最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Me'Shell Ndegéocelloの新作はJoe Henryプロデュース! | トップページ | 豪華キャストだが,静かに恐怖を盛り上げる「コンテイジョン」 »

2011年11月19日 (土)

非常に面白かったSteve Jobsの伝記

Steve_jobs_2 「スティーブ・ジョブズ(1,2)」 ウォルター・アイザックソン著,井口耕二訳(講談社)

話題の書である。Steve Jobsの死去を受けて,急遽出版されたものであり,時代のアイコンとしてのSteve Jobsの公式な伝記ということで,ベストセラーとなっているのは皆さんご承知のとおりである。しかし,そうは言っても伝記だからねぇ。そんなに面白く読めるのかと懐疑的だったのも事実なのだが,この本は面白い。いや無茶苦茶面白い。ここ数日でペースを上げて読んだが,途中でやめられなくなる魅力すら感じてしまった。

もちろん,そうした要素は私がiPhoneやiPodのユーザであることから,どのようにそうした製品が生み出されたのかという興味もあったことは事実であるが,それよりも何よりもこのSteve Jobsの「紙一重」的な無茶苦茶さがあまりにも強烈な個性として際立っているからではないかと思う。

はっきり言ってしまえば,Steve Jobs,嫌な奴だと言われても仕方ないだろう。彼が自分の上司だったとすれば私は「狂ってる」という一言を残し,会社を去っていたのではないかと思わされるような人物である。しかし,そんなJobsが見事なコンセプトに基づいた製品を続々と生み出していく推進力となっていたのだから,その偉業は称えるべきであることには間違いないだろう。しかもJobsはPixarを買収し,その会長職にもあったのだから,この人の嗅覚は何とも凄いものだということはよくわかってしまう。だからと言って,人間としては全く尊敬できないタイプの人間であることとのギャップがあまりにも面白過ぎるのである。

業界の有名人たちも多数登場するが,ほとんどの人間がひと癖もふた癖もあり,これまた人間的には好きになれない奴が多そうだというのがこれまた面白いが,そうでもなければ,大きな成功を収めることなど無理だということなのかもしれない。

いずれにしても,こんなキャラの人間から,あの見事なプレゼンテーションが生まれるということにはある意味信じ難いことがあるとも思えるのだが,人間の心理に対する見事な洞察力を持っていたことは間違いないんだろうなぁと感じざるをえない。

この本は,そうしたSteve Jobsの暗黒面もあぶり出しながら,アップルという企業の価値をあそこまで高められたのかという観点でも面白く読めるはずである。これは単なるビジネス書としてではなく,優れた読み物として認識されるべき本だと思う。とにかくSteve Jobs,『XXとXXは「紙一重」』を地で行っている。でも絶対上司にはしたくない(笑)。星★★★★★。今年読んだ本では突出して面白かった。

« Me'Shell Ndegéocelloの新作はJoe Henryプロデュース! | トップページ | 豪華キャストだが,静かに恐怖を盛り上げる「コンテイジョン」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 私も、今年中に是非読んでおきたい、と思っていた本です。紙一重、の話や、上司にいたら、、ひと癖も、ふた癖も、、ますます興味津々。今の日常生活の中で、なくてはならないものを生みだした貢献は絶大。
最近、マニュアル通りに動いている人を見かける機会が多いので、つまらないなぁ、と思う事が多く、奇想天外なスリルに満ちた、その過程を、楽しみながら、読めそうですね。
私、個人的には、人間的に出来た素晴らしい人は尊敬するし、一緒にいると、ホッとするのに、変わり者に手を差し伸べ、応援したくなる傾向があります。でも、上司には、絶対に嫌、嫌です。

ひまわりさん、おはようございます。

そうなんですよ。出てくる人間が、みんなどこか変です。そういう記述がないのは奥さんと義父ぐらいじゃないかって気もします。100%真に受けると誤解しかねない気もしますが。

いずれにしても、この本は学生諸君が読んで、自分もJobsのようにやっていいと思ったら最悪、一方、会社勤めの経験者が読んだら、まだ自分はましと思えてしまう、そんな本とも言えるのではないかと思います。ただ面白さは保証します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53269885

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に面白かったSteve Jobsの伝記:

« Me'Shell Ndegéocelloの新作はJoe Henryプロデュース! | トップページ | 豪華キャストだが,静かに恐怖を盛り上げる「コンテイジョン」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作