最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« またまたX-MENである。 | トップページ | なるほど,なかなかよくできている「猿の惑星:創世記」 »

2011年10月31日 (月)

"Angel Clare":やっぱりこれは名盤である

Angel_clare_2

"Angel Clare" Art Garfunkel(Columbia)

私はArt Garfunkelのソロ・アルバムが結構好きなのだが,どれが一番好きかと言えばやはりこのアルバムか"Scissors Cut"の国内盤仕様ということになってしまう。本作の「天使の歌声」というタイトルはまさに言い得て妙としか言えないが,久しぶりにこのアルバムを聞いても,やはりGarfunkelの歌唱が何とも素晴らしい。

彼の歌声はS&Gでももちろんいいのはわかっているが,Paul Simonのオリジナルから離れた時がこれまたいいのである。特にJimmy Webbの曲との相性は最高と言ってもよいが,このアルバムにおける白眉は冒頭の"Traveling Boy"だと言い切ってしまいたい。Paul WilliamsとRoger Nicholsというソングライター・チームの曲だから,曲そのものもいいってことはあろうが,これこそGarfunkelのために書かれたような曲だと言いたい。そして曲のよさを活かす歌手としての矜持に溢れたとでも言いたくなるような,まさに心洗われるような名唱である。後のベスト・アルバム"The Art Garfunkel Album"ではイントロをカットして収録するという野暮なことをやったが,この曲はちゃんとイントロからエンディングまできっちり聞く価値があると強く言っておきたい。

そして,第二のハイライトはJimmy Webb作の"All I Know"であろう。LPのB面1曲目であったこの曲は全米トップ10入りもしているが,これなら当然だと思わせるような佳曲,名唱である。

アルバム全体を通して聞くと,"Feuilles-Oh/Do Space Men Pass Dead Souls On Their Way To The Moon?"のように,ちょいとやり過ぎではないかと思わせるような部分もないわけではないのだが,それでもやはりこれは1973年を代表するポップ・アルバムの1枚と言っていいのではないかと思う。星★★★★☆。

ゲストも多数で,メンツを書き切れないのだが,"Traveling Boy"でギター・ソロを弾いているのがJ.J. Caleだという説があるものの,私にはこれは絶対J.J.には聞こえないけどなぁ。ピアノは間違いなく,Larry Knechtelだが。私の耳が悪いのかなぁ...(笑)。

« またまたX-MENである。 | トップページ | なるほど,なかなかよくできている「猿の惑星:創世記」 »

ポップス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ア-ト・ガ-ファンクルのソロがあるとは 知りませんでした。

サイモン&ガ-ファンクル 優しい歌声ですよね。

でも どっちがどっちかわからない わたしです…
声が二人とも似ていますよね。

よくラジオから流れていた懐かしいミュ-ジシャンです。

おぉ。。。。
我が家にもあるんですが、、

久しぶりに、クリスマスをかけようかなぁ。。
シーズンだし。

マーリンさん,こんばんは。そうなんですかぁ。Artって結構アルバム吹き込んでますよ。是非"Scissors Cut"も聞いて下さいね。国内盤仕様は膝を抱えます(爆)。米国盤仕様はそこまではいきません。詳しくは下記のURLの記事をご覧下さい。
http://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2009/04/post-0711.html

すずっくさん,こんばんは。このアルバムは確かにクリスマスにもOKですよねぇ。さすがクリスマス・アルバム・コレクターだけにいいことおっしゃいますわ。

Garfunkelのソロはいいですねえ。このアルバムだとTravelling Boyは秀逸です。特にイントロはね。GuitarはJJではなかったような。
私の一番の好みのアルバムとなると二作目の「Breakaway」でしょうか。JobimのAgua de Marcoや、スタンダードのI only have an eye for you、名曲揃いと思います。

カビゴンさん,おはようございます。

"Breakaway"が好きな人は多いですよね。私の高校時代の同級生も"Breakaway"最高と連呼していました(笑)。

"Traveling Boy"のギター・ソロがJ.J.と書いてあるのはWikipediaなんですが,これは誰がどう聞いてもJ.J.ではないですよね。だからと言って,クレジットにも詳しく書いているわけではないので,J.J.がどこで弾いているかなんて全然わかっていませんが(爆)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/53122790

この記事へのトラックバック一覧です: "Angel Clare":やっぱりこれは名盤である:

« またまたX-MENである。 | トップページ | なるほど,なかなかよくできている「猿の惑星:創世記」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作