ったスウェーデン人歌手によるDionne Warwickトリビュート »

2012年3月25日 (日)

Caetano Veloso & David Byrne:録音から時間は経過してもこれはなかなかいい。

Caetano_veloso_david_byrne "Live at Carnegie Hall" Caetano Veloso & David Byrne(Nonesuch)

これは楽しい。2004年の4月にNYCのカーネギー・ホールで開催された二人の共演の模様が,なぜほぼ8年の時を経てリリースされるのかは不明だが,これはリリースされるに値するライブ音源であることは間違いない。

前半がCaetano,中盤がByrne,そして後半がご両人の共演というプログラムになっているが,Caetanoの歌いっぷりが美しく,それこそうっとりしてしまうような出来である。"Você é Linda"がその代表であるが,これを聞いて感動しなければ,Caetanoを聞いても無駄だと言い切ってしまおう。誰しもが認める名曲である。このCaetanoだけを聞いていてもいいのだが,David Byrneのパートも楽しい。

私はByrneと言えば,映画"Stop Making Sense"(この映画に関する記事はこちら)での彼の演奏という「条件反射」となるわけだが,ここでの演奏(特に映画ではバンドで演奏されていた"Life During Wartime")を聴いていて,その冒頭でByrneのソロによって演じられた"Psycho Killer"を思い出してしまった。ギターの音なんて,まさしくあの時のままなのである。これだけでもあの映画を愛する人間ははまってしまうだろう。ここでもTalking Headsの曲を中心にしているが,それにしても,"Road to Nowhere"とかByrneの書く曲もいいよなぁ。味わいや歌手としての実力はCaetanoには及ばないとしても,Byrneの演奏も非常に楽しめることは言うまでもない。

そして二人の共演であるが,残念ながら共演によるシナジーが効くところまではいっておらず,ぞくぞくするようなレベルとは言えないが,「しみじみ」と聞けてしまうところが,このアルバムの特徴か。特に最後が"Heaven"ってのが決まり過ぎって気もするが,いいものはいいのである。いずれにしても,冒頭に書いた通り,本作のリリースを喜ぶリスナーは多いはずである。星★★★☆ぐらいでもよいが,Caetanoのパートを評価して星★★★★。やはり"Você é Linda"が最高である。

Recorded Live at the Carnegie Hall, NYC on April 17, 2004

Personnel: Caetano Veloso(vo, g), David Byrne(vo, g), Jaques Morelenbaum(cello), Mauro Refosco(perc)

« Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた | トップページ | 中古で拾ったスウェーデン人歌手によるDionne Warwickトリビュート »

ブラジル」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54297666

この記事へのトラックバック一覧です: Caetano Veloso & David Byrne:録音から時間は経過してもこれはなかなかいい。:

« Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた | トップページ | 中古で拾ったスウェーデン人歌手によるDionne Warwickトリビュート »

Amazon検索

2017年おすすめ作