2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ベタな企画だが,結構楽しめるJohnny Winterの新作 | トップページ | 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる »

2011年10月10日 (月)

中年音楽狂,「断捨離」に挑むも撃沈...。

身の回りのもので余計なものを処分するという取り組みをしない限り,家の面積は有限なのだから,いつか限界が来ることは自明である。私は本は読み終わると原則として,寄付か処分してしまうから,問題はCDである。かと言ってCDは捨てられない。いや,捨てられる(売れる)ものは多々あるのだが,その踏ん切りがつかない。

そこで,まずは身の回りのいらないものの代表である洋服の整理をするのが一番いいのだが,所謂「断捨離」に取り組むべく,まずはCD周りの整理をしていたら,これが全く終わらない。かなりの時間,PCの周りにうず高く積まれたCD,及びDVDの整理をしていたのだが,全然ダメである。それだけでほぼ1日終わってしまったというのが実態では,相当厳しい。ということで,もう1日,今度は本当に衣服の整理をしないと永遠に状況は改善しないという感じである。

それでもかなりCDの整理はできたので,結構すっきりしたが,それでもラックに入りきらないCDが増え続けているという事実には何の変化もない。とにかく,もう収まりがつかないのである。やはり聞かなくなったCDはさっさと売ってしまうというのが正しい選択なのかもしれない。だが,売るなら売るで,どれを売るかと考え出すと無茶苦茶時間が掛かりそうだから困ったものである。しかも,収納スペースを増やすため,私はプラ・ケースを全部はずして捨ててしまっているので,これも問題だ。

以上のような状況や,我が住宅事情を踏まえれば,今後は媒体を買うものと,ダウンロードで済ませるものの区別をしっかり付けていくというのが正しいやり方なのだろうなぁと思いつつ,次は服の整理に挑むこととしよう。私は物持ちがよ過ぎて,かなり前に買ったTシャツとかをいまだに着ているということが問題なのである。何てたって,NYC時代に買ったTシャツをまだ着ているってのは我ながら異常だろう。その辺はもうさすがに処分だよなぁ。

« ベタな企画だが,結構楽しめるJohnny Winterの新作 | トップページ | 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さん、こんにちは。
CD・本・衣服に手をつけると、底なしにいろいろと悩みがでてきますね。僕は衣服の方が・・。体型があわなくなったという理由で10年着ていないものを、いつか体型が戻るという理由で後生大事にとっているのですが、カミさんから言わせるとあり得ない将来のために、有限なスペースをとっておくべきじゃないらしいです。。。思い入れとかが邪魔してしまうんですよね。
CDは、メジャーリーグじゃないですがメジャー・3A・2Aという塩梅に聴く頻度のランク付けをしていて、2Aで1年1度も聴かなくなったら機械的に売却、、してます。結構でてきます。後悔するのが怖いんですけど。
やっぱり、どこかで踏ん切りつけないとってことでしょうけど。ムズカシイ。

おはようございます
昨日7年ぶりに単身が終わって自宅に戻りましたが、荷物と格闘しております!CDも入るところがありません!
オーディオも溢れています(^^;
悩ましい日々が続きそうです!

とっつぁんさん,こんにちは。

CDに関しては「メジャー・3A・2Aという塩梅に聴く頻度のランク付けをしていて、2Aで1年1度も聴かなくなったら機械的に売却」というのは頷けます。

私も一応ランク付けはしているのですが,次から次へと購入して,そうしたランク付けが曖昧になってしまっているというのが実態です。そろそろそうしたCDはリッピング作業に入って,売却を考えるべきなんでしょうね。

takeotさん,こんにちは。7年に渡る単身赴任というのは結構大変だったんではないですか?単身であるがゆえにものがたまってしまうようなこともあるように思えます。

私もNYCに行った時は,日本からは段ボール3箱で行ったのが,帰りは30箱ぐらいに膨らんでいましたからねぇ。いずれにしても処分は難しいです。

こんにちは。
アルバムジャケットの件 ありがとうございました。
この連休は わたしも ちょこちょこ片付けをしていました。

CDは ものによると思うのですが 一枚 5円くらいでしか売れませんね(;_;)
DVDは 高くて100円とか…

捨てるよりは 少しでも リサイクルで どなたか欲しい方の手に渡ればいいと思うのですが…
こちらのブログで 売るというのはいかがですか?(笑)
わたし、1000円以下なら買いますょ(笑)

