2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 鬼の霍乱 | トップページ | 鬼の霍乱:ヒーリング編 »

2012年1月15日 (日)

続・鬼の霍乱

急に体調がおかしくなり,一晩経過しても悪化はすれども改善せずという状態であったので,ついに病院行きとなった。嘔吐,下痢,腹痛,発熱という症状並びに突発的な発症という点から,私がかつてインドネシアで死にかけた「食あたり」(その時は実際には「水あたり」だったが...)も疑ったのだが,どうも「ウイルス性胃腸炎」ということらしい。プリンセス・マサコもウイルス性胃腸炎にかかっていたらしいので,世間で流行しているのかもしれないが,これには正直言ってまいった。

おそらくこのブログの読者の皆さんならば,私が相当の食いしん坊だというのはご理解頂けると思うが,その私が何も食べたいと思わないのだから重症である。しかも医者からは一日は絶食を命じられ,胃痛の状態からすれば,別にそれも苦にならないと思ったのは甘く,やっぱりお腹が空いてくるのである。私は以前,大腸憩室炎で入院を余儀なくされた時,約一週間,絶飲食を強いられたが,その時は点滴をしていたからお腹はすかなかったが,今回はもろに空腹感が襲ってきた。何とか水分摂取でごまかしているが,これではインスタント・デトックスみたいな感じだなぁなんてしょうもないことを考えてしまった。これで体重が落ちるならもうけものとポジティブに考えることとしたい。

こんな状態であるから,音楽について書けるような状態ではないが,床に臥せっていながら,ジャズやロックを聞く気分にも到底なれず,今回は昨今リッピングにいそしんでいたクラシックのピアノ音楽やギター音楽,宗教音楽等にお世話になったって感じである。

徐々に快方には向かいつつあるが,もうしばらくの休息が必要のようである(とか何とか言って,ここまで書いていること自体が異常?)。

« 鬼の霍乱 | トップページ | 鬼の霍乱:ヒーリング編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

音楽狂様
こんばんは。ウイルス性胃腸炎はもの凄く流行っている印象です。仕事場もお客様も友人も、いつも見ている育児ブログのお子さんもといった具合で、本当お大事になさってください(自分も時間の問題か)。それでも記事をアップしているくだりは大丈夫です。「音楽狂様」と書きながらそう思ってしまいました(失礼しました、、、)。それでは無理の無い様、アップお待ちしています。。。

鬼の閣下、、

こういうときにはゆっくりなさいな。
わたしはマイケルフランクスのスリーピングジプシーきいてます。
外は時折ゆきが舞い。。とても、幻想的な空間です。。

おだいじにどうぞ。

追伸 どうせだから痩せるといいわね。

ki-maさん,こんにちは。ご心配お掛けしまして申し訳ありません。症状は改善しつつあり,熱は下がりましたが,食事はまだ厳しいって感じです。しかし,明日には仕事に行っちゃうだろうなぁってぐらいにはなってます。

本当に流行しているみたいで,私もどこで拾ったかはわかりませんが,かなり強烈ですのでki-maさんもお気を付け下さいね。

すずっくさん,こんにちは。ありがとうございます。だいぶよくなりましたが,まだ固形物は喉を通らない状態です。これはやせるだろうと勝手に思っていますが,さて...?

ちなみにこの週末はほとんど何もせず過ごしていますが,完全復活にはもう少々って感じでしょう。こういう状態には確かにMichael Franksはよさそうですねぇ。聞いてみようっと。

新年、お見舞い申し上げます。
日常の飲食パターンが崩れるのってキツイ上に、絶食なんですか。ここはきっちり胃腸を休めてゆっくり休んで下さいね。

こんにちは。
大変でしたね。

わたしも以前 かかったことあります。
風邪のウイルスがお腹にはいっちゃうんですよね。
疲れていたりすると なるらしいですが 流行っていたら なお かかりやすいかも。

安静にして お大事に…

Toshiyaさん、こんにちは。具合の方は、如何でしょうか。。。

実は、自身も11月末に記事にされている内容とほぼ同じ症状になりました。予告なしの嘔吐が、1時間おきに朝方まで10回、同時に下痢が全く止まりませんでした。上が先か、下が先か、自身でも判断ができなかったほどでした。「コントロール不能状態」、と言っても過言ではないです。熱は、39度近くまで上がったものの、すぐに下がりました。

いつ襲ってくる嘔吐と下痢のお陰で、医者へ行けず、主人に医者に電話してもらい、薬と処方してもらいました。

食あたりかとも思ったのですが、流行のウイルス胃腸炎と診断されました。普通の風邪なら喉の異変があったり、寒気があったりするのですが、今回は、突然の「異変」で、かなりビックリしました。

