2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Antonio Faraoの緩急自在 | トップページ | 中山康樹の新刊:なんだかなぁ... »

2012年1月22日 (日)

静かなサスペンスが素晴らしい「ゴーストライター」

Photo 「ゴーストライター("The Ghost Writer")」('10,英/仏/独)

監督:Roman Polanski

出演:Ewan McGregor, Pierce Brosnan, Olivia Williams, Kim Cattrall, Timothy Hutton, Eli Wallach

この映画は昨年の夏ごろ,日本では限定的に公開されたもので,どれぐらいの人が見たかは定かではないが,見たいと思っていたのに見逃していたもの。私は「密林」のモニターとしてこの映画のDVD-Rを受け取って見たものであるが,これがなかなかの佳品である。ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)やセザール賞の監督賞を受賞したのもうなずける。

何がいいか。Polanskiの描くサスペンスというと,私は「フランティック」のように,わけのわからないまま巻き込まれていくというパターンを思い出すのだが,本作もまさにそうした感じである。映像もストーリーも静かなものだが,その静かな展開の中で,サスペンスを盛り上げるという感じなのである。ちょっと見た目が怪しいって感じの登場人物が多いのはご愛嬌だが,誰を信じて,誰が信じられないのかというのはHitchcock以来のサスペンスの王道という気もする。

ストーリーとしてはいかにもTony Blairをモデルにしたかのような元首相をPierce Brosnanが演じているが,彼にまつわる様々な陰謀が背後に描かれていて,最後にその謎が解かれるという展開である。ややラストに向けての展開は話を急ぎ過ぎた感覚はあるものの,エンディングも静かな恐怖を感じさせるものである。

この映画を見ていて,Polanskiはアメリカ嫌いなんだろうと思ったのだが,その背景には奥さんだったSharon Tateを惨殺されたり,少女淫行疑惑で有罪を食らったりという点もあろうが,シナリオにもアメリカ嫌いが如実に表れている。まぁ「戦場のピアニスト」でオスカーをもらっても,アメリカに入国すれば逮捕,収監らしいから,授賞式にも出席できなかったという無念さもあるだろう。まぁ,Polanskiは人間的にはいかがなものかというところはあるかもしれないが,映画監督としては大した人であることを実証しているから,私はそちらで評価すべきだと思っている。

いずれにしても,地味な映画ゆえに日本ではヒットしたかどうかはわからないとしても,ギミックに頼らない映画として私は評価したい。世の中,こういう映画がもっと増えて欲しいものである。ということで星★★★★☆。見たいと思っていながら見逃していた作品だったので,このモニターは嬉しかった。但し,これが先般発表されたようにキネ旬1位に本当に相当するのかどうなのかというと若干微妙ではあるが,この映画らしさが評価されたものだろうと感じてしまう私である。だが,そうした評価を受けても不思議はないと感じさせるだけの作品であった。

« Antonio Faraoの緩急自在 | トップページ | 中山康樹の新刊:なんだかなぁ... »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53750894

この記事へのトラックバック一覧です: 静かなサスペンスが素晴らしい「ゴーストライター」:

» ゴースト・ライター [JAZZ最中]
お休みの日、もう日にちもないのに申告の情報を今から確認するアメリカの息子に腹をたてながら、まあ処理は完了するだろうめどはったので、落ち着いて映画でも見ることにしました。 アメリカに送った「ブラッド・ダイアモンド」は面白かったと情報がオクサンに来ていた...... [続きを読む]

« Antonio Faraoの緩急自在 | トップページ | 中山康樹の新刊:なんだかなぁ... »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作