でも 配送とか いろいろ面倒で ますます忙しくなっちゃいますね。

片付けは やっぱり 思い切って バサッと捨てるのが一番です♪

たぶん…

マーリンさん,こんにちは。このブログ上でCDを売りに出すって,結構いいアイディアかもしれませんねぇ。ただ,価格交渉が難しいですけど。私の言い値でよければ考えちゃおうかなぁ。

しかし,CDが1枚5円って,それはブックオフ価格ではないですか?それだったら,絶対売りませんよねぇ。だいたいブックオフはアルバムの価値が分かっているとは思えませんし。

今日は洋服を無条件で処分したらすっきりしました。CDはこうは行きません(笑)。

CDの場合将来時間が経って聴く可能性が低いものは、ディ○○ ○○オンの買い取りに出すようにしています。
服については何シーズン着ずに眠っているものは、いつのまにか嫁に勝手に捨てられています。
ところで今日気が付いたのですが、妹尾美里の「ROSEBUD」がアマ○○の中古で6万近くの高値がついているのには驚きました。ストックの中からいつもより非常に大事に取り出し聴きました。
聴けなくなったLPもありますがお宝があるでしょうか?最近取り出してないのでカビているかもしれません?

baikinnmannさん,お久しぶりです。

私は以前にも書いたかもしれませんが,ここ数年来,一切CDを処分せずに過ごしてきました。これは売ってから後悔することが結構多かったからにほかならないのですが,それでもやはりもう限界に近づいているので,ポリシー変更はやむを得ないと思います。今はリッピングしておけば,いつでも聞けますしね。

服は,家人が勝手に処分することはないとしても,今日は思い切り捨てました。昔のネクタイなんて絶対もうしめませんしね。

LPについては,聞くことが少なくなって,本当にカビが問題になっています。かなりの枚数は実家に置いたままですが,それもコンディションは悪化しています。手許にあるものだけでもちゃんと維持したいと思います。

Toshiyaさん、こんにちは。

今回のお題を拝見させて頂いた後、何だかほんわか気分になりました。皆さんのコメントから、個々のご家庭の様子が垣間見れたからだと思います。

私の場合、音楽は、かなりユーテューブを参考にさせて頂くことが多いので、CD棚は問題ないのですが、楽譜棚が、やはりとんでもないことになっています(笑)。コピー楽譜も半端ではない上、既に持っている楽譜も、注文した記憶もない、などで、同じ楽譜が、2,3ある有様です(苦笑)。

洋服処理は、皆さんマチマチでしたね~。Tシャツと言えば、先日、20年間着たTシャツを、一枚処理しました。解れるでもなく、穴があく分けでもなかったのですが、光に照らすと、やはりかなり透けていました(苦笑)。

Laieさん、おはようございます。皆さん、いろいろなやり方があるなぁと感じさせられましたが、日本の住宅事情を踏まえれば、やはら何かはしなくてはならないってことでしょう。

Laieさんの楽譜は私のCDに相当するかなって気がしました。私もダブり買いはたまにやっちゃいますからね(苦笑)。いずれにしても年末に向けて第二弾が必要なのは確実です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中年音楽狂,「断捨離」に挑むも撃沈...。:

« ベタな企画だが,結構楽しめるJohnny Winterの新作 | トップページ | 「断捨離」がはかどらず,ハードロックに走り,さらにどつぼにはまる »

Amazon検索

2018年おすすめ作