自分の場合、2日間全く食べられませんでしたが、その後、空腹を感じたというより、また、激しい嘔吐に襲われると思い、何か食べるのが、そら恐ろしかったです。

私が回復した一週間後、主人が嘔吐。嘔吐2度のみで、一日ゆっくりしていたら、回復しましたが、これまた、いきなり嘔吐状態で、私のウイルスが移ってしまったようです。

何れにしろ、無理をせず、体が欲している方向に労わってあげると良いですね。くれぐれも、お大事にしてください。

とっつぁんさん,こんばんは。ご心配お掛けし申し訳ありません。まだ,胃腸の具合は完璧からは程遠いですが,ほぼ回復しました。土日で治ってしまうのがサラリーマンって感じです(苦笑)。

これで免疫ができて,暫くはこうした思いはしないですませたいものです。

マーリンさん,こんばんは。ご心配頂きありがとうございます。ほぼ回復致しました。明日からは仕事ということで,週末を無駄にしてしまいました。

いずれにしても,今回は本当に突然悪寒が襲ってきたので,かなり焦りましたが,症状が比較的軽く助かりました。これに比べれば,インドネシアの「水あたり」は本当に地獄のようでしたから。あの時は熱が下がったと思って38.5度だったってことは,間違いなく40度を越える熱を出していたはずです。それを思えば,軽い,軽い。なんて言えるのも回復途上だからですね。

Laieさん,こんばんは。ご心配頂きありがとうございます。

そうなんです。「突然の異変」,まさしくその通りです。金曜日は16時過ぎまで普通に仕事をしていましたが,17時を過ぎた頃に突然おかしくなってきました。激しい症状は家に戻ってからでよかったですが,本当に焦りました。まぁ,回復しつつあるのでこのように言えますが,病気は本当に嫌ですね。健康第一ですわ。

中年音楽狂さん、
今年もよろしくお願いいたします。

年明け早々、ウイルス性胃腸炎とは大変ですね。
多分、主治医から言われたと思うのですが、この時期、一番多いのはノロウイルスによる胃腸炎です。確定診断は症状だけではできず、遺伝子検査(PCR法)でするのですが、費用が結構かかるので、普通はしません。しかも、結果が出るころにはみなさん元気になってしまっているので、検査する意味があまりないのですね。

ほとんどの患者さんは二泊三日苦しんだあと、けろっと良くなります。特別な薬もありません。

ただ、感染力が非常に強いので周囲の方への感染には注意が必要です。特に自宅のトイレは注意してください。便に大量のウイルスが含まれていますので、トイレの水道の蛇口やドアノブなどを通じて、家族に移る危険性もあると思われます。嘔吐物も決して素手で処理しちゃいけません。また、嘔吐物からウイルスが空中に拡散することもまりますので、速やかに処理する必要もあります。

話はちょっとかわりますが、大腸憩室炎で一週間ほど入院した際、点滴をしていたのでおなかは空かなかった、とおっしゃていましたが、一週間ほどの絶食期間ですと、おそらく上腕に点滴をされたと思うのですが、あれは一日四本ぐらい点滴しれもカロリーは400kcalぐらいにしかなりませんので、空腹感を紛らわせるほどの栄養にはなっていないはずです。鎖骨や首のところから点滴をされたのであれば、話は別ですが。

ということで、おそらく、今日あたりは元気になっていると思いますが、しばらくは禁酒して、消化のよいものを接種し、ご自愛くださいませ。

では、本年もよろしくお願いいたします。

crissさん,おはようございます。こちらこそよろしくお願いします。

ウイルス性胃腸炎は症状は改善に向かっています。嘔吐,下痢,発熱の三点セットはおさまってきていますが,まだ胃の具合が悪く,食事を受け付けません(というか食欲が全くありません)。まぁ,もう一日安静にすれば治ってくれるものと期待します。とにかく水分補給だけ続けています。ちなみに医者では,私も疑問に感じながらも,たっぷり検査をされましたが...(苦笑)。いつも検査過剰って気がするんですがねぇ。まぁ,仕方ないです。

大腸憩室炎での入院時には,鎖骨のところに太~い針を刺されて点滴を受けていました(針を刺す時や,寝返りを打った時のあの痛さは忘れられません)ので,それで空腹感はなかったのではないかと思います。ということで,完全復活にはまだまだですが,今日は一日在宅勤務にします。

まあ、大変、、、、お大事にされて下さい。ご無理されないでくださいね。

ひまわりさん,こんばんは。血液検査の結果によれば,今回はかなり重症だったそうです。現在ではほぼ回復しましたが,まだ胃の痛みが残っているのが難点です。

いずれにしましても,ご心配お掛けしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53735003

この記事へのトラックバック一覧です: 続・鬼の霍乱:

« 鬼の霍乱 | トップページ | 鬼の霍乱:ヒーリング編 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作