2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 | トップページ | これは珍しい:Gary BurtonとPat Methenyの完全デュオ »

2012年3月11日 (日)

3月11日 14時46分を迎えて思うこと

あれからもう1年も経ってしまったのかと思わざるをえない。だが,本日午後2:46,追悼の黙祷をしていて,私はその瞬間,涙が止まらなくなってしまった。間違いなく,昨年の震災は私の心に何らかのトラウマを残し,その一方で,強烈に死者を悼む心を生まれさせたが,それを改めて刺激されたがゆえの涙だったのだろう。

日本は確かに復興に向けて歩んでいるとは言え,今だ復興途上にある被災地の実情を見て,改めてあの時の衝撃,恐怖を一生忘れてはならないのだと強く心に刻んだ私である。昨年,震災の後には,音楽を聞く気にもなれず,ブログをアップすることもままならなかったことを思えば,自分自身も「喉元過ぎれば熱さ忘れる」になっていないか。今,改めて自分にできることは何かを見つめ直すとともに,お亡くなりになった方を追悼し,鎮魂の祈りを捧げることとしたい。

« 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 | トップページ | これは珍しい:Gary BurtonとPat Methenyの完全デュオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Toshiyaさん、こんにちは。

少し前に、日曜礼拝で演奏を終えて、戻って来たところです。
本日の教会のプログラムは、復活祭に向けた祈祷でしたが、自分の中では、確実に日本へ向いているのを感じました。演奏曲目は、祈りや神に向けた内容の曲を予めピックアップしていたので、教会の場を借りて、日本への祈りを深く捧げ演奏させて頂きました。

また、今月には別枠ですが、別の教会で、日本の歌詞でゴスペルを歌い、募金を募る予定です。テーマは、東日本大震災の為の企画です。諸外国でも、まだまだ、色々なイベントを通して、募金活動が行われていますので、一日も早い復興に募金の一部が役に立つことを祈るばかりです。

一年の月日が流れましたが、決して忘れてはいけない大惨事を、各人がこれからも思い出し、何を大切にするべきかを考えさせられる一日に、今日というこの日が思い出されることを祈らずにはいられません。

Laieさん,こんばんは。

日本国外でも,皆さんがいろいろな活動をして下さっていることは大変ありがたいことです。日本人は,あの惨事の記憶を決して風化させてはならないと思います。これからも3.11という日はアメリカ人にとっての9/11同様,どうしても忘れられない日になっていくでしょうが,私も毎年祈りを捧げることになるんだろうなぁなんて思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54195471

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日 14時46分を迎えて思うこと:

« 哀愁という言葉がフィットしそうなUlf Wakeniusの新作+余談 | トップページ | これは珍しい:Gary BurtonとPat Methenyの完全デュオ »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作