最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« さぼり癖はいかん!ということで,今日は"X2"である。 | トップページ | Opus 5について書こうと思ったけど... »

2011年10月23日 (日)

無茶苦茶懐かしくて思わず買ってしまったAngela Bofill

Angie "Angie" Angela Bofill (Arista/GRP→Buddha)

いやいや懐かしいアルバムである。まだGRPレーベルがアリスタ傘下にあった頃発売されたもので,私はその頃,このLPを持っていた。なんで私がかというと,あくまでもその頃からDave Grusin買いだったのである。当時から,この人のヴォーカリストとしての資質には疑問を感じていて,音程が悪いと思っていたから,結構手放すのも早かったはずだと記憶している。しかもこのジャケだしねぇ。

しかし,GRP10周年コンピレーション(それが出たのももう20年近く前だ!信じられん...。それに関する記事はこちら)にもこのアルバムから"Under the Moon and Over the Sky"が収録されていて,そこでも何とも言えない懐かしさを感じていた私であり,いつかはまた聞いてみようかなぁと思っていた。今回,中古盤屋で見つけたので思わず買ってしまったが,こういうのを無駄遣いと言われても反論は不能だが,まぁいいやってことで(何がや!?)

このアルバムをほぼ30年ぶりぐらいに聞いたことになると思うが,やはり音程の悪さは今でも感じるし,歌手としてはどうなんだろうと思わされる部分も多々ある。はっきり言ってしまえば,私の趣味では決してない。しかし,結局,当時もそうだったのだが,私はバックの面々の演奏を聞くためにこのアルバムを買っているようなところがあるわけで,そっちの方はどうか。一聴して思ったのが,渡辺貞夫の"Morning Island"のサウンドと結構かぶっているなぁって感覚である。Dave Grusinというアレンジャーが同じなのだから,サウンドが似ても当然だが,使われているミュージシャンもかなりかぶっているからそれも当たり前ってところか。それにしても,誰がどう聞いてもGrusinのストリングス・アレンジが飛び出して笑みを誘う。

その中で,"Rough Times"が懐かしのディスコ・ミュージックみたいで完全に浮いているが,それもご愛嬌ということにしておこう。1978年という時代感がプンプン臭うアルバムである。いやいや,それにしても懐かしかった。"Share Your Love"がこのアルバムでは一番好きだが,そこに出てくるGeorge Youngのアルト・サックス・ソロのフレーズを覚えていたのは私も驚きであった。高校生の頃は大してアルバムも買えなかったから,こんなアルバムでも一生懸命聞いていたことの証だろう。それはさておき,アルバムとしての出来としては星★★★が精一杯ってところだが,私のノスタルジーを刺激したことは間違いない。たまにはこういうのも必要ってことで...。

Personnel: Angela Bofill(vo), Dave Grusin(p, key, perc, arr), Eric Gale(g), Richie Resnicoff(g), Francisco Centeno(b), Buddy Williams(ds), Steve Gadd(ds), Ralph MacDonald(perc), Roger Squitero(perc), Dave Valentine(fl), George Young(as), Gwen Guthrie(vo), Patti Austin(vo), Vivian Cherry(vo), Members of the Dance Theater of Harlem Choral Ensemble(vo), and Horns & Strings

« さぼり癖はいかん!ということで,今日は"X2"である。 | トップページ | Opus 5について書こうと思ったけど... »

ジャズ(2011年の記事)」カテゴリの記事

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53057438

この記事へのトラックバック一覧です: 無茶苦茶懐かしくて思わず買ってしまったAngela Bofill:

« さぼり癖はいかん!ということで,今日は"X2"である。 | トップページ | Opus 5について書こうと思ったけど... »

Amazon検索

2017年おすすめ作