最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Winwoodの歌とClaptonのギターに感動した夜 | トップページ | もはや年末なのにアップしていないアルバム多数で焦る私... »

2011年12月10日 (土)

Ondrej Stveracek:世界にはまだまだいろんな人がいるねぇ...。

Whats_outside "What's Outside" Ondrej Stveracek(Cube Metier)

お馴染みテナー・サックスの聖地,新橋のBar D2で教えて頂いたCDであるが,取り上げるのが遅くなってしまった。しかし,これがジャケは冴えないが,内容はえげつなくいいアルバムである。これには正直痺れてしまった。Ondrej Stveracek,チェコ出身のテナーらしい。チェコと言えばMiroslav VitousとかJan Hammer,George Mrazあたりを思い出すが,サックス・プレイヤーって誰が居たっけなぁって感じだろうが,いるんだねぇ,凄い人が...。

サウンドはColtraneの影響濃厚かなぁって感じなのだが,この人はテナーの音も,フレージングも素晴らしいところが気に入ってしまった。しかし,このジャケである。これだけ見れば,一切購入意欲がわかないところでかなり損をしているのではないかと思ってしまうが,ハード・ドライビングな演奏でも,バラッドでもこの人の演奏能力は折り紙付きである。テナー好きは買って損はしない。

リーダーを支えるバックのトリオも好演なのだが,ピアニストの唸りだけは何とかして欲しいなぁ。発情した山羊のような奇声を聞かされては,その部分については聞く気が失せる。このアルバムの瑕疵はそれだけであって,それを除けば満点をつけてもいいような作品である。星★★★★☆。

しかし,新橋のお店に通っていると,「何じゃこりゃ?」と思わせつつ,強烈に購買意欲を煽るアルバムを聞かせて頂くことが多いが,まさにこれもそんな一枚。先日お邪魔した時にはこの人のライブ盤を聞かせて頂き,これまた一発で気に入った私はチェコのサイトに即,発注をかけたのであった...。

それにしても,ベースを除けば誰ひとりとして名前をどう発音するのかわからんぞ(爆)。

Personnel: Ondrej Stveracek(ts),  Ondrej Krajnak(p), Tomas Baros(b), Marian Sevcik(ds), Radek Nemejc(perc)

« Winwoodの歌とClaptonのギターに感動した夜 | トップページ | もはや年末なのにアップしていないアルバム多数で焦る私... »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

コメント

これ、、買うの忘れた。
すっかし、忘れてた。

絶対気に入ると思ってルので、わたしもマジにやばいんだけど。。
うーーん。。メールします。(爆)

名前は秘密♪さん,こんにちは。とか何とか言いながら,お名前にリンク張られているので,そちらのサイトに飛んじゃうじゃあないですか(笑)。

はい,はい。このアルバム,絶対お気に召すはずです。記事にも書いたライブ盤もよろしおまっせ~。早く来ないかなぁ。

今日は、沢山雪が降って、朝は雪かき。。
疲れて帰ってきて、、、
午後の予定が雪でぽしゃったので、これを聴きまくっていました。

確かに、すごいですわ。
コルトレーンですゎ。
わたしの好みでございます。
だから、D2のマスター好き!(爆)
でも、やっぱり、クリポタ命ですわ。

つうことで、ライブ盤もただいまとんでます。

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。そうでしょう,そうでしょう。これって凄いですよねぇ。ライブはもっといいですからねぇ。お楽しみに。

こちらからもTBさせて頂きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53443679

この記事へのトラックバック一覧です: Ondrej Stveracek:世界にはまだまだいろんな人がいるねぇ...。:

» What's Outside / Ondrej Stveracek [My Secret Room]
今年の漢字は「絆」だそうですが、どうもわたしの聴いてるジャズのアルバムで今年一年 [続きを読む]

« Winwoodの歌とClaptonのギターに感動した夜 | トップページ | もはや年末なのにアップしていないアルバム多数で焦る私... »

Amazon検索

2017年おすすめ作