最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Opus 5について書こうと思ったけど... | トップページ | またしても… »

2011年10月25日 (火)

ジャズ・ファン注目のOpus 5が出た!

Opus_5 "Introducing Opus 5" Opus 5(Criss Cross)

このアルバムのメンツを見れば,膝を乗り出すジャズ・ファンが多いのではないかと思う。何てたって,フロントがSeamusにSipiaginである。期待するなってのが無理だろう。このブログでも取り上げたDavid Kikoskiの"The 5"(記事はこちら)のドラムスをJeff 'Tain' WattsからDonald Edwardsに代えればこのバンドとなるから,人脈的には今回のアルバムが契機となったというわけではなさそうで,通常から付き合いのあるメンツと言ってもよさそうだ。

冒頭からKikoskiのRhodes聞こえてきておぉっ!となるが,そこにKozlovの野太いベースがかぶってくるのはなかなかいい感じである。テーマ部分のフロントの対位法的な絡みは今イチ面白みに欠け,これってどうなのよと思わせるが,その後のソロ(特にKikoski)が素晴らしく,不安を帳消しにする。

演奏としては,まぁこのメンツらしいものと言ってもよいと思うのだが,私がこのアルバムを聞いていて思うのは,もう少しハード・ドライビングな展開(あるいはテンポが速めの曲)があってもよかったということである。特にSeamusにはもっとアグレッシブにやってくれって気がしないでもない。そもそも2曲目の"Tallysman"のような曲にSeamusのソロがないってどういうこと?と言いたくなる。もちろん,Toninho Horta作の"Ton to Tom"におけるSeamusのコクのあるフレージングは,それはそれで優れていると思うが,彼にはもう少しブリブリ吹いて欲しいなぁって気がしてしまうのだ。リスナーなんてわがままなものだとは思うが...。いずれにしても,私としては本作はSeamusのプレイぶりよりも,SipaiginとKikoskiの方がよく聞こえてしまうのだ。

もちろん,水準は上回った作品だとは思いながら,このメンツならではのもう少し痺れるような感覚を生み出せなかったものか。それが少し残念。フロントの2人のオリジナルが入っていれば,多少感覚は違ったかもしれないが,やはりもう一歩弾けて欲しいと思うのは私だけではないだろう。星★★★☆。

Recorded on  January 27, 2011

Personnel: Seamus Blake(ts), Alex Sipiagin(tp, fl-h), David Kikoski(p, rhodes), Boris Kozlov(b), Donald Edwards(ds)

« Opus 5について書こうと思ったけど... | トップページ | またしても… »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

個人的には、アレックス・シピアギンのCriss Cross最新作的なサウンドを、メンバー構成からして想像していました。意外にも分かりやすいサウンドだったので、これはこれでいいか、とも思いましたけど、ちょっと物足りないかな、という印象も残りました。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

これはこれでいいんですけど,私の場合,Sipiaginの"Destinations Unknown"のような展開を期待してしまっていたので...ってところでしょうか。悪くはないけど,絶賛とまではいきませんでした。

正直なところ、ユニット名をつけたところでちょっと嫌な予感がしたのは事実ですが、おっしゃるとおり
>水準は上回った作品だとは思いながら,このメンツならではの
>もう少し痺れるような感覚を生み出せなかったものか。
という語に尽きるところであります。まったくもって、ちょっと残念な部分ありました。

が、Alex Sipiagin、David Kikoski(個人的には、後者だけで充分でしたが)の演奏の凄さは、聴くに値するものがあると思います..

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さん,TBありがとうございます。

このアルバム,悪くはないんですけど,Seamusならもっと暴れられただろうという気持ちになってしまうんですよね。ちょっと残念に思っているリスナーが多いのではないかと思いますが,それは裏を返せば,Seamusへの期待値が高いってことですよね。本人もわかってるんでしょうけど...。

TBありがとうございます。私も"Destinations Unknown"を期待してアレっと思いましたが、聴き直してみるとKikoskiの見せ場が多いとか別の聴きどころはありますね。私からもTBさせて下さい。

1irvingplaceさん,こんばんは。TBありがとうございます。

このメンツだけによりハード・ドライヴィングな演奏を期待するのが人情ですが,記事にも書いた通り,水準は維持しているだけに,それが惜しいってところでしょうね。ちょっともったいないです。

こんにちは。
トラバしっぱなしで、すみません。

>リスナーなんてわがままなものだとは思うが

やっぱ、わがままでいいと思うんだけどね。。
これって、普通はメンバーみたらシェーマスにブリブリを期待するのが正しいですから。
だから、買わなかったんだけど。。(笑)
どうも、様子が怪しいので買ってみたら、、わたしには大変よかったです。

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございました。

リスナーがわがままなのか,リスナーの求めるものと,ミュージシャンのやりたいものが異なるのか,それはよくわかりませんよねぇ。それにしても「様子が怪しいので買ってみた」というのがすずっくさんらしいですねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53057975

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ファン注目のOpus 5が出た!:

» Introducing Opus 5/Opus 5 [ジャズCDの個人ページBlog]
Criss Crossレーベル新譜聴き1日目。今回は3枚出ましたけど、このアルバ [続きを読む]

» Opus 5 Opus 5 [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
CrissCrossレーベルの9月の新譜です。今回は3枚リリースされていますが、この盤とJohn Escreet盤(http://www.hmv.co.jp/product/detail/4162808)の2枚だけを購入しています。 本作は純粋にメンツ買いです。このメンツ(というかフロントの2人)をみて買わないわけにはいきません。 ユニット名を冠していますが、フロント2名の双頭リーダー作とするのに、名前を付けただけでレギュラー的に活動をするようには、何となく感じられません。なんとなくだけ..... [続きを読む]

» Introducing Opus 5 / Opus 5 [あ/た/ま]
Opus 5クリエーター情報なしCriss Cross  リーダー作品がいずれも気に入ったAlex Sipiagin を目当てに”Opus 5”名義でリリースされた本作を聴いてみた。メンバーもSipiagin 作品と被っているし、同傾向の展開かと思いきや結構雰囲気が違う。ホーン同士の緊張感漲る熱い掛...... [続きを読む]

» Introducing Opus 5 / Opus 5 [My Secret Room]
もちろん、サーシャさま買い♪ 春になって、心もからだも暖まってきました。 トラン [続きを読む]

« Opus 5について書こうと思ったけど... | トップページ | またしても… »

Amazon検索

2017年おすすめ作