最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ここまでいくと痛快な「ワイルド・スピード Mega Max」 | トップページ | Steve Reichの新作はかなり重い »

2011年10月 3日 (月)

予想をはるかに上回る出来のBrad Mehldauの新譜

Mehldauhayeszimmerlimodernmusic "Modern Musuc" Brad Mehldau / Kevin Hays / Patrick Zimmerli(Nonesuch)

Brad Mehldauの新譜がリリースされた。今回はKavin Haysとのピアノ・デュオというのも話題だが,彼らのオリジナルのほかにReichやOrnette Coleman,更にはPhillip Glassまでやりながら,一番多いのがPatrick Zimmerliのオリジナル4曲+彼のアレンジというのが目を惹く。このZimmerliという人については今回が初めてだが,Brad Mehldauの高校の先輩らしく,作編曲だけでなく,Emergenceという弦楽クァルテット入りのバンドではソプラノ・サックスも吹いているとのことである。しかし,Webサイトにも"Composer"と書いてあるから,本業はあくまでも作曲家ということのようである。

Brad MehldauとKevin Haysも旧知の間柄らしいのだが,キャリア的にも似ているところもあり,お互いに同質性を認めている。そんな二人がピアノ2台で共演するということで,一体どんな音楽になるのか期待してしまう。我々の年代で言えば,ピアノ・デュオと言えば,Herbie HancockとChick Coreaのコンビを思い出すわけだが,ここでの演奏はかなり毛色が違っているというか,ジャズ的な色彩はかなり薄い。しかし,ここで表出されるピアニズム,あるいはサウンドの美的な感覚はHerbie~Chickを上回っていると言ってもいいだろう。

そして,何よりも素晴らしいのがピアノ2台による響きである。Reichの「18人の音楽家のための音楽」を見事にアダプテーションして,何とも言えないアンビエントな雰囲気を生み出したり,ピアノが絡み合うようなラインを示したりと,このコンビネーション,何とも美しい。もちろん,これをジャズの範疇で捉えることには躊躇がないわけではなく,ほとんどが「書かれた」音楽であるようにも思える。ライナーによれば,左手は書かれていて,そこに右手のアドリブを乗せるというような試みはあるが,タイトルが物語る通り,「現代音楽的」な響きが強いと言ってもよいかもしれない。しかし,出てくる響きは本当に美的な感覚に溢れていて,ジャンル分けなんてまるで無駄だと言いたくなるような音楽である。

こうした音楽はジャズにこだわりが強いリスナーにとっては「何のこっちゃ」にしかならないはずだが,ここはここに満ちた美しい響きに身を委ねるべきだろう。私はこの音楽を完全に支持するということで,星★★★★★である。やはり私はBrad Mehldauに甘いのかもしれないが,これは予断を持たずに聞けば,その響きにやられること必定の楽興に溢れていると言い切ってしまおう。

ピアノ音楽好き,ミニマル音楽好きならば,抵抗なく受け入れられるはずである。素晴らしき47分43秒。

Recorded on October 13 & 14, 2010

Personnel: Brad Mehldau(p), Kevin Hays(p), Patrick Zimmerli(composer, arr)

« ここまでいくと痛快な「ワイルド・スピード Mega Max」 | トップページ | Steve Reichの新作はかなり重い »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。始めは「やっぱりこっち系かぁ」と思って聴いていましたが、すぐに馴染めたあたりがいつものmehldauとは違いました。その辺は3人の音楽ということなのかはわかりませんが、いろんなバランスが綺麗に取れている感じが好印象です。トラバさせて頂きます。

TBありがとうございます。Brad Mehldau は、新しい切り口を見せてくれつつも「らしさ」を感じさせてくれる塩梅が毎回絶妙ですね。アングルを変えても輝く個性があるということでしょうか。新譜を聴くのが毎回楽しみなアーティストです。という訳でTBさせて頂きます。

ki-maさん,おはようございます。TB入っていないようですので,リトライをお願いできますか?

