最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Chris Potter来日に向けてのお勉強? | トップページ | 中年音楽狂,地方巡業中(笑) »

2012年2月20日 (月)

久々の綾辻行人の「館」シリーズの新作

Photo 「奇面館の殺人」 綾辻行人(講談社)

綾辻行人の人気シリーズ「館」ものの最新刊が発表された。私はこれまで,綾辻作品は完全に後追いで読んでいるので,発売のタイミングで読むってのはこれが初めてかもしれない。いずれにしても,このシリーズは相応に楽しましてもらっているので,今回もそれなりの期待はあったと言っていい。

結果から言えば,悪くはない。結構面白く読ませてもらったことは事実である。論理的な破綻はないので,「何じゃそりゃ」感はないのだが,物語に偶発性があり過ぎるところが難点であろう。舞台設定はある意味無茶苦茶だと言ってしまえばその通りではあるが,その割にレトリックやストーリーに驚きが少ないことも気になると言えば気になる。よくよく考えてみれば「確かにそうだよねぇ」と思わせてくれるのだが,「館」の設計にもそろそろ無理が出てきたってところか。

そうは言っても,やたらに長い「暗黒館」よりはずっと楽しめたし,出張の友には最適だった一冊である。星★★★☆。綾辻作品では「Another」も文庫化されたようなので,次の旅行の友はそっちだな(笑)。

« Chris Potter来日に向けてのお勉強? | トップページ | 中年音楽狂,地方巡業中(笑) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/54021533

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の綾辻行人の「館」シリーズの新作:

« Chris Potter来日に向けてのお勉強? | トップページ | 中年音楽狂,地方巡業中(笑) »

Amazon検索

2017年おすすめ作