2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング再発シリーズの2枚目はこれで行こう。 »

2011年10月12日 (水)

あまりの楽勝に呆れてしまったタジキスタン戦

Havenaar これがアジア3次予選の試合かと疑いたくなるような,全くの楽勝だったタジキスタン戦である。ワールドカップ予選は何が起こるかわからないとは思いつつ,さすがにこの試合は実力差があまりに歴然としていて,全く面白くない試合であった。本来はワールドカップは国と国の名誉をかけた戦いであり,予選とてそれに違いはないはずである。だが,この試合はあまりに一方的過ぎた。

もちろん,日本代表が8点を取ったことは評価に値しよう。見ているサポーターもすっきりしただろう。しかし,タジキスタンはシリアの失格でたなぼたで出場しているんだから,もう少し真面目にやってもよかろうというものである。これほどボール支配率にも違いがある試合は滅多に見られるものではない。だからこそ,こういう相手と戦った後の試合が嫌らしいということになる。日本代表の次戦はアウェーでのタジキスタン戦であるが,その後がこれまたアウェーの北朝鮮戦であることを考えると,とにかく楽勝ムードに気が緩むのが心配である。

今の日本代表ならばそうした心配は無用かもしれないが,それにしても今回の8-0というスコアはやっぱりないよなぁ。ということで,今回はTV観戦していてもちっとも燃えなかった私である。とにかく次のアウェーで2連勝して3次予選突破をさっさと決めてしまおう。

それにしてもハーフナーのヘッドとタジキスタンのディフェンダーの高さの違いに笑ってしまった私である。さすが元々両親がオランダ出身のことだけはあるわ。

« 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング再発シリーズの2枚目はこれで行こう。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ハーフナーの今後の可能性が見えた1戦でしたね!
また行けるかわかりませんが、ブラジル大会が非常に楽しみになってきました!

takeotさん,こんばんは。確かにハーフナーはこれまでの日本代表FWにはいなかったタイプですね。それはそれでいいことなんですが,タジキスタン戦のゴールで喜んでいいものやら...って感じは残っています。

彼の真価を問うならば,来月の北朝鮮戦でしょう。でもザックならそこには李を先発させそうな気もしますが。いずれにしても,早いところ最終予選進出を決めて欲しいですね。

こんにちは!
昨日の北朝鮮戦ですが、北朝鮮の君が代の時のブーイングには呆れました!でも試合の日本が勝ってしまったら暴動になっていたかもしれませんね!

takeotさん,こんばんは。返事が遅くなりまして申し訳ありません。

あれはひどいですが,逆に言えば世界にあの国の民度の低さを実証してしまったようなものです。ファウルも悪質ですし,FIFAからも厳重注意すべきでしょうね。ザックは怪我人を出さないように先発組をはずしたような気もします。むしろ,控え組のパフォーマンスの低さには愕然としましたが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/52968210

この記事へのトラックバック一覧です: あまりの楽勝に呆れてしまったタジキスタン戦:

« 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる | トップページ | Lee Ritenourのダイレクト・カッティング再発シリーズの2枚目はこれで行こう。 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作