音楽としてはおっしゃるとおりです。非常にレベルは高いんだけれども,聞き易いという印象でしょうか。いいですよね,このアルバム。

1irvingplaceさん、おはようございます。どんなフォーマットでも優れた音楽を聞かせてくれると、ファンでよかったとつくづく思います。

段々ジャズ・ミュージシャンからポジションが乖離してきているように思わせるのもこの人らしいなって思います。それにしてもこれは好きだなぁ。

 おはようございます。いいっすね、この作品は、しみじみと感傷に浸れます。こういう音楽は、色んな思い出を走馬燈のように頭の中を巡らせてくれて、時間を忘れますね。ジャンルは関係なく、とにかく美しい音楽を追い求めている結果でしょうか、ロンリー・ウーマンをミニマルミュージック風にアレンジしているところがなんとも素敵です。トラバさせてくださいね。

kumacさん,こんにちは。TBありがとうございます。

おっしゃる通り,この音楽にはジャンル分けは不要でしょう。"Lonely Woman"はもともとが美しい曲だとは思いますが,この二人がやるとますます...って感じでした。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

中年音楽狂閣下、お久しぶりです。マドリード生活を終え、2月末に横浜に戻ってきました。
このアルバムは美しい緊張感がありますね。Brad、このところ冴えていますね。

カビゴンさん,こんばんは。本当にお久しぶりです。カビゴンさんの欧州ライブ観戦の情報を羨んでいた私です。横浜ということで,私とは結構近いですね。

このアルバムは,ジャズとして捉えれば聞き手は限られるでしょうが,優れたピアノ音楽としてより多くの人に聞いて欲しい傑作だと思います。Brad Mehldau恐るべし。

いずれにしても,今後ともよろしくお願い致します。

Toshiya さん
ご無沙汰してます。aikです。
私のもとにも本作品が届きました。
二人のピアニストが奏でる調和の取れた美しい音。
何回もリピートしてしまいます。
Zimmerli某が、catalyst となってこの音世界を紡いでいるように感じます。
8月に本ブログで発売を知り首を長くした甲斐がありました。

PS
Joe Henry の新作も発売のようですね。此方も楽しみです。

aikさん,こんばんは。お久しぶりです。

私もこのアルバムには期待はしながら,不安もあるという感じだったんですが,それが全くの杞憂に過ぎなかったことは誠に喜ばしい限りです。彼らの実力と相乗効果に嬉しくなってしまった一枚でした。

Brad Mehldauは一体どこまで行ってしまうんでしょうねぇ(笑)。

音楽狂さん、こんにちは,新しいメルドーですね。
いつも刺激的な楽しさを与えてくれますね。
今回はちょっと芸術的ななか、JAZZマンの個性がきちんとでていましたね。
TBさせていただきます。

monakaさん,こんばんは。TBありがとうございます。

今回のアルバムは本当によかったです。やっている音楽は本質的なジャズからはどんどん離れているように感じさせることはありますが,Brad Mehldauはそれでもジャズの心は失わない人だと確信しています。

先にトラックバックすみません。
逆トラバもありがとうございました。

これは、かっこよかったですわ。
現代音楽、って、感じで、ジャズからは離れてますが。
でも、元々、メルドーの中にはこういう要素があって、その辺が私的には時々不気味だったりしてるんですけど。(笑)

日常的にかけたくなるものかどうか疑問は残りますが、このアルバムの一連の流れは頭にしっかり残ってしまいました。
でも、パットメセニーのPMGのアルバム願うような感じで、、そろそろ、トリオでジャズど真ん中をお願いします!って、モンでしょうか。。

ありがとうございました。

すずっくさん,こんばんは。TBありがとうございます。

この音楽を聞いて「かっこいい」と言えるすずっくさんって凄いなぁなんて思いますが,私にとってはかなりツボでした。

確かにおっしゃる通り,そろそろBrad Mehldauにはトリオでのアルバムを期待したいところですが,次はさすがにトリオに戻るのではないかと思いますが...。まぁ,期待して待ちましょう。

今回は現代音楽家らのピアノデュオ用の編曲が2曲あるということで、記譜されている割合がかなり高そうですね。それを難なくやってしまうメルドーとケヴィン・ヘイズもなかなかやりますなあ、と率直に思いました。

もともとこっち方面のサウンドが好きなので、事前も楽しみだったし、聴いて楽しめたなあ、と思いますが、1曲目は意外にもジャズのフィーリングが見え隠れしていたような気がしたのは私だけでしょうか。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。返信が遅くなりまして申し訳ありません。

批判を恐れずに言えば,このアルバムに対する評価の仕方によって,リスナーの審美眼が問われる部分ってあるんじゃないかなぁと思います。

これは私にとっては絶対「あり」の音楽でしたし,想定を上回る美しさに感心したというのが実感です。ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

中年音楽狂様のブログを拝見して、新譜購入意欲を復活させつつあります。最近の購入比率はクラシック2:ジャズ1ですが、随分ジャズにも戻ってきました。このアルバムは良い意味でジャンル不詳で、Contenporary musicとしか云えませんね。アイヒャーのドキュメンターを流したり、コレ聴いたりしているときの浮遊感はなんとも云えません。

kenさん,こんばんは。TBありがとうございます。

新譜買いも大変ですが,私は最近はロックの中古は極力買うのをやめて,ダウンロードに移行中です。ちなみに昨日はGrand Funk Railroadをダウンロードしてしまいました(爆)。

