2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Brad Mehldauの楽歴を振り返る:第3回 | トップページ | 完全に飲み過ぎた »

2012年2月 3日 (金)

Brad Mehldau Trioの新作は3/13発売

Mehldautrioode 昨日「Brad Mehldauの楽歴を振り返る」シリーズの記事をアップしたばかりだが,そんな私のところに昨日Nonesuch Recordsから届いたEメールに,Brad Mehldauのトリオによる新作の情報が記載されていた。今回は全曲未発表のMehldauによるオリジナルをトリオで演じるもので,アルバム・タイトルは"Ode",即ち特定の人々に捧げる叙情詩ってことになるが,いずれにしても,トリオとしてのアルバムは2008年の"Live"以来であるから,これはめでたい。トリオとしての活動が渇望されている(Vanguardでの新年早々のライブの人気ぶりがそれを物語っている)ことに対するMehldauのアクションとも言えるが,ついでに来日も決まった(7月らしい)ようなので,今度こそは行かねば。

全曲未発表とは言っても,"Kurt Vibe"のように既に公開映像(記事はこちら)の中で演奏されている曲もあるので,これらの曲はライブの場では演奏されてきたはずである。しかし,実在,架空の人物双方をテーマにした曲とは関心が高まって当たり前である。"Kurt Vibe"はKurt Rosenwinkelに,"M.B."はMichael Breckerに,"WWyatt's  Eulogy for George Hanson"は映画「イージー・ライダー」の登場人物に,そして"Twiggy"なんて曲もある。録音は11曲中8曲が2008年の録音で残り3曲が2011年と,またまたおやおやって感じだが,そうは言っても3/13が楽しみになってきた。早く来い来い,3/13。

« Brad Mehldauの楽歴を振り返る:第3回 | トップページ | 完全に飲み過ぎた »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2012年の記事)」カテゴリの記事

コメント

そのウキウキ気分、ずっごくわかりまーす。来日も決まったら、なおさらですね!新しいCDと共に春がやってきそう。もう、小さな春が来てるかも?

ひまわりさん,こんばんは。そうですねぇ。ウキウキ気分って言われれば,まさにその通りです。本当に期待値が高まっている私です。

中年音楽狂さん、おはようございます。
来日公演ですが、以下の通りです。
http://www.cdjournal.com/main/news/brad-mehldau/43145
チケット発売は、4月ですね。
大阪だと2つのセット、別々みたいなので、東京の方がお得ではないかと・・・。

Martyさん,こんにちは。情報ありがとうございます。

期待しちゃいますよねぇ。しかし場所がサントリー・ホールってのは...ですが。クラブで見たいんですよねぇ。大阪行こうかなぁ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53883590

この記事へのトラックバック一覧です: Brad Mehldau Trioの新作は3/13発売:

« Brad Mehldauの楽歴を振り返る:第3回 | トップページ | 完全に飲み過ぎた »

Amazon検索

2017年おすすめ作