2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 激安Jimmy Smithボックス | トップページ | Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた »

2012年3月23日 (金)

2,000本目のエントリーはJoni Mithchellで

Miles_of_aisles "Miles of Aisles" Joni Mitchell and the L.A. Express (Asylum)

長年ブログをやっていれば,記事の数が積み重なるのは当たり前のことだが,飽きっぽい私が6年目にしてついに2,000本目のエントリーというのは我ながら信じ難い。こうなってしまうとなかなかやめられないというのが正直なところだが,さすがに最近毎日更新はきついと感じるようになっている。それでもできるだけ更新はするようにしてはいても,「本日は...」だの「今日はお休みです」だのってのが増えてしまっているのも事実。まぁ,これからも気楽に続けていきたいものである。

その2,000本目のエントリーに選んだのが懐かしのJoni Mitchellによるライブ盤である。このアルバムがリリースされたのが1974年であるが,まだジャズに傾斜する前の,シンガー・ソングライターとしてのJoniのキャリア前半のベスト盤的位置づけにあると言ってもよいだろう。録音が3か所で行われていて,雰囲気の違いがかなり出ているのが編集的にはどうなのよと言いたくなるのも事実であるが,それでもこれはバックのL.A. Expressの演奏とも相俟って楽しめるアルバムである。

Joniらしい変則チューニングの模様や,語りも含めて収録されているところが,往時のSSWのアルバムって感じもするが,ここで聞かれるJoniのギター・チューニングの数々には改めて目が点になる思いである。よくもまぁここまで考えるものだと思うとともに,よく弾きこなすものだと言わざるをえない。まさにこれはOne & Onlyの世界である。Joni Mitchellという人は,歌手,ソングライターとしてと同じぐらい,変則チューニングを駆使するギタリストとして評価しなければならないということを改めて痛感させられた私である。

そして,このブログでも先日取り上げた"The Circle Game"も収録されているが,先日のBuffy Sainte-Marie盤の記事を書いた時には,そちらに馴染みがあり過ぎて,Joniのオリジナル・バージョンを聞いた時には違和感があったと記した。しかし,ここでの歌唱は,聴衆にも歌わせるという演出もあって,「おぉっ,いかにもSSW」って感じで微笑ましいし,スタジオ盤よりも私はこっちの方が好きかなぁ。CSN&Yの"4 Way Street"にしろ,本作にしろ,そういう時代だったのだ。ここではJoniが面白いことを言っていて,"The Circle Game"は一人で歌うよりも,大人数で歌うことを意識して作った歌,それも調子っぱずれな歌が入ってもOKみたいに言っている。これは聴衆の参加を促すためのセリフとも言えようが,いずれにしてもこういうのって時代を感じさせるものだが,これはこれで楽しいのである。

また,聴衆があれを歌え,これを歌えとやかましいが,途中で聴衆が叫ぶ"Joni, you have more flash than Mick Jagger, Richard Nixon, or Gomer Pyle combined!"というセリフにJoniも爆笑しているのも微笑ましい。このあたりは米国のTV文化に通じていないとわからんと言っても仕方ないが,こういうのも微笑ましさを感じさせるのである。

同じ1974年にリリースされた"Court & Spark"から1曲しか演奏していないのは解せないが,それでもこれは選曲よし,歌よし,演奏よしの三拍子そろったナイスなアルバムである。これと"Shadows & Light"のどちらかを選べと言われたら,それは究極の質問だと逃げたくなってしまうかもしれない。それぐらい楽しめるアルバムである。星★★★★★。

Recorded Live at the Universal Amphitheatre on August 14 through August 17 except "Cactus Tree" Recorded at L.A. Music Center on March 4 and "Real Good for Free" Recorded at Berkeley Community Center on March 2

Personnel: Joni Mitchell(vo, g, p, dulcimar) with The L.A. Express: Tom Scott(woodwinds & reeds), Max Bennett(b), John Guerin(ds, perc), Robben Ford(g), Larry Nash(p)

« 激安Jimmy Smithボックス | トップページ | Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた »

Joni Mitchell」カテゴリの記事

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

音狂閣下、、

2000投稿、おめでとうございます。
さすがです。

我が家でもJoni Mitchell は人気者です。
先日もYouTube合戦は、Joni Mitchell 大会でした。

今後もますますのご活躍を。って、ゆっくりでいいので。(笑)

ア、、クリポタはいつに行くの?

すずっくさん,こんにちは。ありがとうございます。

Joni Mitchellの画像も随分沢山ありますよねぇ。YouTube合戦ってのがすずっくさんらしい(笑)。

今後の活躍については???ですが,まぁ無理しないで頑張りますわ。ちなみにクリポタは5/28(月)の1stに行きます。その前にはCecil TaylorとKeith Jarrettがありますねぇ。大変だ。

こんにちは。
6年目 2000エントリ- すごいですね♪
おめでとうございます。

毎日 書くって なかなか出来ないことですよね。
わたしは まだ1年くらいなのに すでに 更新ができない日が増えてます(^_^;)

読むほうが楽しいな。これからも 楽しみにしています。

ライブもいいですね♪

マーリンさん,こんばんは。ありがとうございます。

まぁ5年以上もやっていれば,それなりには記事の本数はたまっていきますからね。私としては,日記だったら絶対続かないのに,どうしてブログは続くのか不思議で仕方がないんですよ(笑)。

まぁ,これがある意味趣味ってことになるんでしょうね。引き続きよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54284689

この記事へのトラックバック一覧です: 2,000本目のエントリーはJoni Mithchellで:

« 激安Jimmy Smithボックス | トップページ | Ruthie Foster:これもジャケが私を呼んでいた »

Amazon検索

2017年おすすめ作