しかし,Eicherのドキュメントですか。あのコンピレーションも気持ちいいですよねぇ。まだ記事にしてませんが。Blu-rayも買ってあるんですが,全然見る暇なしです。

たしかに、ピアノ好きには応えられないアルバムなのかもしれません。
かく言う私も
>ピアノはこう録って欲しいって(個人的に)感じているような音で
>録音されていてピアノの音を聴いているだけでも、・・・
なんてコメントを入れているくらいです。

で、この作品で表現の幅がかなり広がったんじゃないかと推察しておりまして、次作を期待したいなぁという心境になっています。
そしてその次作はやっぱりピアノトリオを期待したいところであるというのは。。。(笑)

TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

oza。さん,こんばんは。TBありがとうございます。

本作はピアノのソノリティも素晴らしいですが,Mehldau~Haysの呼吸もぴったりっていう感じです。さすがにシンパシーを感じ合っているだけのことはありかななんて思います。

Mehldauの次作は私はJoshua Redmanとのデュオ・アルバムではないかと踏んでおりますが,結果やいかに。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/52880620

この記事へのトラックバック一覧です: 予想をはるかに上回る出来のBrad Mehldauの新譜:

» Modern Music / Brad Mehldau Kevin Hays [あ/た/ま]
Modern Musicクリエーター情報なしNonesuch  このところリリースの都度、様々なフォーマットにトライしている Brad Mehdau、今回は全編ピアノデュオの作品をリリースして来た。プロデューサーのPatrick Zimmerli の楽曲による影響か、全体の雰囲気はクラシカルな印象が...... [続きを読む]

» Brad Mehldau・Kevin Hays・Patrick Zimmerli/Modern Music [音楽という食物]
2台のピアノによるひとつの音楽。その辺りを楽しめないといけない作品だと思います。 寄り沿ったりちょっとだけずれたり散ったり、非常に繊細なドットが音でしか描けない絵を映し出してくれる。具体的な何かというよりはグラフィック的な面白さ。 かと思えばスローな...... [続きを読む]

» Brad Mehldau Kevin hays『Medern Music』 [kumacs Jazz]
 2010年9月13-14日の録音です。ジャズのピアニスト、ブラッド・メルドーとケビン・ヘイズのピアノデュオ作品となります。それに作曲者兼編曲者の Patrick Zimmerli が作曲とアレンジで加わっています。ブラッド・メルドーはわかりますが、ケビン・ヘイズは初耳のミュー... [続きを読む]

» 2通りのピアノ MODERN MUSIC / BRAD MEHLDAU,KEVIN HAYS [JAZZ最中]
最新のメルドーが聴くことができたことが何よりうれしい。 2台のピアノがホールで聞くような音でクラシカルに始まるメルドーとケビン・ヘイズ二人によるピアノ演奏集。 メルドーとヘイズが1曲づつにO・コールマンのロンリー・ウーマンそれ以外にプリデューサーもつと...... [続きを読む]

» Modern Musuc / Brad Mehldau  Kevin Hays  [My Secret Room]
多くの人が求めるものと反対方向の殺伐としたイメージのこのジャケット。彼ら三人が何 [続きを読む]

» Modern Music/Brad Mehldau/Kevin Hayes/Patrick Zimmerli [ジャズCDの個人ページBlog]
ブラッド・メルドーの新作が出ましたが、どちらかというとメインは作曲・アレンジのP [続きを読む]

» Brad mehldau, Kevin Hays, Patrick Zimmerli :Modern Music (2011):20世紀に背を向ける孤独感 [Kanazawa Jazz days]
このアルバムはとても美しい。ジャズともクラシックとも言い難い、Contemporary musicとしか表現できない音楽が投げ出されている。 [続きを読む]

» Brad Mehldau / Kevin Hays / Patrick Zimmerli Modern Music [JAZZとAUDIOが出会うと。。。]
昨今のBrad Mehldau作品ではありがちというか、このアルバムも実験的というか、新しい試みを試しているというか。。 Brad Mehldauは、過去に Highway Rider (http://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/59390974.html) Largo でJon Brionというプロデューサの元でアルバムを作っているので、そういう嗜好があるんでしょう。 今回は、Patrick Zimmerliというプロデューサを起用しKevin Haysを引き入れ..... [続きを読む]

« ここまでいくと痛快な「ワイルド・スピード Mega Max」 | トップページ | Steve Reichの新作はかなり重い »

Amazon検索

2017年おすすめ作